THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

ドラマ『あなたの番です』の横浜流星のアクションがすさまじかった

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

日本テレビドラマ『あなたの番ですー反撃編ー』第13話での横浜流星

こんばんは、M&Oです。

今回は日本テレビドラマ『あなたの番ですー反撃編ー』第13話の印象に残った”ある事”について書いていきたいと思います。

こちらのドラマ、毎週日曜日夜10時30分から放送しているドラマなのですが、かなり人気が高いようで視聴率もいいという話しを聞いています。M&Oの好きな安藤政信さんも出演されていて、他にも片桐仁さんや田中圭さん、原田知世さん、西野七瀬さんや徳井優さんに袴田吉彦さん、竹中直人さん、生瀬勝久さん、そして田中哲司さんなどなど、とにかく個性的で豪華なメンバーが出演されていて、また演出も面白いので人気あるのも頷けますし、M&O自身も楽しませて頂いています。

そして先日放送された第13話ですが、かなり驚かされたシーンがありまして・・・ご覧になられた方も多いと思いますが、横浜流星さんのアクションシーンが大袈裟でも何でもなくかなりとんでもなかったのです。

ネットでも『横浜流星 回し蹴り』みたいな形でかなり拡散されていて、「どんなもんや」と思っているドラマを観ていない方々もいらっしゃるかもしれませんが、実際観た感想を言いますと、本当にとんでもないと思いましたし、素直に心から『この人すげー!!』と思わされました。なんだかもう笑っちゃうぐらいすごいんです(笑)

f:id:myprivatecomedy:20190716192348j:image

横浜流星の空手のレベルがとてつもない

恥ずかしながらM&Oの知識がなかっただけと言えばそれまでなのですが、横浜流星さんの特技は空手だったのです。

それにしたって半端じゃない動きだなぁと思うのですが、この空手のレベルがまたとんでもなくてですね、空手の大会で優勝経験もあり、さらに中学3年時には極真空手の世界大会で優勝してしまうほどの経歴の持ち主なのです。

いや・・・やばくないですか(笑)まずめちゃくちゃ強いじゃないですか・・・。しかもあの端正なルックスで極真空手の世界大会で優勝って・・・。ホントに少女漫画に出てきそうなシチュエーションですよね。空手ってどうしても顔がいかつくてごつい人がやっているイメージが少なからずあるのですが、それを見事に覆しています。

そして今回のテーマである横浜流星さんのアクションシーンですが、この極真空手の経験が存分に活かされていることが一目瞭然でした。

もうなんというか、アクションを学んでいる俳優とは全然違ったアクションなんですよね。もちろんアクションを学んでいる人たちは『魅せる』アクションを学んでいるわけで、見ていてカッコいいなぁと素直に思う感じなのですが、今回観た横浜流星さんのアクションは半端じゃなく綺麗な上に『強い』って感じが滲み出ていました。いや、本当にすごいです。巻き戻して観てしまいましたから。

実はよく言われている事で、実際に空手をやっていた人がアクションシーンをやると、空手の間合いでやってしまうという壁があると言われているんです。俳優が行うアクションはもちろん実際に当てることはないですし、当てたらものすごく申し訳ない気持ちになるし怪我もさせてしまうので、かなり注意を払わなくてはいけないのです。カメラが撮っている角度を計算して実は結構な距離をとって蹴る殴るのアクションをしているのですが、空手の経験者はどうしても空手の当てる間合いでやろうとしてしまうといいますか、要するに癖になっているのです。相手役からしたらめっちゃ怖い事なんですが(笑)刀の殺陣でも剣道の経験者は間合いが近すぎて危ないなんて事もよくあるのです。

もちろん距離を取っていても迫力を出せるように俳優はアクションの稽古をしているわけですが、アングルによってはギリギリの距離感の方が迫力が出ます。

横浜流星さんが距離感の問題で大変な経験をしたかどうかはわかりませんが、先日のあなたの番ですー反撃編ー』第13話でのアクションシーンを観て、そんな問題は全然問題ないといった感じで、それどころか自由自在に間合いなども操っている印象で、めちゃくちゃ迫力があったのです。そして筋肉がすごいあるという事もよく言われているようですが、確かに観ていてもそれをすごく感じました。意外と『止める動作』って筋肉が必要で、ビシっと止められる人とシナっとなってしまう人でアクションシーンのカッコよさってかなり差が出てしまうのですが、横浜流星さんはこの『止める動作』もめちゃくちゃ綺麗なんです。なのでアクションシーンにおけるすべての動作がものすごく綺麗なのです。そしてさらに『付けられた振り』という感じをまったく感じさせない、予定調和がないアクションを魅せてくれていて、だからこそ出せる迫力なのではないかと思います。

『めっちゃ褒めるなぁ』と思われるかもしれませんが、それぐらい凄まじかったんです。観る前に『横浜流星の回し蹴り』みたいなネットニュースの見出しを見ていたので、てっきり回し蹴りが綺麗なぐらいなのかなぁと思っていたのですが、全然そんな事なくてアクション全体が超ハイレベルでど迫力なものでした。

いや〜感動してしまいました。これからもたくさんの彼のアクションシーンを観るのを楽しみにしたいと思います!

                              M&O