THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべきドラマ『Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』第3話あらすじ・キャスト・感想 石原さとみ主演!第3話のゲストは財前直見に鶴見慎吾に六平直政に鳥居みゆき

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ドラマ『Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』第3話 概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回の絶対観るべきドラマシリーズは『Heaven?~ご苦楽レストラン~』です。

今回はいよいよ第3話が放送されまして。楽しみにしているこのドラマ、リアルタイムでは観れませんでしたが、録画で観させて頂きました。

第2話のレビューはこちら

www.myprivatecomedy.net

いいですね~個人的にはかなりヒットしているドラマです。期待を裏切られることなく

楽しく鑑賞させて頂きました。

それではまずはドラマの概要から・・・。

 

ドラマ『Haeven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』は毎週火曜日夜10時から放送のTBSの火曜ドラマ枠で放送が開始したドラマです。

原作は1999年から2003年まで『週刊スピリッツ』で連載された佐々木倫子による同名漫画です。

石原さとみさんがフランスレストランのオーナー役を演じるドラマとなっていて、風変わりなレストランが物語の舞台となっています。

キャストは非常に豪華な顔ぶれが揃っています。

キャストは

黒須仮名子・・・石原さとみ

伊賀鑑・・・福士蒼汰

川合太一・・・志尊淳

鱸克雄・・・田口浩正

和田英代・・・内田慈

月川陽平・・・大重わたる

高遠大地・・・松本ししまる

堤計太郎・・・勝村政信

小枝繁・・・矢柴俊博

幹みのり・・・上田遥

紳士・・・舘ひろし

小澤幸應・・・段田安則

山縣重臣・・・岸部一徳

ほか。

第3話のゲストは財前直見鶴見辰吾鳥居みゆき六平直政など。

f:id:myprivatecomedy:20190718094654j:plainドラマ『Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』第3話あらすじ

仮名子(石原さとみ)がオーナーを務めるフレンチレストラン・ロワンディシーはミッドナイトランチが好評で予約も入り、飛び込みのお客で席も埋まるぐらいの大盛況となっていました。

伊賀観(福士蒼汰)の買い出しに仮名子が付き添っていた時のこと。一見買い出しに付き合っていると見せかけてた仮名子でしたが、実際は人気店のコロッケが食べたいだけで、並ぶのを伊賀に任せ自分は買い物へと行っていまいました。

伊賀は自由な仮名子の性格を自身の母に重ねていました。コロッケは売り切れてしまい伊賀は仮名子から怒られてしまいました。

ロワンディシーでは川合(志尊淳)が慣れない電話対応での予約を取り、トラブルとなっていました。予約を取った3組のお客の名前と人数と時間が同じなのでした。伊賀は電話で確認を取ろうとしますが、なんと川合は電話番号を聞いていませんでした。

途方にくれているところにさらに予約の電話が入ります。堤計太郎(勝村政信)が対応し、満席で予約が取れないことを伝えると、罵倒され最後にあんぽんたんと言われ電話を切られてしまいました。伊賀はこの『あんぽんたん』という単語を聞き表情を変えました。

天井が雨漏りしてしまい、またしても川合が余計なことをしてしまい、仮名子か水浸しになってしまいます。そんな仮名子を伊賀はなぜか店の奥へ引っ込ませようとします。

混雑するロワンディシーに1人の女性が入店し、勝手に仮名子の指定席に座ってしまいます。何が予約いっぱいよ、やっぱり席空いているじゃない!と言いながら我が物顔で座るその女性は、なんと伊賀の母・勝代(財前直見)でした。

電話を受けた堤はすぐに気付きます。そして仮名子の席に座っている勝代を見たら仮名子かキレると考えた一同は仮名子を店の奥になんとか引き止めようとします。

その日は雨が降っていました。お客が帰る時に事件が起きてしまいます。預かっている傘を取り違えて渡してしまったのです。しかし間違えてしまった夫婦で来ていたお客の傘で、亡くなった息子の形見の傘という特別なものでした。

伊賀は当日に来店したお客に電話で確認を取ろうとしますが、川合が電話番号を聞いていない事を思い出します。

勝代は食事を終えると、伊賀を連れて帰る、お世話になりましたと従業員に話します。みんなが驚いている中に仮名子がやってきました。対面した2人でしたが、のっけから不穏な空気が漂います。

傘を必死に探すロワンディシーの面々でしたが、探し当てる事は出来ませんでした。

すっかり勝代のペースに乗せられた伊賀はロワンディシーを休んで勝代と横浜にいました。

勝代が伊賀を長崎に連れ帰ろうとしていることを知った仮名子は伊賀を取り返すべく横浜に向かいます。

仮名子は奇跡的に伊賀と勝代を見つけ、食事を共にします。

仮名子は伊賀を連れて帰る事に猛反対しますが勝代も譲らず話はまとまりません。

伊賀の隣にいきなり仮名子の知らない男性が座っていて仮名子は驚きます。男性は伊賀の父親の静(鶴見辰吾)であり、勝代がロワンディシーに来た時も一緒にいたらしいのですが、存在感がなさすぎるため誰にも認識されていませんでした。

仮名子と伊賀一家はロワンディシーに戻ります。

みんなでなんとか解決しようと頭を悩ませているところに、傘を間違えて帰ってしまったお客がロワンディシーに入ってきました。

偶然にもそのお客は有名な映画監督で、仮名子の知り合いでした。

無事に傘は帰ってきましたが、伊賀を連れて帰ろうとすると勝代の問題は解決していません。

仮名子はうちの店には欠けていい人なんていないと勝代に告げます。

納得しない勝代でしたが、夫の静がたしなめてくれ、シャンパンで楽しい時間を過ごします。伊賀はロワンディシーに残ることが出来たのでした。

ドラマ『Heaven?(ヘブン)~ご苦楽レストラン~』第3話 感想・評価

相変わらずのブレない演出が楽しませてくれます。一見おバカあなことばかりやっているように感じるこのドラマですが、しっかりあったかい気持ちになるのがすごいんですよねぇ。今回も面白くもありほっこりするところもありといった感じでお腹いっぱいです。そしこのドラマは毎回ゲストも楽しみな感じになりそうです。財前直見さんに鶴見慎吾さんに六平直政さん、そして鳥居みゆきさんですからね。前回の石橋凌さんも本当にかっこよかったですし。

そういった部分も楽しみの一つになりました!勝村さんがもっと大活躍する回が個人的にはとっても楽しみです。好きな俳優さんなので。

第4話も楽しみ待ちたいと思います!

                           M&O