THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

ロンブー田村亮の誠実さとダウンタウン松本人志の行動に感動した一連の騒動

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ロンドンブーツ1号2号田村亮人間性がよく伝わった謝罪会見

こんばんは、M&Oです。

今回は先日も書かせて頂いた反社会勢力とお笑い芸人の闇営業問題による金銭の受け取りの騒動について、会見を見て思ったことを書かせて頂きたいと思います。

昨日書かせて頂いた記事はこちらでして

www.myprivatecomedy.net

この記事は下書きを早い段階で書いていて、あとは仕上げしてアップするだけという状態で、予定があったのでその予定をこなしていたのですが、合間にスマホを見ていたらなんと雨上がり決死隊宮迫博之氏とロンドンブーツ1号2号田村亮さんが会見を開くとのことでかなり仰天したのです。

なので昨日アップした記事は会見をしっかり観る前に書いた記事でしたので、今回は会見を見て思った事感じたことを書いていきたいと思います。

ほとんどの方がこの会見の様子をテレビなりネットなりでご覧になられていると思います。そして様々な意見があるかと思います。宮迫博之氏と田村亮氏を擁護する声もあれば、吉本興業を批判する声、そして元々は・・・ということでやはり2人を批判する声、様々あるかと思います。M&Oとしても一つの意見だけでなくいろんな思いが生まれてきているのですが、会見の内容が想像以上にすごいものだったので最初は驚きのほうが大きかったです。

中でも吉本興業の岡本社長の発言には目を丸くしてしまいました。田村亮さんが一人ででも会見を開きたいという言ったことに対して、全員クビにする。俺にはその権利がある。とう言葉を言ったことに対しては驚くと同時にこのご時世になんて軽率な発言をするのだろうと思いました。テープ回してへんやろな?にももちろん驚きましたが。ただこれに関しては逆に時代に合っている発言ではあると思いましたが・・・。

日岡本社長が会見を開くとのことなので、発言の真意に関してはその会見で質問も飛ぶと思いますので、確証がない今の時点では触れないでいようと思います。あの状況で宮迫博之氏と田村亮氏が嘘をつくとは到底考えられないですが・・・。

この会見の中でお2人は真摯に事の次第を話し、質問に答えていて、多くの人がお2人を擁護する意見を発信しています。確かに内容を聞いていると事の発端はお2人に非ももちろんあるものの、反省して自分たちがしたことを公にしたいという気持ちも伝わりました。やり直すチャンスは与えられるべきだと思います。ただ最初に吉本興業に対して金銭の受け取りはなかったと嘘をついていたことはよろしくなかったと思いますし、それを信じて対処していたのに覆された吉本興業側も大変だったことは間違いないと思います。その後の対処に関しては正直『う~ん・・・』となってしまいましたが。

あと宮迫博之氏が闇営業でもらってギャラは打ち上げ代に使ったとのことだったので、打ち上げ代を出してもらったという認識だったと言っていたと思うのですが、後々田村亮氏からおつりを受け取っていたと指摘されたと話していましたが、この『おつりの金額』に言及していないのもどうかと思いました。金額の問題ではないのかもしれませんが、100万円を打ち上げ代で使うなんてちょっと考えられないし、居酒屋とかで打ち上げを行っていたとしたらかなりの金額がおつりとして余っていたんじゃないのかと思ってしまいます。そしてその金額を覚えていない、おつりをもらったことも覚えていないということは、そういうことが珍しい事じゃなかったのかもしれないなと感じてしまいました。逆に田村亮さんは50万円とすぐに即答していたようですし・・・。今回の2人の会見を見ていてそんなことを思ってしまいました。

ただ田村亮さんの誠実さには心打たれたのは事実で、そしてこの問題に知らんぷりをしない後輩想いの松本人志さんの行動にも感動しました。

f:id:myprivatecomedy:20190721183626j:image

ロンブー田村亮松本人志・お笑い芸人のコンビの絆に感動

ロンドンブーツ1号2号田村亮さんに関しては、以前から正直で嘘をつけない人、いい意味で非常に不器用な人という印象を持っていました。

そして今回の会見で話していた一連の流れを聞いて、誰よりも早く会見をしたいという保身に走らない姿を目の当たりにして、『この人ってやっぱりこういう人なんだなぁ』と感動してしまいました。個人的な勝手な想像ですが、闇営業も呼ばれて断れなかっただけなんじゃないかなと思ってしまったぐらい、私利私欲で動いていない人という印象なのです。自分の嘘を擁護してくれている周囲の人間に対して罪の意識を感じてしまい耐えられなかったとのことでしたが、自分はどうなってもいいからという行動はなかなか起こせないものだと思います。さらに相方の田村淳さんに対する思いも感動させられました。そして敦さんも、会見後に田村亮さんの行動に対してコメントを出していてこれにもまた感動してしまいました。昔から田村亮さんを知っている田村淳さんからしたら、嘘を言うような人間じゃなかた田村亮さんがああいった行動をとってしまったことがショックだったのだと思いますし、正直に話して自分の知っている田村亮さんが戻っていてくれたことが嬉しく、そして安心したのだと思いました。相方である田村亮という人間を大切にしている感じがすごく伝わってきました。雨上がり決死隊の蛍原さんも、大変な中で宮迫博之氏を思いやる言葉を掛けていたみたいで、改めてお笑い芸人のコンビの絆ってすごいなぁと思い知らされました。

そして松本人志さんの行動力にも感動してしまいました。多忙の中で岡本社長と大崎会長と話してきたようで、自分の意見もしっかり伝えてきたと話していて、しかも自分は上の人間と話がしやすいから、言いづらいことがあれば言ってほしいと話していて、そのほかにも後輩芸人を思いやるコメントがいくつもありました。

大崎会長は松本人志さんにとってずっと一緒にやってきた兄のような存在であり、岡本社長も昔ダウンタウンのマネージャーを務めていたこともある人なわけで。そういう関係性も大切にしながら、そして活かしながら自分にできる最大限のことをやってくれているように感じます。

ワイドナショーが突然生放送に切り替わったのも松本人志さんの『自分にできることをやる』という優しさの表れだと思います。

ワイドナショーを見て感じたことは、後ほど書かせて頂きます。

今回は宮迫博之氏と田村亮氏の会見を見て個人的に感じたことを書かせて頂きました。

                             M&O