THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『容疑者Xの献身』あらすじキャスト評価 東野圭吾ガリレオ映画化

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『容疑者Xの献身』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『容疑者Xの献身』です。

大人気作家・東野圭吾原作、テレビドラマも大ヒットとなった『ガリレオ』の映画化となります。

東野圭吾原作は本当に面白い作品ばかりですが、この映画も例に漏れず面白く、またキャストも魅力的で特に堤真一さんが他の作品ではあまり見せない顔を見せてくれています。

それでは映画紹介です。

 

映画『容疑者Xの献身』は2008年に公開された日本映画です。

上映時間は128分。

原作は東野圭吾。

監督は西谷弘監督。ドラマ『ガリレオ』『白い巨塔』映画『真夏の方程式』『昼顔』などを監督しています。

出演は

湯川学・・・福山雅治

内海薫・・・柴咲コウ

草薙俊平・・・北村一輝

栗林宏美・・・渡辺いっけい

弓削志郎・・・品川祐

城ノ内桜子・・・真矢みき

工藤邦明・・・ダンカン

富樫慎二・・・長塚圭史

花岡美里・・・金澤美穂

草野球監督・・・リリーフランキー

八木亜希子・・・八木亜希子

有薗文雄・・・石坂浩二

葛城修二郎・・・益岡徹

柿本純一・・・林泰文

花岡靖子・・・松雪泰子

石神哲哉・・・堤真一

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190814222748j:image

映画『容疑者Xの献身』あらすじ

昔ホステスをしていた花岡靖子(松雪泰子)は現在はお弁当屋さんで働きながら娘の花岡美里(金澤美穂)と共に暮らしていました。お弁当屋さんで元気に働く靖子でしたが、悩みを抱えていました。元夫の富樫慎二(長塚圭史)の存在です。富樫は靖子と美里の元を訪れては金の無心をしていました。靖子が富樫から逃れようと引っ越しなどをしても執拗に追いかけてきていました。

ある日、富樫に付け回されることに限界を迎えた靖子と美里は富樫を殺害してしまいます。アパートの隣に住む隣人の天才数学者・石神哲哉(堤真一)は物音を聞いていて何が起きているかに気付いていました。

石神は靖子と美里の部屋を訪れ、犯行を隠すためのトリックを考え2人を救おうとします。石神は現在は高校の教師として働いていて、元々は天才数学者として認められていた人間でしたが、現在は希望を見出すことのできない日々を送っていて、そんな石神にとって靖子と美里は光として存在していました。

富樫の死体が発見され内海薫(柴咲コウ)が捜査に乗り出しました。捜査の中で容疑者に元妻である靖子が浮上しました。内海は靖子を調査しますが、靖子にはれっきとしたアリバイがありました。富樫が殺害されたと思えわれる時間、靖子は娘の美里と共に映画館で映画を鑑賞していて、しっかりとその時の映画のチケットの半券も取っておいてありました。あまりに完璧な用意周到なアリバイに内海は違和感を覚えます。内海の上司の草薙俊平(北村一輝)の助言もあり、内海は帝都大学の准教授・湯川学(福山雅治)に捜査協力を依頼しました。

湯川と石神は知り合いで、同じ帝都大学の生徒でした。石神の数学の才能は素晴らしく、石神は湯川に一目置かれている存在でした。湯川は捜査に当たり、この石神が容疑者の隣人だという偶然に驚きます。

湯川と石神が最後に会ってからかなり長い時間が経過していました。

湯川は犯行に及んだのは靖子であると睨みます。靖子への容疑が日に日に強まっていく中で、なんと石神が自首をしにきました。石神の事を認めている湯川は拘留されている石神の元を訪れ、石神の行動の理由を責めますが石神が自分の意思を曲げる事はありませんでした。

しかし靖子が行動を起こし、すべてを打ち明けました。

富樫の死体と思われていたのは実はホームレスの死体だったのです。靖子と美里がアリバイである映画を観に行っていたのは、本当の富樫が殺害された日の次の日だったのです。アリバイを作り出すためにホームレスの死体を富樫に見せかけたのでした。そしてそのホームレスを殺害したのは石神でした。石神は靖子と美里を救う為にこのアリバイ工作を提案し、自らが罪を犯していたのでした。

事件を解決した湯川の表情は決して晴れ晴れしいものではありませんでした。

映画『容疑者Xの献身』感想・評価

ストーリーも間違いなく面白く、俳優陣の演技も非常に見応えがあります。冒頭にも書かせて頂きましたが、天才数学者を演じている堤真一さんが特に素晴らしくて、風貌はもちろん醸し出している雰囲気まで完全に石神という人間を表現しています。コミカルな演技も非常に達者な堤真一さんですが、こういった役柄も見事に演じてしまうあたりやっぱりすごいなぁと思わされます。

そして個人的には出番こそそこまで多くないものの、富樫を演じた長塚圭史さんもやはり上手いなぁと感嘆してしまう感じで、作品の中での自分の役割を理解してそれを まっとしていう感じがして、台本読んでそういった表現を当たり前にしてしまうあたり、すごいなぁと素直に思ってしまいます。

そして僕の中では湯川学は福山雅治さんの演じてきた役の中でトップと言っても過言ではないぐらい好きですし、またハマってもいると思っています。魅力的だしカッコいいし、すごくいいですよね。

柴咲コウさんはお芝居も好きなんですが、やはりどう考えても綺麗だなぁと思ってしまいます。現在も魅力的に年齢を重ねられている印象です。

東野圭吾さん原作はやはり面白くハズレがないです。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『容疑者Xの献身』

その謎を、愛そう。

                              M&O