THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『ルームメイト』あらすじ・キャスト・感想 深田恭子・北川景子主演のサスペンスホラー映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ルームメイト』概要・キャスト

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ルームメイト』です。

深田恭子北川景子主演のサスペンスホラーです。まず、男性からすると美人女優2人の共演ということでとっても目の保養になります。いきなりこんなこと言ってしまって申し訳ないですが、事実なのです。そして映画の内容もしっかり面白いんです。ドキドキできる映画となっていますので、お薦めさせて頂きます。

それでは映画紹介です。

 

映画『ルームメイト』は2013年に公開した日本映画です。

上映時間は110分。

監督は古澤健監督

原作は今邑彩の同小説です。

出演は

萩尾晴海・・・北川景子

西村麗子・・・深田恭子

工藤謙介・・・高良健吾

長谷川伸・・・尾上寛之

安藤リカ・・・大塚千弘

晴海の母・・・筒井真理子

本城・・・戸田昌宏

小川絵里・・・荻原みのり

山崎・・・田口トモロヲ

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190804002830j:image

映画『ルームメイト』あらすじ

神奈川県で事件が起こります。ビル内で3人が倒れているのが発見され、3人は流血をしていました。3人は大学病院へと運ばれました。

事態を重く見た神奈川県警は現場検証を行いました。現場に凶器と思われるナイフが落ちていて、ノートも落ちていました。

被害者で生存していたのは2名で萩尾晴海(北川景子)と工藤謙介(高良健吾)でした。工藤の会社でアルバイトをしていたのが晴海という関係でした。また晴海にはルームメイトがいて、ルームメイトは西村麗子(深田恭子)という女性で、晴海と揉めていたという情報もありました。

3ケ月前に遡ります。

晴海は交通事故に遭ってしまい病院へと運ばれました。しかし正社員で働いていなった晴海は収入が途絶えたことによりお金に困ってしまいます。

晴海にはお見舞いに来る友人もいませんでした。そんな晴海を見て看護師の安藤リカ(大塚千弘)はぬいぐるみを晴海の病室に置きました。その様子を見てる看護師が一人いました。看護師は西村麗子(深田恭子)で、何かを呟いていました。

晴海の元に交通事故を起こして晴海をはねてしまった工藤謙介(高良健吾)が、保険会社の長谷川伸(尾上寛之)と共にやってきました。工藤と長谷川は高校時代の友人でもありました。

長谷川は当事者同士が直接話し合う事はあまり良くないと話し、その場を取り仕切ります。工藤と長谷川が病室を去っていくと、看護師麗子がやってきました。麗子は晴海に『保険会社の人間は専門用語を使って丸め込もうとするから気をつけた方がいい』と忠告しました。さらに麗子は晴海が事故の時失くしていた手帳を渡してくれました。麗子は事故現場に自分もいてその時に拾ったと晴海に言いました。

手帳が戻ってきた晴海は母親(筒井真理子)にお金の相談のために電話をしますが、母親はそれなら実家に帰って来いと言うばかりで晴海は電話を切ってしまいました。
晴海は退院となりますが、ケガはまだ松葉づえをついている状態で仕事にもまだまだ復帰できそうにありません。すると麗子が『ルームシェア』をしないかと晴海に声を掛けてきてくれました。
麗子は勤務していた病院を辞めて、春海の部屋に引っ越してきます。

それまでは春海の母がこの部屋の家賃も負担していました。

自宅のゴミ出しのことや近隣の情報を知りたがる麗子に晴海はオレンジのノートを用意して、2人はそのノートを日誌代わりにすることにします。麗子は交通事故の保険代理人にもなりました。

事件の日から2か月前に遡ります。

保険の手続きは進まず、晴海は保険会社からお金を受け取っていませんでした。麗子は代理人として保険会社の長谷川と話を進めようとしても長谷川が約束をすっぽかしてばかりだと言っていました。
晴海は保険金が入ったら違う町で生活をやり直したいと考えていて、麗子も一緒に来ないかと誘いました。
ある時、公園を散歩した時に可愛いチワワを見掛けた晴海がペットを飼うのが夢だというと、麗子は突然冷たい口調になり、責任が取れるのかと晴海に言い放ちました。晴美は見たことのない麗子の感じに動揺しますが、そこまでは気にしていませんでした。

フランス料理レストランに食事に行った春海と麗子は、久しぶりに看護師のリカと会いました。リカに合コンに誘われる麗子でしたが、麗子は冷淡に誘いを断ると晴海を連れてレストランを出ていきました。

麗子は晴海が深夜に誰かに話しかけている現場を目撃します。しかし麗子以外は誰もいませんでした。麗子が話している相手はどうやらマリという人物のようでした。

晴海は以前見掛けたチワワを可愛がっていた子供たちがチワワを探しているところを見掛けました。そのまま帰宅するとキッチンには包丁が出ていました。近くに犬の首輪が置いてあり、コンロでは鍋の中で何かが煮込まれていました。晴美が鍋の蓋を開けるとチワワの鼻が覗いていて晴海は悲鳴を上げます。

晴海は麗子に詰問しますが、麗子は自分は何も知らないと言い張ります。晴美は麗子が誰かと一人で話していたことも心にあり、麗子が二重人格者なのではないかと疑いを持ちます。

麗子はチワワの死体を仕方なく処分しますが、その横で麗子が『あの子供たちも悪い。目を離したらダメなのに。』と言っていました。その口調はあの冷淡な麗子になっていました。

事件から一か月前に遡ります。

晴海のリハビリは順調に終わりに近づいてきていました。晴美は病院でリカに会いました。晴美は働かなくてはと求人誌で仕事を探し始めていました。そこへ交通事故を起こした工藤が様子を見に来ました。工藤は仕事を探している晴美に自分の会社で働かないかと打診してきました。まだ保険金が下りていないことも工藤は知っていました。

工藤は仕事が忙しくなっていて手伝ってくれる人を本当に探していました。

保険会社の長谷川は後はサインをもらうだけなのに麗子と連絡が取れなくなっていると言っていました。

働く場所も見つかり、晴海の人生は上向きになってきているようにも見えましたが、麗子の二重人格の疑惑はどんどんと深まっていき・・・。

そして晴海は思いもしない真実を知ることになります。

観る者も驚愕の事実が映画のラストに待ち受けています・・・。

映画『ルームメイト』感想・評価

この映画はネタバレまで書かない方がいいと思いますので、途中までとさせて頂きました。観たことない人は衝撃を味わって頂きたいので。勘のいい人は結末がわかるみたいですが、何を隠そうM&Oは全然わからずに映画を普通に観ていたので、『マ、マジかよ!!』と目いっぱい楽しませて頂きました。僕は先を読む勘が非常に鈍いので映画を目いっぱい楽しめるという長所があるのです。いいのか悪いのかわかりませんが(笑)

主演の深田恭子さんと北川景子さんですが、個人的にはお芝居に上手い女優さんという印象はまったくないのですが、この映画ではとても頑張っていらっしゃいます。特に深田恭子さんはいろいろな面を見せてくれていて、難しい役どころを魅力的に演じてくれています。ただビジュアルとしてはお2人とも文句なく綺麗で、美の共演といった感じです。

ストーリーもネタバレしなかったぐらいなので、個人的にはかなり面白いと思っています。ドキドキして観られる映画なので熱い夏には持ってこいの映画かもしれません。

たぶん観たことない人も結構いらっしゃるのではないかと思いますので、良かったら是非観てみて欲しいです。

おすすめです。ぜひ。

映画『ルームメイト』

決して覗いてはいけない。

                            M&O