THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『キャストアウェイ』あらすじ・キャスト・感想 トムハンクスの神業演技と諦めない心に感動する映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『キャストアウェイ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『キャストアウェイ』です。

トムハンクス主演のこの映画、どんな境遇にあっても諦めてはいけないということを教えてくれる映画です。無人島で過ごすトムハンクスの演技にぜひ注目してほしい映画です。

それでは映画紹介です。

 

映画『キャストアウェイは2001年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は144分。

監督はロバートゼメキス監督『バックトゥザフューチャーシリーズ』『フォレストガンプ/一期一会』『フライト』などを監督しています。

出演は

チャックノーランド・・・トムハンクス

ケリーフレアーズ・・・ヘレンハント

スタン・・・ニックサーシー

ペッカトウィグ・・・ジェニファールイス

ジェリーロベット・・・クリスノース

ベッティーナピーターソン・・・ラリホワイト

アルバートアルミラー・・・ヴィンスマーティン

フレッドスミス・・・本人役

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190811204344j:image

映画『キャストアウェイ』あらすじ

大手宅配便会社FedExで働くチャックノーランド(トムハンクス)は仕事で世界中を飛び回っていました。チャックの仕事は配達ではなくシステムエンジニアで、世界各国に飛んでシステム構築と使いこなすための指導を行っていました。

順調に仕事に取り組むチャックにはケリーフレアーズ(ヘレンハント)という恋人がいました。チャックとケリーの関係も良好でクリスマスも共に過ごします。その時にチャックはついにケリーにプロポーズをします。プロポーズを済ませ、多忙なチャックは次なる目的地の南米に仕事のために向かいました。移動は基本的にFedExの貨物飛行機で、この時も同じようにFedExの貨物飛行機に乗り込み移動を開始しました。

しかし、チャックの乗ったFedExの貨物飛行機は天候不良のために操縦不能となってしまい、太平洋上に墜落してしまいました。

なんとか一命を取りとめたチャックは無人島に流れ着きますが、生き残ったのはチャックだけだったようで他の乗務員もおらず、チャックは無人島で呆然とします。貨物飛行機に乗っていたので、宅配の荷物もその無人島に流れ着いています。チャックは島を散策しますがやはり無人島で誰もおらず、動物すらも見掛けませんでした。

チャックは海にパイロットの死体が漂っているのを見つけます。罪悪感の中で使えそうなものを残し、パイロットを埋葬しました。

チャックは救命ボートを使って海に出ます。しかしチャックは高波に襲われあえなく転覆してしまいます。ボートは使い物にならなくなり、チャックは足をケガしてしまいました。

チャックは無人島に救助が来るまで一人で生きることを決意します。流れ着いた宅配の荷物も開けます。緊急事態と判断したことによる行動でした。しかし、スケート靴やバレーボール、ビデオテープなど、一見無人島生活に役立ちそうなものはまったく見つかりませんでした。

砂浜に大き『HELP』と書き、船すらも見掛けない無人島でチャックはなんとか生活します。不便な事だらけでしたが、チャックは知恵を使って火を起こしたりと次第にサバイバル生活に長けていきました。しかしチャックはこれらのモノをしっかりと活用しました。そしてチャックは一つだけ開けないでおいた荷物がありました。

しかし、当たり前ですが凄まじい孤独感がチャックを襲います。チャックはウィルソンのバレーボールに顔を書き、ウィルソンと名付け話しかけるようになります。火を起こしてカニを食べながら、チャックはウィルソンに話しかけていました。チャックの心はだいぶ落ち着きました。

チャックが無人島に流れ着いて4年の月日が流れました。チャックはなんと奇跡的に生き延びていました。髭を蓄え髪は伸び、たくましく無人島で生き抜いていました。魚を取る腕前も異常なほど上達していました。

ある日、簡易トイレの壁と思われるモノが島に流れ着きます。チャックがこれを見てひらめきます。今持っている材料を使ってイカダを作り島から脱出しようと考えました。宅配の荷物に入っていたビデオテープも活用します。

チャックはイカダ作りを進めていきました。ある夜、ウィルソンに話しかけていたチャックは急に怒り出しウィルソンを遠くへ投げてしまいます。我に返ったチャックは慌ててウィルソンを探しに行き、ウィルソンを無事に見つけて安堵しました。チャックにとってウィルソンはそれほどかけがえのない存在になっていました。

チャックのイカダ作りはついに終わりを迎え、食料を積み込んだチャックはウィルソンを連れて大海原へと漕ぎ出しました。しかし容赦ない大波がチャックに襲い掛かります。チャックは何度も転覆しそうになりますが、どうにか襲ってくる大波を乗り越えます。やがてチャックを乗せたイカダは沖に出ることができました。チャックとウィルソンは脱出に成功したのでした。

チャックはしばらく沖で漂流していました。そんなチャックに嵐が襲い掛かりイカダは壊されてしまいます。縛り付けていたウィルソンは海に投げ出されてしまいました。ウィルソンが投げ出されていることに気付いたチャックは懸命にウィルソンの元へ向かおうとしますが、距離は縮まらず離れるばかりです。これ以上は危険と判断したチャックはウィルソンを追う事を諦めました。チャックはウィルソンに向かって『アイムソーリー!アイムソーリーウィルソン!!』と泣きながら何度も叫び謝りました。ウィルソンと長い月日を共にしたバレーボールは次第に見えなくなりました。

漂流しながら死を覚悟したチャックでしたが、クジラがチャックを勇気づけてくれます。チャックは通りかかった貨物船によって救助されました。

救出されたチャックを待っていたのは悲しい現実でした。チャックは死んだものとされ葬儀なども執り行われていました。恋人だったケリーはチャックの死を乗り越え再婚を果たしていました。再婚相手はチャックも診療してもらったことがある歯医者でした。彼はチャックも元を訪れ、ケリーは混乱状態になってしまっていて今は会う事ができないと告げます。

奇跡の生還を果たしたチャックに周囲の人間たちは歓喜しますが、チャックはどこか上の空でした。チャックはケリーを訪ねました。

ケリーには再婚相手との間に子供がいました。チャックはいきなり生還した自分が幸せを壊してはいけないと身を引きます。しかし去るチャックをケリーが追いかけてきて、お互いに今でも愛していると告げます。しかし、今はケリーは別の人生を歩んでいます。チャックは別れを告げました。

チャックは無人島で開封しなかった荷物を配達にやってきていました。しかし受取人は不在でした。チャックは十字路に立ち、地平線を見つめていました。

映画『キャストアウェイ』感想・評価

無人島での描写が多いため、映画のほとんどがトムハンクスの一人芝居となっています。しかし、トムハンクスの一人芝居が凄まじすぎて、まったく飽きることなくむしろ魅入ってしまいます。喜怒哀楽の表現がすごいんです。4年後になった時には思わずクスッとしてしまう風貌で、さらに魚とりの腕前が上達し過ぎていてそこも思わずクスリとしてしまいました。

バレーボールのウィルソンはこの映画の名物のようになっていますが、普通に感動するので心して観て頂ければと思います。一見滑稽になりかねないシーンをトムハンクスの演技がしっかりと感動するシーンに仕上げてくれています。

諦めない心、チャレンジすることの大切さも教えてくれる映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『キャストアウェイ

世界の果てで、彼の旅が始まった・・・

                              M&O