THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

入社初日3時間で会社辞めた新卒の言い草のネットニュースを見て思う事

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

入社初日3時間はすごいと思う

おはようございます、M&Oです。

今回はネットニュースで見掛けた『入社初日3時間で会社辞めた新卒の言い草』について書いていきたいと思います。

思わずタイトル見て気になって読んでしまいました(笑)だってすごいですよね、入社して初日3時間で退社するって(笑)

賛否両論あると思いますが、M&O的には全然悪い事じゃないと思っています。もちろん一般常識とか世間一般としてはきっと『けしからん!!』といったことになるのだと思います。それはわかっています。そしてこの当事者の方がしっかり調べずに軽はずみに会社を選んで就職してしまったことは責められることだとも思います。

しかし、内容を読んでみると聞いていた仕事内容と違っていたとのことでしたので、それなら会社にも非があるのかなと思います。ただ派遣会社が自分の会社の社員を派遣するというのは珍しいことではないので、ちょっと調べればわかることなので、調べが足りなかったということでもありますが・・・。この人は自分が派遣されるとは思っていなかったみたいです。まぁ自分が派遣される可能性もありますよとは事前に面接の時とかに説明するべきだと思いますが・・・。

あと、この人は他の社員の方の感じも好きになれなかったと話しているようですが、それはまぁ・・・入ってみないとわからないですよね。いいマンションに引っ越しても隣に変な住人が住んでいたら高い家賃も台無しになってしまうのとちょっと似ている感じでしょうか。『そんなの我慢しろ!』というのが一般的な風潮かもしれませんが、無理して精神を患ってしまったら元も子もありませんからね。個人的には思い悩む前に離れる決断を下すのは全然悪い事ではないと思います。続けていたらいい人もいるかもしれないし、よく知ってみたらいい人だったかもしれないのにもったいない!と仰る人もいるかもしれませんが、ポジティブな想像でしかないとないと思いますし、最初にそう感じてしまったら思考を修正するのはなかなか大変な作業だと思います。3時間で退社を告げることができる行動力のある人のようですから、続けても気持ちの面ではなかなか変わらなそうな気がします。

『そんなんじゃどこに行っても通用しない』と思う人も多くいらっしゃると思いますが、どこに行っても通用しないなら自分で仕事を作り出す事もできる時代なので、それでもさほど問題ないのかなぁと思います。まだまだ世間的には認められない形だと思いますが、これから副業も含めてどんどん自分で仕事を作り出す人は増えていく一方だと思います。

唯一かわいそうだなと思うのは、この人がこの会社に入ったことで、この会社に入りたかったのに入れなかった人がいることです。落ちた人はやる気に満ち溢れていたかもしれません。ただこの人は就職活動を面倒くさいと感じていてやる気もなかったようなので、そういう人が受かる会社に入ることを切望している人がいたかどうかはわかりませんが・・・。

せっかく採用したのにすぐに辞められた会社がかわいそうと思うかもしれませんが、会社というものにド素人な僕の意見で申し訳ないですが、『早く辞めたいなぁ。やりがいないなぁ』と思っている人に月給を払い続ける方がよっぽど可哀そうだと思うのですが、実際どうなのでしょう。周囲のモチベーションにも影響しそうだしいいことない気がするのですが。

そういった理由かはわかりませんが、この人が会社を辞めたいとすぐに伝えた時にあっさり退社を認めたとのことでした。もしかしたらこういうことが結構起きているのかなと思ってしまいました。そのために多めに採用しているのかなとか邪推してしまいます。もしそうだとしたら、今回退職した人が辞めるという行動を起こしたのはなおさらいい事なのではないかと思います。無理して続ける人ばかりでは改善をしようとは思わないでしょうし、もしかしたら今回この人が行動を起こしたことで改善しなきゃダメかなと思うきっかけになるかもしれません。ちなみに実際にどういう会社なのかは全く知らないので想像で書いています。もしかしたらすっごくいい会社かもしれません。

というかこの人自分でしっかり退職を伝えただけでもしっかりしているなと思います。ないも言わずに飛んじゃう人も多いと思いますし、今は代行サービスみたいなのもあるみたいですからね。代行サービスって結構オファー来ているのかしら??

 

そもそも一斉に就職する形がずっと続いているからこういうことが起きると思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20190807011827p:image

一斉に就職活動して一斉に就職する制度がこういったケースを招くのでないだろうか

この入社3時間で退職した人は特に興味のない仕事だったと言っていたのですが、もうすでに興味ない仕事に就職する時点でおかしいですよね。ただこの人のように興味ない仕事の会社に就職している人って世の中にたくさんいると思うのです。それが当たり前になっていることがなかなか異常なことだと思うのですが、かなり昔からそういった形が出来上がっているんですよね。

高校にしても大学にしても学生じゃなくなったら就職をするのがあるべき姿となっているせいで、こういったことになっていると思うのです。まさにみんながそうするからそうするの精神だと思うのですが、やりたい事が見つかっていない時点で無理やり就職するのがいいことだとは思えないです。ただ卒業と共に就職しないといわゆる『新卒』という扱いにならなくなってしまうのですよね、確か。新卒であるためには授業料を払って留年するしかないという印象です。詳しくないので違っていたらごめんなさいですけど・・・。新卒とか中途とかって言葉をなくせばいいのに。『新人』と『経験者』でよくないですか?(笑)

こういった就職活動の制度が変わらないからこういう3時間で辞めてしまう人が出てくると思うのです。そして個人的には我慢して続けるよりかは今回の人みたいに辞めることもありだと思います。仕事している時間ってだいぶ人生に時間を使いますからね、つまらないと思いながら人生の大部分の時間を過ごすのはもったいなさすぎます。でも辞めづらくて続けている人もたくさんいるんだろうなぁと思います。

もう一斉にやる就職活動の制度を一旦辞めてみればいいのにと本当に思います。いい方向に変わる気がするのですが、浅はかな意見かもしれませんが。

                              M&O