THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『バックトゥザフューチャー3』あらすじ・キャスト・感想 名作はついに完結へ・・・全作傑作の奇跡の映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『バックトゥザフューチャー3』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『バックトゥザフューチャー3』です。

立て続けに完結まで映画紹介させて頂きます!

パート1、そしてパート2のレビューはこちらです。

www.myprivatecomedy.net

www.myprivatecomedy.net

 

3部作のいよいよ完結編となります。

それでは映画紹介です。

 

映画『バックトゥザフューチャー3』は1990年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は118分。

監督はパート1・パート2に引き続きロバートゼメキス監督です。フォレストガンプ/一期一会』『キャストアウェイ』『ホワットライズビニーズ』『フライト』なども監督しています。

製作総指揮はティーヴンスピルバーグです。

 

出演は

マーティマクフライ・・・マイケルJフォックス

シェイマスマクフライ・・・マイケルJフォックス

エメットブラウン(ドク)・・・クリストファーロイド

ビュフォードマッドドッグタネン・・・トーマスFウィルソンン

ビフタネン・・・トーマスFウィルソンン

クララクレイトン・・・メアリースティーンバージェン

ギーマクフライ・・・リートンプソン

ロレインベインズマクフライ・・・リートンプソン

ジョージマクフライ・・・ジェフリーウェイスマン

ジェニファーパーカー・・・エリザベスシュー

ジェラルドストリックランド・・・ジェームズトールカン

リンダマクフライ・・・ウェンディジョースパーバー

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190730205549j:image

映画『バックトゥザフューチャー3』あらすじ

前作のラストで1955年に取り残されたマーティは1885年のドクから送られてきた手紙を受け取ると、この時代(1955年)のドクに会いに行きました。

過去に飛んだドクからの手紙によれば、ドクは1885年にタイムスリップしていて、デロリアンが故障してしまっていて、この時代では修理することができないので1955年の技術を使ってドクに修理を依頼してくれと書かれていました。デロリアンは1885年に飛んだドクがトンネルに隠したとのことで隠し場所も書いてありました。絶対に1885年には来ないようにと注意書きも書かれていました。

マーティとドク(1955年の)は手紙の指示通りにデロリアンが隠されているトンネルに行きデロリアンを発見します。デロリアンの修理は1955年では可能でした。マーティは近くにあった墓地でドクのお墓があるのを発見しました。ドクが死んでしまっている事を知ったマーティはドクを救う為にデロリアンで1885年にタイムスリップしました。

 マーティは1885年に到着するとデロリアンを洞穴の中へと隠しました。しかし故障により燃料が漏れてしまいます。

マーティはドクを救う為に先を急ぎますがインディアンに追われたりとトラブルが続き、マーティはピンチの連続となります。しかしマーティは何者かに助けられました。助けてくれたのはマーティの祖先であるシェイマスマクフライでした。マーティは無事にドクと再会を果たしドクがタネン(トーマスFウィルソン)に殺されることを告げますが、ドクはデロリアンの燃料がないことに気が付きます。しかし諦めることなく蒸気機関車デロリアンを押せばなんとかタイムスリップに必要なスピードを出せるのではないかと考えました。

その作戦を決行する場所を見に行ったドクとマーティは馬が暴れだし危険な状態に陥っているクララクレイトン(メアリースティーンバージェン)を見掛け、ドクはクララを助けました。ドクはなんとクララに恋をしてしまいます。

村では祭りが行われ、マーティとドクは祭りに参加しましたが、ドクは銃でタネンに襲われます。マーティが間一髪でドクを助けドクは死なずに済みました。しかし邪魔をされたタネンはマーティに目をつけます。相手にしなかったマーティでしたがタネンと決闘をすることになってしまいます。

ドクはクララとこの時代に残ろうかと真剣に考えていましたが、現代に戻ることに決めクララに別れを告げます。未来に戻るというドクの理由は当たり前にクララに理解してもらえませんでした。

ドクはお酒を飲んで忘れようとしますが長らくお酒を口にしていなったためすぐに悪酔いしてしまいました。ドクを探していたマーティが見つけますが、ドクはすっかり酔っぱらっていました。そこへタネンが現れ決闘の件を言ってきます。マーティはこっそり逃げようとしますがドクを人質に取られてしまい、仕方なくタネンの相手をします。マーティは話し合いを求めますがタネンはマーティに向けて銃を発砲しました。マーティは撃たれますが服の下に鉄板を忍ばせていたので、助かります。マーティはタネンを殴り倒しました。

 

作戦決行のドクとマーティは蒸気機関車を使い、デロリアンを押しだします。しかし突然クララが馬に乗って追いかけてきました。追いかけてきたクララの姿を見たドクはクララを連れて戻ることを決めます。しかし機関車から押しているデロリアンに乗り移る際にクララが落ちそうになってしまいます。マーティはすぐにホバーボートを渡し、ドクはクララを助けますが、デロリアンには乗り込むことができず、マーティだけを乗せてデロリアンはタイムスリップしてしまいました。

1985年に戻ってきたマーティ、デロリアンを降りると突然列車がデロリアンに衝突しデロリアンは木っ端みじんになってしまいました。デロリアンを失いドクに会う事が出来なくなったマーティは落ち込みます。しかし突然機関車が現れました。ドクとクララ、そして子供が2人乗っていました。

ドクは1885年の時代で蒸気機関車を改良してタイムマシンを作ったのでした。ドクとクララには2人の子供ができていました。ドクはマーティに声をかけ、そのまま走り去っていきました。

映画『バックトゥザフューチャー3』感想・評価

ついに完結してしまいました。バックトゥザフューチャーシリーズ。一気に三部作のレビューを書かせて頂きました。しかし、何が一番に言いたいかと言いますと・・・よくこんなお話思いつきますよね!!本当にまずはそれがすごすぎると思うのです。いい意味で子供の発想というか・・・もちろん脚本の練られた部分はクオリティ高くて大人のなせる業だと思うのですが、大元の発想は子供のような柔らかい発想ですよね。

そしてエンターテインメントって結局こういうことなんだなぁと思うのです。ワクワクドキドキって大人になればなるほど忘れていく場合がほとんどなわけで、それを失わなかった人たちがこういう映画を作れるのではないかと思います。そして映像化してしまう執念ですよね。本当に尊敬です。

終わり方はいろんな意見があると思います。続編を望んでいる声もネットでかなりあるみたいです。もちろん続編があったらあったで全然いいのですが、パート3の終わり方僕は全然嫌いじゃないです。何回観ても胸が熱くなります。こういった感情をいまでも与えてくれるバックトゥザフューチャーシリーズに感謝です。

おすすめです。ぜひ。

映画『バックトゥザフューチャー3』

ついに最後のアドベンチャー!!

                            M&O