THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『Shall we ダンス?』あらすじ・キャスト・感想 役所広司主演の竹中直人が最高過ぎるロマンティックコメディ映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『Shall we ダンス?』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『Shall we ダンス?』です。

かなり有名な映画なのでご覧になられたことある人も多いと思います。テレビでも何度も放送されている気がします。この映画何度観ても面白いです。物語も面白い上に役所広司さんを筆頭に出演俳優が本当に魅力的です。中でも竹中直人さんは相変わらずお腹が痛くなるほど笑わせてくれます。

それでは映画紹介です。

 

映画『Shall we ダンス?は1996年に公開された日本映画です。1997年にはアメリカでも上映されています。2004年にはリチャードギア主演でアメリカでリメイクされています。

上映時間は136分。

監督は周防正行監督シコふんじゃった。』『ファンシイダンス』『それでも僕はやってない』などを監督している名監督です。

 

出演は

杉山正平・・・役所広司

岸川舞・・・草刈民代

青木富夫・・・竹中直人

高橋豊子・・・渡辺えり

三輪徹・・・柄本明

杉山昌子・・・原日出子

服部藤吉・・・徳井優

田口正浩・・・田口浩正

田村たま子・・・草村礼子

倉高健・・・宮坂ひろし

熊田寅吉・・・上田耕一

木本弘雅・・・本木雅弘

歌姫ナツコ・・・清水美沙

杉浦・・・大杉連

司会者・・・本田博太郎

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190802104553j:image

 映画『Shall we ダンス?』あらすじ

杉山正平(役所広司)はごく普通の真面目なサラリーマンです。結婚していて妻。杉山昌子(原日出子)と娘の千景と郊外のマイホームで暮らしていました。

ある日の会社帰り、杉山は電車の窓から見えるダンス教室の窓に、一人の美しい女性が憂鬱そうに佇んでいる姿を見掛けます。杉山はその女性が気になるようになってしまい、数日後にそのダンス教室を訪れました。

杉山は家族に内緒で社交ダンスを習い始めます。美女が気になりダンスを習い始めた杉山でしたが、杉山を指導することになったのはベテラン講師の田村たま子(草村礼子)でした。杉山は内心残念がります。
ダンスレッスンには様々な人が来ていました。杉山はレッスンに通い、少しづつですがダンス教室にも馴染んでいきました。杉山が気になった窓から見掛けた美しい女性はダンス教室の経営者の娘の岸川舞(草刈民代)という人であったことがわかります。

舞はハイレベルな技術を持ったダンサーで、最高峰と言われるブラックプールというダンスコンテストに出場するほどの腕前です。しかしブラックプールに出場した時にパートナーとの連携ミスで失敗をしてしまい、以来パートナーに対して安心と信用ができなくなり、現在は父が経営するダンス教室で講師をしていました。
杉山はダンスの練習をしていき、段々と社交ダンスの魅力に取りつかれていきました。ダンス教室には同僚の青木富夫(竹中直人)も来ていました。青木はダンス教室では杉山の先輩です。頭髪の薄い青木はダンス教室ではカツラを被っていました。

ダンスにのめり込む杉山は至る所でステップの練習をするようになり、会社のトイレで青木と密着してダンス練習をしているところを他の同僚に見られ気まずい思いをする時もあるほどにのめり込んでいきました。

f:id:myprivatecomedy:20190802114638j:image

しかし家族に内緒にしていた杉山は、家族から疑われ始めます。妻の昌子は夫が明るくなったり香水の匂いをつけて帰宅することから、夫の浮気を疑ってしまい、探偵の三輪徹(柄本明)に調査を依頼してしまいます。三輪は依頼を受けるとすぐに杉山が社交ダンスに通っている事を突き止め報告しました。

昌子は夫の性格上、ダンス教室に通っていたことを聞き驚きますが、浮気ではないことに安堵します。

杉山は明らかに上達していてたま子先生から大会に出てみないかと言われます。杉山がペアを組みのはシングルマザーで肝っ玉母ちゃんといった感じの高橋豊子(渡辺えり)です。そして大会に向けての指導は舞が担当することになりました。舞の指導は厳しく杉山は汗だくになりながら必死で練習に励みました。

探偵の三輪は浮気じゃなかった時点で調査は終了だったのですが、そのまま杉山を追っていました。そして杉山が大会に出場することになったことを昌子に伝えました。

そして迎えた大会当日、昌子は娘の千景を連れて杉山を見に行きます。

ダンス教室の仲間たちも杉山と同様に大会に出場しています。マナー違反で邪魔をしてくる他のダンサーもいましたが、青木は情熱的なダンスで観客を魅了します。カツラを脱ぎ捨てた青木のダンスは半端じゃありませんでした。

f:id:myprivatecomedy:20190802114615j:image

杉山は緊張しながらも勝ち進みますが、観客席にいる妻と娘が目に入ってしまい驚いた杉山は激しく動揺してしまいます。父親を見直した千景が思わず観客席から声援を送ってしまい、動揺した杉山はペアの豊子のスカートを踏んでしまい、スカートを脱がせることとなってしまい、敗退しました。

杉山はダンス教室に通う事を辞めてしまいました。

一方舞は杉山の特訓を通してもう一度ブラックプールに挑戦しようと決意しました。舞はイギリスに行くことになり、ダンス教室の生徒たちは送別ダンスパーティーを開くことになりました。青木や豊子が杉山を誘いますが、杉山は誘いを断りました。

しかし送別ダンスパーティーの日、杉山が電車の窓からダンス教室の窓を見ると、窓には杉山に対するメッセージが書かれていました。杉山は送別ダンスパーティーに向かいます。杉山が到着すると、舞が最後のダンスを踊る際のパートナーを誰にするかを決めている時でした。舞は杉山に『Shall we ダンス?』と尋ね、2人はダンスを踊り始めました。

映画『Shall we ダンス?』感想・評価

もう本当に大好きな映画です。心あったまるしたくさん笑えるし、周防監督の映画って本当に最高だなと心から思います。

役所広司さんのリアルティ満載の演技が本当に素晴らしくて、見ていて自然と杉山を応援してしまっている自分がいます。

渡辺えりさんも素晴らしいです。一見厳しくてわがままに見えるのに時々見せる優しさが胸にグッときます。スカートが脱げてしまい走り去るところはすごく可愛いですし。

他の出演者の皆さんも全員本当に魅力的です。周防監督の映画の登場人物は全員魅力的なんです。

そして個人的に特筆したいのはやはり竹中直人さんで、お腹いたくなるぐらい笑わせてくれます。自分の芝居に悩んでいる竹中直人さんに『竹中直人にやりすぎはない』という言葉をかけて、竹中直人さんの心を軽くしたというエピソードがありますが、そんな周防監督の元で竹中直人さんが大暴れしています。本当に必見です。

映画『Shall we ダンス?

もう一度、人生に恋してみよう。

                         M&O