THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『10日間で男を上手にフル方法』あらすじ・キャスト・感想 マシューマコノヒー・ケイトハドソン主演のコメディ映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『10日間で男を上手にフル方法』概要・キャスト

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『10日間で男を上手にフル方法』です。

この映画、M&Oとっても大好きなんです。こういったロマンティックコメディ映画を繰り返し観ることは滅多にないのですが、この映画はかなり繰り返し観ています。面白いんです。しかもいい意味で軽く観れる映画なのです。DVDを持っていた時はかなり観ていました、懐かしくもあります。

それでは映画紹介です。

 

映画『10日間で男を上手にフル方法は2003年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は116分。

監督はドナルドペトリ監督

キャストは

アンディアンダーソン・・・ケイトハドソン

ベンジャミンバリー・・・マシューマコノヒー

ミシェル・・・キャスリンハーン

ジャニーン・・・アニーパリッセ

トニー・・・アダムゴールドバーグ

セア・・・トーマスレノン

ジュディスピアーズ・・・マイケルミシェル

ジュディグリーン・・・シャロームハーロウ

ラナジャン・・・ビビニューワース

グレンダ・・・セリアウェストン

マーヴィンハムレッシュ(本人役)カメオ出演

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190727233239j:image

 映画『10日間で男を上手にフル方法』あらすじ

舞台はアメリカのニューヨーク。大人気の女性ファッション雑誌の記者アンディアンダーソン(ケイトハドソン)は悩んでいました。アンディが本当にやりたい仕事はファッションの仕事ではなく、もっと社会派な記事を書きたいと考えていました。大学でもジャーナリズムを専攻していたこともあり、いつかは自分も・・・と思いながら働いていました。

しかし会議で政治問題などの特集を組もうと提案しても編集長のラナジャン(ビビニューワース)に却下されてしまっていました。

ある会議の席で同僚のミシェル(キャスリンハーン)が彼氏にフラれてしまったことが話題になります。編集長のラナはミシェルの失恋談を記事にしてはどうかと提案します。

しかし実はミシェルは失恋したわけではなく、ただ会っていない時間が出来てしまっているだけでした。

アンディは男の嫌がることをしてフラれるという記事はどうかと斬新なアイディアを出します編集長のラナはこの提案を気に入り、タイトルを『10日間で男を上手にフル方法』に決めます。そしてアンディにその記事を書くように指示しました。記事を入れなければいけな期限が迫っているため、10日間という日数に設定したのでした。そしてこの企画を成功させたらアンディに好きな記事を書いていいと約束しました。

アンディがまずやらなければいけない事、それは男をフルためにまずは恋人を見つけることでした。もちろん本当に恋をする必要はありません。10日間でフルことが決まっているわけですから・・・。

その頃、広告代理店に勤めるバリバリの広告マン、ベンジャミンバリー(マシューマコノヒー)、ダイヤモンドの広告を当てようと考えていました。普段はスポーツやお酒関連の宣伝を担当していました。ベンは動き出していて宝石会社とも話を進め始めていました。しかし同僚のジュディスピアーズ(マイケルミシェル)とジュディグリーン(シャロームハーロウ)は違う広告を取り扱いたいと思っていて、社長に話を勧めようとするベンの邪魔をします。ジュディスピアーズとジュディグリーンはベンの邪魔をするために、女心のわからないベンにダイヤモンドの広告など取り扱えるわけがないと社長に話します。これ奮起したベンはジュディスピアーズとジュディグリーンが提案した賭けに乗ります。

賭けの内容は次に催される宝石パーティーまでにベンが恋人を作って連れてくること。そしてその女性は2人が指名した女性という内容です。2人が指名した女性、それはフルための男を探しているアンディでした。しかしこれは偶然ではなく、アンディが男をフル企画をしていることを知っていてアンディを指名したのでした。

アンディはアンディでフルための恋人探しに焦っていました。そこにベンが声を掛けてきたわけですから、アンディが乗らないはずがありません。盛り上がった2人はパーティー会場を後にしました。お互いの事情はもちろん知りません。

2人の思惑はまったくの逆で、ベンは10日後のパーティーに恋人を続けなければならない、アンディは10日間で上手に男をフラなければならないのです。

食事に行ったアンディとベンでしたが、アンディは意図的に行儀悪く食事をしました。
その後ベンの部屋へと行くアンディでしたが、アンディが軽い女をわざと演じて誘うのに対して、ベンは関係を続けたいために体の関係を急がないように振る舞い、その日は何事もなく別れます。
ここから2人の本格的な駆け引きがスタートし、お互いの事情を知らない同士のせめぎ合いが始まります。しかしお互いの心は変化していき、それでも目的を果たそうとするアンディとベンですが、人間はそんなに器用な生き物ではなく・・・
アンディとベンの運命の行方は・・・・。

 

映画『10日間で男を上手にフル方法』感想・評価

楽しく観れるんだけれども、胸が痛くなったり感動したりといろんな感情になれる映画です。ストーリーの発想が天才的だなと思います。そしていざ自分がこういった形で恋愛をしたとしたら間違いなく相手を好きになってしまいそうな気がします(笑)いいところもたくさん見つけてしまいそうですし。そんな事を考えながら観ても楽しいかもしれません。もちろん単純に映画自体おもしろいですが。

そしてこういう映画ってアメリカ映画だから成り立つような気がします。日本映画だとなんだかもっと重たい映画になってしまいそうな気がします。アメリカ映画ならではの軽やかさがある映画です。でもシリアスなところはシリアスになるのでより心にグッと来るんですよね。日本映画には日本映画の良さがあると思いますが、こういうところは真似できないなぁと感じます。国民性なのかしら。

楽しく観れて感動もできる映画です。おすすめです。是非。

映画『10日間で男を上手にフル方法

すべての女性を魅了する逆恋愛マニュアル

                          M&O