THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

俳優の泣く演技ってどうやるの??泣きたい時に泣く方法とは?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優の泣く演技ってどうやるの?泣きたい時に泣く方法とは?

こんばんは、M&Oです。

今回は『俳優の泣く演技』について書いていきたいと思います。

映画やドラマ、舞台やミュージカルで俳優が泣いているシーンをよく見かけると思いますが、多くの人が俳優ってどうして自由自在に泣けるんだろうと疑問に思っている人も多くいらっしゃるのではないかと思います。

M&O自身も役者業をスタートする前はなかなかに疑問でした。ただ観ている分には不思議とそんなに難しい事じゃなさそうだなぁなんてことも漠然と思っていまして。そして役者を始めてからは『泣くシーン』に当然のように出くわし、撮影中に何度も泣いてきました。舞台でもありました。

では俳優がどのようにして『泣くシーン』に臨んでいるのか、自分なりの未熟な考察ですが書いていきたいと思います。

まず、この『泣く演技』というものに関しては、アプローチの仕方が俳優によって全然違います。教科書があって『このやり方!』というものを行えば必ず泣けるというものではもちろんありません。だからこそちょっと難しい作業になってしまうのですが。

間違いなく一番いいのは、役柄に入り込んで感情が自然と動いて勝手に泣いてしまったという形だと思います。本来この形を目指すべきだとは思うのですが、これがなかなかに難しいのです。撮影ではカット割りなどもあってその泣くシーンを通して撮るというわけではないので、感情を持続できなかったり盛り上がってきてそのまま撮りきってもらうというわけではないので、集中力も必要になりますし瞬発力も必要になります。感情を解放させることができるかもかなり重要な要素になるのですが、まずここで躓く人がとっても多い気がします。子役の子が泣く演技を容易に行ってしまうことが多いのは、感情の開放が大人よりも得意という事が大きいと思います。普段の生活で『泣く』という行為は大人になればなるほど少なくなってきますし、また大人なのにすぐ泣くというのは良くないこととして世間でも思われています。確かに仕事中に頻繁に泣いていたら仕事になりませんし・・・。そういったことから大人になると感情の解放をどんどんしなくなっているので、意識したり訓練したりしていないと演技の時も感情の開放が難しくなってしまうのです。そういうこともあり演技のワークショップでは感情の解放の訓練を行うところが多いですし、わざと恥ずかしいことを大勢の前で行うという事もやったりします。恥を捨てされ!みたいな感じで。

そして泣くシーンは、『泣こう!』とか『泣かなきゃ!』と思うとまず泣けません。普段の生活で泣いてしまう前に『泣こう!』と思っている人ってたぶん滅多にいないと思うのですが同じことです。M&Oも役者時代に泣こう泣こうと思って泣けたことは一度もありませんでした。さらに『泣かなければいけない!』という妙な強迫観念に襲われてしまうと、演じている役柄の感情なんてもうどっかにいってしまっているわけですから泣けるはずがありません。

ただ人によっては役柄やストーリーなど一切を排除して、自分自身のプライベートなことを思い出したり想像したりして泣く人もいます。自分の両親が亡くなってしまったことを想像したり、飼っていたペットが亡くなってしまった時のことを思い出したりなどするそうです。ちなみに僕はこのやり方はチャレンジしたことはありましたが全然だめでした。

涙を出すという行為だけならまばたきを我慢したりして涙を出すことは結構簡単にできます。しかしこれははっきり言って見ていてわかってしまいます。一目瞭然です。ドラマや映画を観ていてもこの方法はすぐにわかってしまうので、いいやり方ではないと思います。

永瀬正敏さんが巨匠・山田洋次監督の『息子』という映画に出演した際に、山田監督から『涙を流そうとしないでいいですからね。心で泣いてくれれば観客には伝わります。女優さんでボロボロ涙を流す人がいたりするけど、あれは涙腺が緩いだけですから』と言われたそうです。僕はこの話を知った時に『さすが山田洋次監督だなぁ』と感嘆してしまいました。画的にはやはり涙を流している画が欲しいと思ってしまうのが普通だと思うのです。わかりやすいですし。でもそういうことではないという山田洋次監督の演出、本当にすごいなと思いました。そして永瀬正敏さんはこの映画で日本アカデミー賞を受賞しました。

f:id:myprivatecomedy:20190719122716j:image

 泣く演技のコツとは・・・

M&Oの思う泣く演技のコツ、それはですね・・・

 

集中力といかにリラックスするかです!!

あくまで個人的な意見ですが、もうこれに尽きると思っています。集中する対象はもちろん『泣く』という行為ではありません。演じている今に集中するということです。

『泣こう!』とか『泣かなきゃ!』と思う隙間なんてないほどに集中する、これに尽きると思います。そして集中力を発揮するためには完全にリラックスする必要があるわけです。『あ~次泣かなきゃいけないシーンだ~』なんて考えていたらリラックスも集中のどちらもきっとできないでしょう。台本にはきっとそう書かれているかもしれませんが、気にせず臨むことができればそれが最強だと思います。

M&Oは舞台の出演中に、むしろ泣いてはいけないシーンなのにどうしても泣いてしまうシーンがありました。逆に演出家から『泣くな!』と怒られていたのですが、そういう形がベストなんじゃないかと思います。その時は役柄的にダメでしたが(笑)

皆さんもきっとドラマや映画を観ていて、俳優が泣くシーンがある時はいろんなことを感じていると思いますが、観ている人に伝わればどんな形でも成立していると僕は思っています。涙を流すかどうかはあまり大した問題ではないと思っています。

 

www.myprivatecomedy.net

                               M&O