THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『ブロークバックマウンテン』あらすじ・キャスト・感想 ヒースレジャー・ジェイクジレンホール主演のアカデミー監督賞作品

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ブロークバックマウンテン』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ブロークバックマウンテン』です。

ジェイクジレンホールと今は亡きヒースレジャーの演技派俳優2人が主演しているこの作品。低予算ながらアカデミー賞にもノミネートされ、監督のアンリーは監督賞を受賞しました。

それでは映画紹介です。

 

映画『ブロークバックマウンテン』は2005年に日本公開されたアメリ映画です。

上映時間は134分。

監督はアンリー監督いつか晴れた日に』『グリーンデスティニー』『ライフオブパイ』などを監督しています。

 

出演は

イニスデルマー・・・ヒースレジャー

ジャックツイスト・・・ジェイクジレンホー

ラリーンニューサム・・・アンハサウェイ

アルマビアーズ・・・ミシェルウィリアムズ

ジョーアギーレ・・・ランディクエイド

キャシー・・・リンダカーデリーニ

ラショーンマローン・・・アンアハリス

アルマジュニア・・・ケイトマーラ

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190808111534j:image

映画『ブロークバックマウンテン』あらすじ

1963年、カウボーイのイニスデルマー(ヒースレジャー)とジャックツイスト(ジェイクジレンホール)は仕事を求めてワイオミング州のシグナルという町にやってきました。

牧場主のジョーアギーレ(ランディクエイド)はそんな2人に羊の飼育の仕事を与えます。場所はブロークバックマウンテンでした。

ブロークバックマウンテンでの仕事はテントを張って、夜も放牧地に行ってしっかりと監視をするというものでした。羊が他の動物に襲われてしまう事も多く、被害が大きくなっていたことから2人の仕事は羊が襲われる被害を最小限に食い止めることでした。

夜の放牧地の監視は1人が行うものでしたが、ジャックはこの仕事を去年もしていて、経験者であることから夜の監視を引き受けます。ツイストは食事係として食事を作り朝方に帰ってくるジャックの帰りを待ちました。しかしジャックは夜の監視が続くと次第に疲れが出てきてしまいます。するとイニスが代わりに夜の監視に出かけるようになりました。イニスとジャックはなかなか打ち解けられないでいましたが、お酒などの力もあり、次第に2人は心を通わせていきました。

ある夜、飲み過ぎたイニスはテントの外で寝てしまっていました。しかし外は寒くたまらずジャックのいるテントの中に避難しました。テントの中で眠りにつこうとするイニスをジャックが後ろから抱きしめました。イニスは抵抗することなく、そのまま2人は激しく愛し合いました。

イニスにはアルマビアーズ(ミシェルウィリアムズ)という婚約者がいました。そしてジャックも完全にゲイというわけではありませんでした。しかし2人は惹かれ合ってしまいます。仕事の様子を見に来た雇い主のアギーレはイニスとジャックが仕事仲間というだけではないことに気付きます。

牧場での仕事は予定されていたよりも早く終了となってしまいます。イニスとジャックは自分の中にあるやりきれない思いをぶつけあうように殴り合いました。仕事が終われば2人は離れ離れになる寂しさからでした。

ジャックは来年もこのシグナルに来るとイニスに告げます。しかしアルマとの結婚を予定しているイニスは自分も必ず帰ってくるとは言えませんでした。しかしイニスはジャックと別れた後に、寂しさから泣き崩れます。

1年後、イニスは予定通りアルマと結婚していましたが、ジャックとイニスは再びシグナルにやってきてアギーレを訪ねました。しかしアギーレはイニスとジャックに仕事を与えずに追い返します。

その後、イニスは2人の子供に恵まれ、町へと引っ越します。ジャックはロデオで大会などで活躍をしていました。そんなジャックもラリーンニューサム(アンハサウェイ)と出会い結婚します。ラリーンの父親は会社を営んでいて、ジャックはそこで働き始めます。しかしラリーンの父親はジャックの事をあまりよく思ってはいませんでした。

ある日、イニスの元にジャックから絵葉書が届きます。ハガキには会いたいと書かれていて、イニスもすぐに同じ気持であることを伝えます。

再会は実に4年ぶりでした。イニスの自宅を訪れたジャック。再会したイニスとジャックは思わず激しいキスをしてしまいます。偶然にその様子を見てしまったイニスの妻アルマは驚愕し絶句しました。

アルマにジャックを紹介したイニスは2人で釣りに出かけると言い、アルマを残しキャンプに出掛けてしまいました。何も言い出せないアルマは悲しみに暮れました。

ジャックは結婚生活に居心地の悪さを感じていて疲れていました。イニスと牧場をやって2人で暮らしたいと告げます。しかしイニスは家族を捨てる気はなく、またイニスは過去に牧場経営をしていたゲイカップルが殺された事件を知っていて、たまにこうやって会うぐらいがきっと一番いいんだとジャックに話しました。

しかし結局イニスはアルマと上手くいかなくなってしまい離婚します。イニスとジャックはその間も度々逢瀬を重ねていました。離婚を知ったジャックはすぐにイニスの元へと向かいますが、イニスは娘と会える日でジャックは会う事が出来ず、ジャックはもやもやした気持ちを消化させようとお金である男を買いました。

離婚後にアルマは再婚を果たします。イニスにも再婚を勧めますがイニスは乗り気ではない返事をします。アルマはそれまで胸にしまっていた、ジャックとイニスの関係を知っていたことを打ち明けます。そしてアルマはイニスを罵り、イニスはカッとなりアルマを殴ってしまいました。

イニスとジャックの関係は続いていました。イニスはある時キャシー(リンダカーデリーニ)という女性と出会い交際を始めました。しかしそれはあくまでなんとなくの交際でした。

それから20年の時が流れていましたが、ジャックとイニスは相変わらず逢瀬を重ねていました。しかしジャックはなかなか頻繁には会えない関係に不満を感じていました。ジャックがその不満の解消にメキシコに行ったジャックをイニスは嫉妬心から罵倒します。しかしジャックはそれをイニスのせいにして2人は衝突します。

イニスは別れられたらどんなに楽だろうと泣き崩れました。イニスもジャックをどうしようもなく愛していたのです。

イニスはしばらくしてジャックにハガキを送りましたが、そこでジャックの死亡の知らせを初めて聞きます。妻のラリーンによれば、ジャックは車のタイヤがパンクし修理をしようと道端で修理をしていた際に事故に遭って帰らぬ人となってしまったそうでした。しかしイニスはどうしても牧場を経営していたゲイカップルの殺人事件を思い返してしまい、ジャックが殺されたのではないかと考えてしまいました。

ジャックは自身の灰をブロークバックマウンテンに残してほしいという遺言を残していました。イニスはこのジャックの希望を叶えるべく遺灰を受け取りにジャックの実家を訪ねました。ジャックの家は貧しい牧場で、ジャックはイニスとこの牧場を立て直すと話していたことを知ります。ジャックの部屋に行くとかつて失くしたイニスのシャツとジャックのシャツが重ね合うように掛けられていました。イニスはシャツを抱きしめジャックを想いました。ジャックの母親はシャツをイニスに譲ってくれました。

イニスはジャックのシャツと自分のシャツを自室に重なり合うように飾り、『ずっと一緒だ』と語り掛けました。

映画『ブロークバックマウンテン』感想・評価

最初観始めた時は『あれ?大丈夫かなこの映画』といった感じでした。段々とのめり込んでいき、切なさに苦しくなる感情がどんどん大きくなっていくといった感じでした。

こういった映画を演技派俳優の2人が共演して演じるというのが、なんだか素晴らしいというか、芸術っていいなと感じてしまいます。リバーフェニックスとキアヌリーブスが共演した『マイプライベートアイダホ』を少し思い出してしまいました。

そしてヒースレジャーがもうこの世にいないというのは悲しいことですが、彼はこれからもっずっと映画の中で生き続けるのだろうと思います。

アンハサウェイがまだブレイクする前ですかね、印象的な役柄で出演しています。

そしてジェイクジレンホールはやっぱり素晴らしい俳優で、葛藤とか苦悩を表現するのが本当に上手いなぁと感嘆してしまいます。

おすすめ映画です。ぜひ。

映画『ブロークバックマウンテン』

はじまりは、純粋な友情の芽生えからだった

                            M&O