THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

レオナルドディカプリオが『タイタニック』のあのシーンに言及したのが微笑ましい

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

大ヒット映画『タイタニック』において物議を醸していたあのシーン

こんばんは、M&Oです。

今回は映画『タイタニック』の物議を醸していたシーンについて書いていきたいと思います。

この話が出たのはレオの新作映画『ワンスアポンアタイムインハリウッド』のインタビューでした。ちなみにこの映画もめちゃくちゃ楽しみです。

共演のブラッドピットとマーゴットロビーと共にMTVニュースのインタビューに応じたレオナルドディカプリオ。

その中で課題が出たとのことですが、どんなシーンかと言いますと、

タイタニックが沈没した後に、ケイトウィンスレット演じるローズが浮遊していたドアの上に乗り、レオナルドディカプリオ演じるジャックが海水に浸かりながら、ローズをなんとか生かそうと勇気づけているシーンです。結局ジャックは極寒の水面に浸かっていた為体温を奪われ命を落としてしまうのですが、あまりの感動の為に少なくとも日本では当時このシーンにツッコミを入れる声はM&Oの耳には入ってきていなかったのですが、心の中で思っていた人はきっといたのではないかと思います。細かいところや矛盾点が気になってしまう人ってやはりいらっしゃると思いますので。

そしてこのシーンのどこか矛盾点かと言いますと、ローズが乗っているタイタニック号が破損し流れていたドアの大きさがなかなかに大きいのです(笑)僕は正直気になっていなかったのですが、言われてみると確かにそんな気がします。シングルベッドぐらいの大きさはあったのではないかと。つまりローズだけでなくジャックも乗れたのではないかというツッコミなのです。ドアに乗っていたローズは助かったわけなので、ジャックもドアに乗っていれば命を落とさずに済んだのではないかと。確かに・・・。しかも素人意見ですが、人間が密着していたら体温もさらに保てそうな気すらします。

誤解されたくないので書いておきますが、僕はレオナルドディカプリオが昔から大好きです。そして『タイタニック』もとっても素晴らしい映画だと思っています。そしてさらに言うなら矛盾点などツッコミどころ満載の映画は他にもたくさんあります。なのでこれは1つの微笑ましい話しだと思って書いています。

そしてこの事を突っ込まれたレオナルドディカプリオが『ノーコメントで』と言っていたのがまた面白くて(笑)ブラッドピットが『どうなの?乗れたの?』と質問したのですが、これに対しても『ノーコメントで』とノーコメントを貫いたレオに爆笑だったようです。

なんとも微笑ましい話しですよね。そしてM&Oからするとブラッドピットとレオナルドディカプリオが楽しくおしゃべりをしている事自体がテンション上がってしまうのです。黄色い声援を飛ばしたくなってしまうのです。

ところで、この『タイタニック』の話題のシーンですが、アメリカでは結構昔から話題だったのかな?と思う事が実はありまして。

f:id:myprivatecomedy:20190719143116j:image

映画の中でジムキャリーも言っていたタイタニックの矛盾点

大変申し訳ないのですが、なんの映画だったかは覚えたいないのですが、たぶん『ブルースオールマイティ』だったと思うのですが、ジムキャリーが映画の中でこの『タイタニック』のシーンの話をしていました。ただ劇中でジムキャリーが言っていたのは『ジャックもローズと一緒にドアの上に乗れたのではないか?』ということではなく、『ジャックとローズ、替わりばんこにドアの上に乗ったら2人とも助かったのではないか?』という事だったと記憶しています。

この映画を観た時にM&Oは初めて『なるほどー!』と思ったのです。ただ前述したように映画というものはツッコミができるシーンが存在しても仕方ないものだと思っているので、特にそこまで気にすることもなく『やっぱりジムキャリーは面白いなぁ!』ぐらいで聞き流し(見流し?)していました。そんな感じだったので特にそのシーンについてネットで調べたりとか全然してなかったのですが、調べてみたらめちゃくちゃ載ってますね(笑)実験している感じの画像まで出てきました(笑)

そんなに大した問題ではないと思うのですが、こういう風に突っ込まれるというのはそれだけ『タイタニック』がすごい映画という事だと思います。公開当時も映画館がとんでもないことになっていましたが、今でも語り継がれている映画なわけで。少し前に国内最終上映という事でまた話題になっていましたね。レオナルドディカプリオの名前を聞くと『タイタニック』を思い浮かべる人が非常に多いのではないでしょうか。M&Oはレオナルドディカプリオと言えば『バスケットボールダイアリーズ』か『太陽と月に背いて』ですが。LD(レーザーディスク)も持ってますから!LDプレーヤーを持ってたことないのにLD持ってますから!それぐらい好きなのです。

話が逸れてしまいました。

今回レオナルドディカプリオが『タイタニック』のあのシーンについて『ノーコメントで』と言っていたのがあまりにも可愛くて記事を書かせて頂きました。

しかし・・・『ワンスアポンアタイムインハリウッド』、本当に楽しみです!!

久しぶりに『タイタニック』観ようかな。

                          M&O