THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『サンブンノイチ』あらすじ・キャスト・感想 藤原竜也・窪塚洋介・田中聖・小杉竜一出演の品川ヒロシ監督作品

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『サンブンノイチ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『サンブンノイチ』です。

サンブンノイチと聞くと昔にヒットした楽曲『1/3の純情な感情』を思い出してしまうのは僕だけだろうか・・・。

もちろん映画はこの楽曲とはまったく無関係です。わざわざ言わなくていいですね。

お笑い芸人の品川庄司品川祐がメガホンを取っている映画です。映画監督の時の名義は『品川ヒロシ』で活動しています。

主演に藤原竜也を迎え、窪塚洋介らも出演する豪華キャストとなっています。

それでは映画紹介です。

 

映画『サンブンノイチ』は2014年に公開された日本映画です。

上映時間は120分。

原作は木下半太による同名小説。脚本は品川ヒロシが手掛けています。

監督はお笑い芸人品川庄司品川ヒロシ監督

 

出演は

清原修造・・・藤原竜也

小島一徳・・・田中聖

金森健・・・小杉竜一(ブラックマヨネーズ)

茉莉亜・・・中島美嘉

元キャバ嬢・・・壇蜜

尾形・・・赤羽健一(ジューシーズ)

ボディガード・・・レイザーラモンHG

演出家・・・ぼんちおさむ(ザ・ぼんち)

ハニーバニー元店長・・・河本準一(次長課長)

チンピラ客・・・松田大輔(東京ダイナマイト)

男優・・・庄司智春(品川庄司)

男優・・・ワッキー(ペナルティ)

若槻・・・木村了

哀川翔・・・哀川翔

破魔翔・・・窪塚洋介

渋柿多見子・・・池畑慎之介

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190716235104j:image

映画『サンブンノイチ』あらすじ

川崎にあるキャバクラ『ハニーバニー』の雇われ店長の清原修造(藤原竜也)はハニーバニーのボーイである小島一徳(田中聖)と、ハニーバニーの常連であり焼き肉屋チェーンの社長である金森健(小杉竜一)と共に銀行強盗を決行し、成功しました。

奪った金額はもちろんかなりの大金です。3人は取り分を1/3に分ける話をしていましたが、運転手だけを務めた小島が1/3をもらうのはおかしいといざこざが始まってしまいます。銀行強盗に入って危険を冒した清原と金森が小島より多くもらうべきと金森が言い出します。金森の案は清原と金森が4割をもらい、運転手だけを務めた小島は2割が妥当だと提案しました。

しかし金森は清原が席を外したすきに、この提案は元々清原は言い出したことだと小島に言います。それを聞いた小島は金森に清原を殺して奪ったお金を2人で山分けしようと提案しました。小島は清原を殺害するための銃を入手するためにその場を去りました。小島が出て行った理由を知った清原は、自分は1割でいい、小島に8割を渡すと言います。戻ってきた小島はその提案に納得し、今度は小島が持ってきた拳銃の処分を頼まれた金森が出ていきました。

しかし実はすべては清原と小島の打ち合わせ通りで、金森を騙して金森の取り分を減らす目論見でした。

しかし金森はこの話を盗み聞きしていたボーイの尾形(赤羽健一)をナイフで脅しますが誤って刺してしまい、殺害してしまいます。

救急車を呼んで銃で脅して救急車を奪って逃げようと提案する清原。金森はとりあえずお金を分けようと奪ってきた大金が入っているはずのバッグを開けますが、バッグの中には新聞紙の束が入っていお金は消えていました。一体誰の仕業なのか・・・3人は揉め始めますが、銃を持っていた金森が清原と小島に向かって銃を発砲します。

事の発端は清原が競馬で負けて店の売上金で一勝負しようとしたことでした。しかし競馬場で売上金が入ったバッグを盗まれてしまい、命の危険を感じたのが発端でした。というのもハニーバニーのオーナーである破魔翔(窪塚洋介)はとんでもなく危険な男で、店の売上金に手を付けた清原が命を奪われる可能性が大いにあったのです。

そんな清原にハニーバニーのナンバーワンキャバ嬢である茉莉亜(中島美嘉)が銀行強盗を提案したのです。

茉莉亜は実はあることでオーナーの破魔翔に脅され、銀行強盗をして金を持ってくるように脅されていました。しかしどうすることもできずにいたため、大金が必要になった清原に銀行強盗を持ちかけたのでした。清原は危険な銀行強盗の提案に乗ったのは自分がかなりまずいことになっていたからでした。清原は店の売上金をなんとかごまかそうと借りてはいけない相手から金を借りていたのです。借りた相手は魔女と呼ばれる金貸し渋柿多見子(池畑慎之介)でした。渋柿はとんでもない人間で金を返さなければどんな目に遭うか想像もできないほどのサディスティックな人間なのです。清原は銀行強盗をするしかなかったのです。

銀行強盗をすることを知っていた破魔翔は茉莉亜と3人が揉める様子を見ていました。そこへ突然渋柿が大金を奪おうと乗り込んできました。

しかしビルは突然大爆発を起こし、あたりは炎に包まれました。

実はすべては3人の計画通りで、爆発ももちろん3人が仕掛けたものでした。脱出する3人を死に物狂いで追いかける渋柿でしたが、破魔翔の運転する車に轢かれてしまいます。破魔翔の追跡からも逃れた3人は金森の自宅に辿り着きます。計画通りに行ったことを喜びこれからの事を話して盛り上がっているところにいきなり破魔翔がやってきます。破魔翔はこのお金で何か仕事をしようと3人に提案しますが、3人はこのお金で今度こそちゃんと生きたいんだと破魔翔に告げます。破魔翔はお前らは銀行強盗だぞ、まともな人生なんて送れるわけがないと3人に言い捨て、3人は沈黙してしまいました・・・。

映画『サンブンノイチ』感想・評価

我ながらかなりわかりづらいあらすじを書いてしまいました。いいわけですが時系列が単純に描かれていない映画なのでわかりやすく書くのがちょっと困難でした・・・。

しかし、映画自体はそれだけ目が離せないストーリー展開で楽しめる内容になっていると思います。藤原竜也さん、窪塚洋介さん、そして田中聖さんが個人的に突出して良かったと思いました。窪塚洋介さんはこういうクレイジーな役も違和感なく演じてしまうので本当に幅広いなと思いますし、自分自身のまとっているオーラをうまく利用している感じも本当にすごいなと思います。劇中の破魔翔怖いですもん、普通に。

藤原竜也さんももちろん安定の素晴らしさですし、田中聖さんはお芝居にすごい瞬発力を感じられて良かったです。小杉竜一さんも悪くはないのですが他にもいたんじゃないかなぁと思ってしまったのが正直な気持ちです。中島美嘉さんはドラマ『流星の絆』でも思っていたのですが、元々アーティストの方というのをなしで考えるとどうなんだろうと正直思ってしまいますがキャラを活かしている演技ということなのでしょうか。存在感は稀有なものも持っている人だと思います。

品川ヒロシ監督の映画は面白い映画が多い印象ですが、この作品も僕は楽しめました。一度は観てみて欲しい映画です。良かったらぜひ。

                                M&O