THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

パンクロックバンド『ゼリ→ 』が待望の復活もユータロー(YUTARO)がいないんじゃあ・・・

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

清春プロデュースでデビューしたパンクロックバンド『ゼリ→

こんばんは、M&Oです。

今回はご存知の方がどれぐらいいらっしゃるかわからないので、需要がどれほどあるかわかりませんが、一世を風靡したパンクロックバンド『ゼリ→ 』について書いていきたいと思います。

この『ゼリ→ 』というバンド、現在は惜しまれながら解散をしているのですが、なんと復活を果たすというネットニュースが流れてきました。twitterでの反応もかなり多く『ゼリ→ の事好きな人って未だにこんなにいるんだ』と正直驚いてしまいました。

M&Oがなぜ『ゼリ→ 』というバンドの復活の記事を書こうと思ったかと言いますと、M&Oはかなりのゼリ→ ファンだったのです。元々黒夢のファンだった僕は清春さんがプロデュースするという事ですぐにこのゼリ→ というバンドに興味を持ちました。まだメジャーデビューをする前からライブにも足を運んでいて、お客が1列目にしかいないぐらい人気のない時から観に行っていました。

インディーズで出したシングル『ROCKER』もとてもかっこよく、もっと言うとその前にカセットテープで発表した曲もすでにかっこいいのですが、その曲はコンドーム付きという形で発売されていました。常にファンを驚かせ続けている清春さんらしい斬新なアイディアだなと思ったものです。

そしてライブでの動員を増やしていったゼリ→ はいよいよ『おもちゃのピストル』でメジャーデビューを果たします。

少し『ゼリ→ 』というバンドの概要を書きます。

f:id:myprivatecomedy:20190717215819j:image

ゼリ→ 』とはどんなバンドだったか

ゼリ→

ヤフミ(ボーカル)

カズキ(ギター)

ユータロー (ベース)

コーヘイ(ドラマ)

の4人からなるパンクロックバンドです。

名古屋を拠点に活動していましたが、清春との出会いをきっかけに東京に拠点を移しました。インディーズで活動の後に東芝EMIからシングル『おもちゃのピストル』でメジャーデビュー。ゴリゴリのパンクファッションに身を包み、このシングルのジャケットやポスターは全裸で4人が映っているもので、さらにプロデュースした清春の『しまった!デビューさせちまった』という付きで、世間に大きなインパクトを与えました。

『おもちゃのピストル』以降も『光を放つように』などその後のシングルもチャートを賑わせました。ファーストアルバム『RODEO GANG』もヒットしました。多くのライブと音楽番組などにも出演して知名度と人気を上げていきました。

後にレーベルを移籍して清春の元を離れて活動をし、さらに後には自分たちでレーベルを立ち上げて活動。地道な活動の結果、再びのメジャー再デビューを目前に控えながらメンバーの起こした事件により活動停止を余儀なくされました。

その後ドラム以外のメンバーは他のメンバーを加え新バンドを結成しますが、ベースのユータロー が脱退。

ユータロー は清春率いるバンド・SADSにサポートベースとして参加。また自身のレーベルで様々なアーティストを抱え、MVを監督したり洋服のデザインもしたりと多彩な活動で注目を集めています。

f:id:myprivatecomedy:20190717215848j:image

ロックバンド・ゼリ→ の魅力

ゼリ→ のファンの多くは、ヤフミの書く歌詞に惹かれていた人が多かったのではないかと思います。M&Oもボーカルヤフミの書く歌詞にはとても惹かれていました。初期の頃は青臭くもあり尖ってもいて、反抗する中に優しさも含まれている歌詞で、聴く者に勇気を与えてくれていました。メッセージ性も強いのですが、物語的なものもあり、かなり秀逸な歌詞を書いていたと今でも思います。

そしてギターのカズキ、ベースのユータロー 、ドラマのコーヘイ達が作り出す疾走感とらグルーヴ感もとてもかっこよく、男性にも女性にも人気のあるバンドといった感じでした。

個人的にはベースのユータロー がとても好きでした。絶対媚びない感じの人で、しかも弾くベースラインもめちゃくちゃカッコいいんです。さらにステージじゃでのアクションもカッコよくて、もうとにかくかっこいいんです。語彙力なさすぎでごめんなさい(笑)でもカッコいいとし言いようがない・・・。ユータロー がSADSに加入するって聞いた時は衝撃と共にものすごく嬉しい感情になりました。清春とユータロー が共演するってゼリ→ の初期から観ていた僕からしたら夢のような出来事なのです。

 

そしてそんなゼリ→ が期間限定ではあるものの復活を果たすという情報がM&Oの耳に飛び込んできたのです。さすがにその情報を見た瞬間は身震いしてしまいました。しかしゼリ→ のホームページを詳しく見てみると、どうやらボーカルのヤフミのみでゼリ→ をやる感じなのです。ドラムは仕方ないにしてもカズキとユータロー はきっといると思い込んでいたので、いない事に衝撃を受けました。いや、いるかどうか確信的なことはわからないのですが、twitterでユータローさんが『この件に俺は無関係です』的なことをおっしゃられていたので、『ユータローいないのか・・・』と思い正直一気にテンションが下がってしまいました。それでもゼリ→の復活を喜んでいるファン方々はたくさんいらっしゃるようですし、僕ももちろん気持ちはわかります。まさに青春時代を共に生きたバンドなので嬉しくないはずがありません。

でも・・・僕はユータローにいて欲しかったのが本音です。そしてベストアルバムも発売されるようですが、ベースを弾いてるのがユータローでないならば購入はいいかなぁと正直思っています。

ヤフミももちろん好きだし魅力的なのですが・・・。

ユータロー出てくれないかなぁ。。。

                          M&O