THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブログ 映画レビュー・俳優に関することやインターネットや暮らしに役立つことを発信

明るいと面白いは全然違うし比例しない

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

明るいと面白いは全然違うし比例しない

こんばんは、M&Oです。

今回は明るい人と面白い人の違いについて書いていきたいと思います。

 

この2つって混同されることが本当に多いと思うのですが、僕としてはまったく違うものだと感じていますし、全然比例しないものだと思っていますし、そして何より当の本人が一番勘違いをしていることがとっても多い気がします。

学校生活や職場などでそういった人がいたという経験はありませんでしたでしょうか?僕は正直各場所でそういう人がいたように感じています。そしてそういう人って自分で自分のことを面白いと思っている人が多くて、さらに普段から口数も多くボリュームもでかいものだから自然と中心になっているような事が多く、周囲の人間がその人の言ったことに対して愛想笑いをする感じになってしまったりしてより本人を勘違いさせてしまうのです。これはその人のその後の人生を考えても非常に良くないなと思います。ただそういう人と親密になったり関係が続いていく事はまずないので関係ないといえば関係ないのですが・・・。

唯一関係があるとしたら、こういう人たちが面白い人と勘違いされる事ぐらいです。それの何が関係しているのかと思われそうですが、あまり良く思わないといく少し不快に感じるので関係しているんです!

今となっては団体行動をしいられる事がほとんどないので、そんな事を感じることもほとんどなくなりましたが、昔はかなりあったように思います。思い返せば子供の頃から間違いなくありましたし、大人になってからも結構頻繁に感じていたように思います。

他の子で面白いなぁこの人と思っている人がいてもなかなか評価されないというのは悲しいものです。個人的な好みの問題もあると思いますが、僕は物静かな人がボソッと言うことに面白さを感じたりするというか、視点が変わってるなぁ〜って思う感じの人の面白さが好きなので、周囲から一風変わっているなぁと思われているような人に面白さを感じてしまう事がこれまで多かった気がします。

ワイワイと騒いだりしていたり基本声がでかい人とかにはあんまり面白さを感じないんですよね〜、実際にそういう人って意外とめちゃくちゃ普通のことしか言っていなかったりするんですよね。とんちの利いた事は全然言ってない事が多くて、声がでかかったり自分で笑ったりして面白さを演出しているだけの時が多いのです。決して面白くはないのです。別にユーモアがあるというわけではないのです。これって本当によく勘違いされる事だと思うんです。いや、いいんですけど・・・いや!よくない!って感じなのです。

あ、わかりやすくいうと盛り上げるのが上手い人と面白い人は違うということなんです。

f:id:myprivatecomedy:20190823202758p:image

面白さには個人差がものすごくある

何を面白いと思うかはその人によって全然違いますよね。学生の時とか自分の大好きなお笑いのDVDを友達に見せても、こっちは転がるほど笑っているのに向こうはクスリともしないなんて事も、もちろん多くはないけれど経験してきました。そういう時って不思議な事になんだか自分が滑ったみたいな感覚になるんですよね。恥ずかしい気持ちが湧いてくるので不思議です。さらに何故だかちょっと悔しかったりもするのです。たぶん『なんでわかってくれないんだ!』から来ているのだとは思いますが、今となってはこういう感情はまず起こらないだろうなと思います。今だったら『あ、この人はこういう笑いがわからないんだな。自分とは笑いのツボが違うんだろうな。それは個人の自由だし仕方ない!』と、今だったらそう思って終了です。しっかりと子供の時になりたくないと思っていた退屈な大人になってしまったなぁと感じずにはいられませんが、まぁでも実際個人の自由ですから全然構わない事ですし噛み付く方がちょっと異常かなと思います(笑)なので笑いの種類というか好みに関しては、人それぞれでもちろん全然いいのです!ただ、やはり明るいのと面白いのは違うぞというのは言いたいのです。

すごくいい例えを思いついたのですが、電車の中で大声で我が物顔で喋っている人ってだいたいつまらなくないですか?だいたいというか9割つまらないのではないでしょうか。不思議とそういうものなんです。あまりに思い込みが過ぎますかね(笑)『うるさいなぁ』なんて感情が入ってしまっている状態で聞くことになるから、どんなことを言っても面白く感じないのかしら。あれ?もしかして今回のテーマの結論ってそういうことなのかしら。声のでかい人とかうるさい人がつまらないのって先に『うるさいなぁ』という感情が入ってしまっていて、そのせいで面白く聞こえないということのでしょうか。違う環境で聞いたら面白い話に聞こえるのだろうか・・・。いや、これはちょっとポジティブに捉えすぎな気がします。さすだにそれはないですね。もう少しで目から鱗、水を得た魚のようになるところでしたが、この意見はうるさい人には当てはまらないです。危ない危ない。。。だってうるさい人って贔屓目に見てもやっぱりつまらないですもん。すべらない話観て勉強するべきですよ、本当に。

                              M&O