THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

老害にはならないという意識を強く持ちたいと思う

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

無意識に老害になってしまわないように強く意識したい

こんばんは、M&Oです。

今回は『老害』というものについて書いていきたいと思います。

老害とは、いろんな意味があるようですが、1つは『自分に知識や教養があると思い込み学習する必要などないと思うこと』という事です。ただこれは高齢の人に限ったことではなく、若い人でもこういったケースはあるようで、その場合は若年性老害と呼ぶようです。これもわかる気がします。そして同時に自分がそうなってはいないかと不安になりますが、たぶん大丈夫なんじゃないかと思っております。メイビー。

学習する必要などない。こう思うという事は色々な良からぬ事に繋がっていく始まりだと思うのです。

まず、学習する気がないというのは、『そんな事は言われなくてもわかっている』という思いと、教えてくれる人が年下であるならば『年下に言われなくてもわかってる』とさらに付け加えられ、挙げ句の果てにはわからない事があれば、わからないのは自分のせいじゃなくわかりやすくしない周りのせい、さらに言えば『高齢なんだから大目に見てもらえるのは当たり前だ』と仕事としたら働いておきながら超図々しい考えに落ち着いて1人で悦に入っていたりします。

これは確かにタチが悪い・・・。

そしてさらにまずい事に、こういった人たちは自分のことを棚に上げておいて人の事を注意することも大好きなのも特徴です。自分はいいという謎の開き直りの中で、気に入らない周囲の人たちを次々と注意していきます。そしてそんなことをしていてはもちろん浮いてくるわけで、浮いている自分を自覚すると、今度はあからさまにしおらしくなっておべんちゃらを言ってくる。しかしそれしおらしさは長くは続かず、すぐにまた本能むき出しの忍耐力のない人へと変貌を遂げます。そんな流れが出来上がっている気がします。

個人的な実体験プラス個人的にイメージする老害を描いてみましたが、どうでしょう?だいたいこういった感じではないでしょうか?

さらに今書いてきた中に含まれる事ですが、老害の説明として『元々の性格の問題が表に出始め、自分の常識や意見が一般論、もしくは一般論に優越する正論だと勘違いするようになる』というのもありました。うーん、納得。そしてやはり自分がそうならないように気をつけなくてはと身が引き締まる思いです。謙虚でいなきゃいけませんね。

そしてさらに目につくのがこういった方々のマナー違反です。一番言いたい高齢の人に多いマナー違反は、どこでも関係なく煙草を吸っている人の多い事です。これは皆さんも共感して頂けると思っています。この時代、たばこはどこでも吸っていいものではなくなっています。禁煙区域でももちろんそうですが、ここで吸ったらちょっとまずいよね~と言うような暗黙の了解の禁煙区域でも平気で吸っているのは大体高齢に男性な気がします。僕は注意したことはありませんが、もしも注意したとしても簡単に聞き入れてくれるとは到底思えません。それどころか逆ギレされるんじゃないかとする思ってしまうのはあまりに偏見を持ちすぎでしょうか・・・。これも個人的な想像ですが、たぶん『昔はよかったんだからいいんだ!』という考えを持っている気がしてならないのです。古きよきものがどんどんなくなっているというのに悪しき習慣だけ残るなんて悲しい事ですよね。あってはならないことです。
僕は会社員の経験がないけれど、きっと会社に勤めている人とかはもっともっと『老害』に苦しんでいるんだろうなぁと思います。漠然としたイメージですがベンチャー企業の方がそういったことはなさそうですね。大企業とかの方が多そうなイメージです。勝手なイメージですが。
でも本当に自分が自然と『老害』にならないか不安になってしまいます。ご高齢でいい人ももちろんたくさんいらっしゃいますからね。そういった人たちを目指していきたいなと思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20190803214749j:image

老害』にならないためにはどうすればいいか

一番手っ取り早いのは、年長者だから偉いとか年長者だから敬えなんて考えを一切持たないことだと思います。そんなことは若年者が勝手に思う事で年長者が自分で思う事ではないですもんね。そしてどうせなら敬われるような生き方をしなければいけないなと思います。

そして他人の言う事に聞く耳を持ち続けるという事でしょうか。もちろん年齢なんて関係なくです。だって実際今の世の中若い人たちの方が有益な情報知っていますからね。しっかりと意見を取り入れることは自分のためにものすごくなると思いますし。

そして謙虚であるという事でしょうか。どうしても日本の今までの風潮で高齢者は偉いみたいな感じは少なからずありますからね。僕自身高齢者を基本的にはもちろん敬っていますし。しかしそれは本人が思ってはダメな事ですよね。敬われないなら自分のどこに問題があるのだろうかと思えるような高齢者を目指していきたいなと思います。

出来る限り、自分が年を取った時に『老害』にならないようにできることをやっていきたいなと切に思います。ストップ!老害!ですよ、本当に。

最近の若い奴は・・・・なんて言ってる場合じゃないんです!

                              M&O