THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

『若者よ、選挙に行くな』の動画は強いメッセージを放っている

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

物議を醸した『若者よ、選挙に行くな』の動画

こんばんは、M&Oです。

今回は世間を少々賑わせていた『若者よ、選挙に行くな』の動画について書いていきたいと思います。

M&Oは政治に詳しくないと自覚していますし、基本的にそういったものは個人の自由でとやかく言うことではないと思っているので、今までこのブログで一回も政治的な事は書いてきたことがありません。これからも書くつもりもありません。そもそもエンターテインメントに関して書くブログとして運営しているので書く必要もないのですが・・・。ただエンターテインメントも政治と関わりがあると言えばあるのでなんとも言えないところではありますが、僕は政治的なことは書いていないのです。興味がまったくないというわけではもちろんありませんが、自分の政治に対する考えを書く必要はないかしらと思っています。

なぜこんな前置きを書かせて頂いているかと言いますと、今回の書かせて頂く動画が選挙に関することだからでして。まさに本日選挙当日で、テレビは今選挙特番一色になっているわけです。そしてこの選挙の動画で『若者よ、選挙に行くな』という動画が話題になていまして、M&Oも観てみたわけですが、率直な感想として『う~ん、すごいな。』という感想を持ったので、今回はそのことについて個人的な感想を書かせて頂こうと思います。

この動画、もう皆さんご覧になられましたでしょうか?観ていない人もきっと多くいらっしゃると思いますので、気になった方は『若者よ、選挙に行くな』とググればすぐに動画も出てきますので良かったら見てみてください。

動画の目的としては、若者の選挙の投票率を上げる目的で作られた動画だと思うのですが、個人的にはものすごく強いメッセージ性を秘めていると感じたのです。

観て頂いた方々はすでにご存じと思いますが、内容としては高齢者の方々が『若者よ、選挙に行くな』というメッセージを放っている動画なのですが、高齢者の方々の言い分、メリットを言っている動画なのです。年金問題や医療費のことも含めて、これから先のことなんかどうでもいい、今が良ければいいじゃないというようなことを発言していて、変に今の状況を変える必要なんてまったくない、現状維持で十分、だって先の事なんて自分たちには関係ないものと言っている動画なのですが、最初観た時は『なんだこれ?』となったのですが、すぐに『ああ、なるほど。』と思いました。

つまりこの『若者よ、選挙に行くな』の動画は、裏を返せば『若者よ、何もしなければ何も変わらないぞ。そしてこの先どうなるか他人任せでいいのかい?』というメッセージなんですよね。確かに高齢者の方が選挙に投票に行く割合は多いと聞きます。当たり前ですが高齢者に優しい方針を掲げている人たちを応援するわけです。中にはこれからの日本を憂いて、先々を考えている人ももちろんいらっしゃると思いますが、個人的にはそんなに多くはないんじゃないかなぁと思います。ちなみにお恥ずかしながらM&Oはそういった方針を掲げているのがどの人たちなのかは全然存じ上げていません。なので今回書いていることに政治的な思想はまったく入っていません。くどいですがあくまで動画のすごさについて書いています。

f:id:myprivatecomedy:20190721211151j:image

『選挙に行こう!』『選挙に行きましょう』という言葉より格段にメッセージ性があると思う

この『若者よ、選挙に行くな』の動画はあまりいい顔をしない人たちもいたようで、そういった意味でもテレビで取り上げられていたようです。M&Oは実は取り上げていたテレビのニュースなどは観ていませんが・・・。録画しているダウンタウンの番組とドラマしかテレビ見ないので。。。

一体どこにいい顔をしない要因があるのだろうと首を傾げてしまいます。逆の言い回しのせいで誤解を招く可能性があるとかそんな感じでしょうか?メッセージ性が強すぎるとかそういう意味ですかね。それともどこかの政党に偏っている動画だったとかそんな感じでしょうか?真意はわからないのですが、若者に投票に行かせる術としてはこの動画は稀有な動画だと思いますし、インパクトもあっていいんじゃいかと思ってしまうのですが。そしてこれまで散々『選挙に行こう』的なことは言ってきたわけですが、それでも足りていない、伸び悩んでいる状態ならば、新しい手段で興味を持たせるというのは全然悪い事じゃないと思います。

要するに『若者に危機感を持たせる』事で投票に足を運ばせることが目的だと思うのですが、危機感を持った若者も少なからずいたんじゃないでしょうか?僕は正直動画考えた人すごいなぁぐらいに留まってしまっていますが、これをきっかけに考え方が変わった人もいるのではないかと思います。個人的にはセンスがあるなぁと感じましたし、新しい事をしようとしている感も好きでした。クオリティがもっと高ければいいなという点と、もうちょっと演技の上手い出演者を使ってほしかったとは思いますが(笑)

そういえば昔ワイドナショーでどこかの国の選挙の宣伝がヒーローもののアニメーションで、それも斬新で面白いなぁと思いました。そこの国かは忘れてしまいましたが・・・。

                               M&O