THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『セブンイヤーズインチベット』あらすじ・キャスト・感想 ブラッドピット主演の登山家ハインリヒハラーのチベットでの時間を描いた実話映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『セブンイヤーズインチベット』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『セブンイヤーズインチベット』です。

ブラッドピットが登山家ハインリヒハラーを演じ、実在する登山家ハインリヒハラーがチベットで過ごした時間を描いた実話を基にした映画となっています。

それでは映画紹介です。

 

映画『セブンイヤーズインチベットは1997年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は139分。

監督はジャンジャックアノー監督スターリングラードを監督しています。

出演は

ハインリヒハラー・・・ブラッドピット

ペーターアウフシュナイター・・・デヴィッドシューリス

ンガプーンガワンージクメ・・・B・D・ウォン

クンゴツァロン・・・マコ岩松

摂政・・・ダニーデンゾンパ

中国の代表・・・ヴィクターウォン

イングリッドハラー・・・インゲボルガダクネイト

ダライラマ・・・ジャムヤンジャムツォワンチュク

ペマラキ・・・ラクパツァムチョエ

ダライラマの母・・・ジェツンペマ

張経武・・・リックヤン

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190810221432j:image

映画『セブンイヤーズインチベット』あらすじ

1939年、オーストリアはドイツの支配下にありました。登山家のハインリヒハラーは妻・イングリッドハラー(インゲボルガダクネイト)の間に子供が出来ますが、ハインリヒはだからといって落ち着く性格ではなく、登山家としての欲望のままに行動します。

登山仲間のペーターアウフシュナイター(デヴィッドシューリス)らと共に、ヒマラヤ山脈のナンガパルバットの制覇を目指して身籠ったイングリッドを残して旅立ってしまいます。ハインリヒの我を通す性格は登山仲間と一緒にいる時も同様で、登山中にも仲間と揉めてしまいます。そんな中、雪崩が起きてしまい登頂を諦めたハインリヒ一行は一旦下山しインド国境に辿り着きます。しかしタイミング悪くイギリス軍とドイツ軍が交戦している現場に居合わせてしまい、ドイツ人と思われたハインリヒたちはイギリス軍に捕まり捕虜にされてしまいます。身動きの取れないハインリヒは妻イングリッドに手紙を書きますが、イングリッドからは離婚届が送られてきました。

ハインリヒはもはや帰る理由もなくなってしまい、ハインリヒは断念したヒマラヤに再び挑むことを決めます。しかしヒマラヤに挑むにはまず脱走しなくてはいけません。

捕虜になっている仲間と共に脱走を試みますが、そう甘くはありません。幾度目かの脱走を試みてようやく成功し、命がけの逃亡の末。ハインリヒとペーターはチベットに辿り着きます。

当時のチベットは外国との交流がなく、未知の地とされていて足を踏み入れられない地だというイメージを持たれていましたが、チベットの人々はとても温かくクンゴツァロン(マコ岩松)を筆頭にハインリヒとペーターを手厚くもてなします。

ハインリヒはチベットの若き最高指導者のダライラマ14世(ジャムヤンジャムツォワンチュク)の家庭教師をダライラマの母親(ジェツンペマ)から頼まれます。ハインリヒは宮殿へと向かいました。ダライラマは高貴なオーラを身にまとった少年でした。

ハインリヒはダライラマに様々な事を教えていき、ダライラマもハインリヒから教わることを吸収していきました。ハインリヒとダライラマの間にはいつしか絆が生まれていました。ペーターとハインリヒはチベットの人達から信頼され、温かい時間を過ごします。

チベットで時を過ごす中で、ペーターはチベットで出会った女性ペマラキ(ラクパツァムチョエ)と結婚し家庭を築きました。それに対して妻イングリッドに離婚を突き付けられ子供の顔も見れないハインリヒはどうしようもない寂しさを覚えます。ハインリヒはまだ見ぬ子供に向けて手紙を書き続けますが、子供から来た返事は『あなたは知らない人、もう手紙はいりません』と書かれた返事でした。落胆するハインリヒをダライラマは優しく慰めます。ハインリヒとダライラマの絆はさらに深まっていました。

ハインリヒはチベットでの生活で性格を変化させていました。自己中心的だった性格は周囲の人を愛することのできる性格になっていました。

しかし状況は大きく変わります。

毛沢東が率いる中華人民共和国が発足し、チベットを合併しようとする動きが始まりました。中国はヴィクターウォンチベットへと向かわせました。ダライラマは平和的な思いを曲げることはなく、ヴィクターウォンは不快感を露にします。

中国はチベットへの侵略を開始し、チベットの人達の多くの命が奪われてしまいました。1951年、チベットはついに独立を保つことができなくなってしまいました。激動の中、ハインリヒの故郷であるオーストリア終戦を迎えていました。ハインリヒはチベットを去ることを決心しました。家族を持っているペーターはそのまま残ることになり、ハインリヒと別れの時を過ごしました。ハインリヒはダライラマとも別れの時を過ごしました。ダライラマは自身がとても大切にしてきたオルゴールをハインリヒに贈りました。ハインリヒは去っていきました。ダライラマは大切な友人が去るのを望遠鏡で長い間見送っていました。

故郷に戻ったハインリヒでしたが、前妻のイングリッドはすでに再婚していました。ハインリヒは子供と会おうとしますが、溝は簡単には深まりませんでした。ハインリヒはダライラマからもらったオルゴールを子供の部屋に置いて去りました。

時は流れ、成長した子供とハインリヒは一緒に登山へと向かいました。

映画『セブンイヤーズインチベット』感想・評価

一言で言うと、とても美しい映画です。観ていて心が浄化されるのを実感できます。

情景やストーリーの美しさはもちろんですが、ハインリヒハラーを演じたブラッドピットも非常に美しく魅力的で、未熟な人間から成長していく姿を見ることができます。

そして友人のペーターを演じたデヴィッドシューリスもまた素晴らしく、ブラッドピットとのシーンは非常に見応えがあります。

ダライラマとハインリヒの友情に感動し、観た後に『ああ、観てよかった』としみじみ思える映画です。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『セブンイヤーズインチベット

愛のぬくもりが世界に広がる

                            M&O