THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。文字でエンタメを発信中

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』あらすじキャスト評価

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ムーンライトジェリーフィッシュ』です。

藤原竜也が主演を果たしたこの映画、公開当時にもそこまで話題になっていた記憶はないのですが、藤原竜也ファンとしてはもちろん観ている映画です。今の藤原竜也ブランドといわれる演技がそこまで見られる映画ではないのですが、繊細に大切に演じている姿を見られる作品です。

それでは映画紹介です。

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』は2004年に公開された日本映画です。

上映時間は113分。

監督は鶴見昴介監督

出演は

寺沢セイジ・・・藤原竜也

南谷佳子・・・岡本綾

寺沢ミチオ・・・木村了

三木忠・・・袴田吉彦

王・・・虎牙光揮

高田美津子・・・水島かおり

寺沢由紀子・・・酒井法子

柿崎健一・・・小沢仁志

杉浦警部・・・石橋蓮司

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190819135915j:image

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』あらすじ

歌舞伎町の裏社会で生きる寺沢セイジ(藤原竜也)は弟の寺沢ミチオ(木村了)と2人で暮らしています。ミチオは太陽の光を浴びることができない病気を患っていて、外出時は特殊な防護服を着なければいけない身体で、加えて知的障害も持っている少年でした。2人は両親を亡くしていてセイジはミチオの面倒を見ながらこれまで生活しています。

ある日、セイジはバーで絡まれていた女性・南谷佳子(岡本綾)を助けます。セイジにとっては何気ない行動で特に他意はありませんでしたが、助けられた佳子はセイジに惹かれていきます。

セイジは定期的にミチオを大学病院に連れて行き検査を受けさせていました。ある日大学病院にミチオを連れて行くと、偶然にもミチオを担当することとなったのは新任の看護師・佳子でした。

ミチオが検査とリハビリを行なっている最中にセイジは指示を受けている裏社会の仕事に向かいました。セイジの上司である三木忠(袴田吉彦)が失敗した仕事を遂行するために現場に赴いたセイジは見事に任務を遂行します。

セイジの周りではさらに事件が起こり、セイジは中国人との揉め事に巻き込まれていきます。三木と共に行動するセイジでしたが及び腰の三木に対して肝の座っているセイジは指示された内容よりもより完璧に仕事をこなしていきます。

しかしセイジを快く思っていない王(虎牙光揮)が組織を裏切り、仲間を引き連れて行動を起こします。

その火花は大きくなり、弟のミチオまでが巻き込まれる騒動となります。佳子との出会いで裏社会から足を洗おうと考えるセイジでしたが、後戻りできない事態に巻き込まれていく・・・。

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』感想・評価

藤原竜也さんの熱い感じのお芝居はこの映画ではかなり封印されています。感情の起伏はもちろんありますが静の表現に徹しているという印象です。ただこの時はまだ今のような藤原竜也ではないと書かれている意見もありましたが、藤原竜也さんは初舞台の『身毒丸』で全身全霊で演じる芝居をされていますので、この映画ではそんな感じではないというだけです。映像と舞台の演じ方で少し悩まれていた時期なのかもしれません。補足すると藤原竜也さんは抑えた演技ももちろんできますが、求められているから熱い演技をすることが多いだけです。手を抜くことができないということもありますが。どんな事情にしろこの映画では抑えた感じの藤原竜也さんを観ることができます。しかし、正直藤原竜也さんのビジュアルが役柄と合っていないかなぁ〜という感じは否めないです。綺麗過ぎるといいますか。映画『カメレオン』の時ぐらいにしていたら少しは違ったかもしれません。ビジュアル面での説得力は正直薄いかなと思います。僕も含めて藤原竜也さんのファンにとっては全然問題にならない部分ではありますが。

そして難病と知的障害を抱えた難しい役どころに挑んだ木村了さんですが、この時はキャリアも全然の時で仕方ないことだとは思いますが、実力不足は否めない印象です。誰が演じてもこういう感じだろうなという枠の中で演じているという感じでした。ただその後いろんな役柄をこなす魅力的な俳優になられていますから、この時は経験値などが不足していただけなのでしょう。正直公開当時は『ホリプロはこの子を売り出したんだろうなぁ』という印象でした。藤原竜也さんと早いうちに共演していい影響を受けたのではないかなぁと思います。

そして袴田吉彦さんが良いんです。普通に演技をしている袴田吉彦さん個人的に好きなんですよね。今はいろいろあってキャラクターもかなり路線変更されていますが、それも含めて俳優として普通に好きです。

小沢仁志さんは怖すぎとしか言いようがないです(笑)石橋蓮司さんもいい味を出していて三池崇史監督の作品でこういう役よくやっていたなぁとしみじみ思ってしまいました。

藤原竜也さんファンの方には絶対観て欲しい作品です。新たにファンになった人はそれなりに昔の映画なので観ていない人も多いかと思います。この映画に限ったことではありませんが、やっぱり藤原竜也さんは華があるなぁと改めて痛感してしまいます。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『ムーンライトジェリーフィッシュ』

月の光の中で、弟のために生きていた。彼女に出会うまでは・・・。

 

藤原竜也出演映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                               M&O