THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべきドラマ『流星の絆』最終回あらすじ・キャスト・感想(ネタバレ) 衝撃と感動の結末! 二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香出演の東野圭吾原作の傑作ドラマ

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ドラマ『流星の絆』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回の絶対観るべきドラマは『流星の絆』です。

これまでほぼ毎日レビューを書かせて頂いてきたドラマ『流星の絆』ですが、いよいよ最終回を迎えました。

www.myprivatecomedy.net

最初はこのドラマを観返し始めてもっとゆっくりなペースで鑑賞してレビューを書いていこうと思っていたのですが、あまりにのめり込んでしまい、毎日鑑賞して毎日レビューを書いてしまっていました。今回で最後となってしまうのが寂しいです。そして最終回を鑑賞したのですが、もう最高でした。衝撃でした。感動しました。改めて傑作だと思いました。

それではドラマ紹介と最終回のあらすじです。

 

ドラマ『流星の絆は2008年にTBSで放送された金曜ドラマです。放送時間は金曜日22時から。全10話のテレビドラマです。

原作は大人気作家・東野圭吾の同名小説。

脚本は人気脚本家の宮藤官九郎が手掛けています。

主題歌は嵐の『Beautiful daiys』

出演は

有明功一・・・二宮和也

有明泰輔・・・錦戸亮

有明静奈・・・戸田恵梨香

戸神行成・・・要潤

戸神政行・・・柄本明

戸神貴美子・・・森下愛子

矢崎信郎・・・国広富之

矢崎秀子・・・麻生祐未

萩村信二・・・設楽統

柏原康孝・・・三浦友和

有明塔子・・・りょう

有明幸博・・・寺島進

林譲二・・・尾美としのり

高山久伸・・・桐谷健太

西郷一矢・・・杉浦太陽

サギ・・・中島美嘉

沢井武雄・・・デビッド伊藤

ちえみ・・・徳永えり

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190709221948j:image

ドラマ『流星の絆』あらすじ

政行(柄本明)は事件の夜にアリアケにレシピを受け取りに行ったことは認めましたが、殺したのは自分ではない、自分がアリアケに裏口から入った時にはすでに幸博(寺島進)と塔子(りょう)はすでに死んでいたと話しました。
幸博・塔子夫妻が金に苦しんでいたことは本当で、塔子は静奈(戸田恵梨香)の父である矢崎(国広富広)にお金を工面できないかと頼んでいました。そして塔子がコンビニで何かをコピーしていた姿も目撃されていました。政行の持っているレシピノートのコピーだと考えられます。

政行はレシピを50万円で買わないかと打診されていました。どうしてもレシピが欲しかった政行はすぐに買う約束をしました。裏口から誰にも見られないように入ってこいと幸博に電話で指示をされ、政行はアリアケへと向かいました。しかし政行が裏口に向かうと一人の男が裏口から入ってくるのが見えました。政行は自分以外にも誰かがレシピを買いに来たのかと考え、裏口には入らずに外の茂みで30分ほど待っていました。すると男が裏口から出てきました。顔は見えませんでした。そして裏口から中に入り居間に進むと、幸博と塔子が殺されていました。驚き逃げ出そうとした政行でしたがテーブルにレシピのコピーがあったので、レシピのコピーを急いで取って逃げたのだそうです。レシピ通りに作ったハヤシライスのおかげで店は繁盛しとがみ亭は繁盛店となりました。しかしアリアケに対してはずっと後ろめたさがあり、その後に出していった新店舗にはそのレシピではないハヤシライスを作らせました。政行は正座をしながら以上の経緯いを話しました。

功一(二宮和也)たちはにわかには話を信じられませんででした。柏原たちも同様です。何か証明できるものはないかと政行に問いかけました。
政行はあの夜、傘を忘れたわけではないと話しました。忘れたのではなく間違えて持って帰ってしまったと。政行はその傘をキチンと保管していました。そしてその傘を一同に見せました。傘の間違えに気付いたのはアリアケを出てからだった、いつか役に立つと思って柄の部分にはしっかりビニールをかぶせて保管していました。そして自分より先にアリアケに入った男は傘を持っていたのに出てきたときには傘を持っていなかったと話しました。

指紋を調べれば犯人の指紋が出るはずだと話す政行。しかし不可解なのはアリアケに残されていた傘の指紋がしっかりと拭きとられていた事実です。政行以外誰にも指紋をふき取ることなど不可能だったからです。萩村(設楽統)はその点を指摘しますが、政行は自分の傘の形状をよく覚えていて、柏原と萩村は警察に証拠として残されている傘の特徴が政行の証言合致するか、また政行が取っておいた間違えた傘の指紋を調べるために署に戻ることになりました。

テーブルの上に置かれた、政行が間違えて持って帰ってきた傘を見ていた功一があることに気付きます。

傘の柄の部分には不自然にこすれた後がいくつもついていました。

功一はただならぬ表情になり手は震えていました。静奈が異変に気付き功一に大丈夫かと話しかけますが功一は返答しませんでした。

功一は傘を持って署に戻ろうとする柏原を呼び止めました。そして2人だけで話しがしたいと言い、萩村泰輔と静奈を連れて傘を調べを署でやってくださいと頼みます。柏原は了承し、功一とビルの屋上へと行きました。

功一は柏原にゴルフを辞めたことについて質問しました。事件の頃、柏原はゴルフにハマっていて功一もそれを知っていました。傘の柄の部分を下にして素振りをすると柄の部分に傷がつく、政行が間違えて持って帰ってきた傘にも柄の部分に傷がついていた。政行がアリアケを出た後に残された傘の指紋を吹くことができる人間、それは警察しかいない。誰よりも早く現場に駆け付けたふりをして傘の指紋を拭き取ってしまう。そして他の刑事や警官が来るの待つ。一番最初に現場に駆け付けた人間にはそれが可能だと話す功一。柏原はどうしてさっき言わなかったと尋ねます。功一は2人だけで真実を確かめたかったと返答しました。ずっと気にかけてくれた刑事を疑うなんて考えたくなかったと話しました。あの夜、誰よりも早くアリアケに駆け付けていたのは柏原だったのです。

功一は事件の夜、駆け付けた柏原に2階に行っていなさいと言われた後、庭の物置の上で一人座っていました。すると応援を待っている柏原が傘を逆さに持ちゴルフのスウィングの練習をしているのを見ていたのです。

萩村が政行の言っていた傘の特徴が同じだと電話で報告してきました。柏原は萩村に自分の机にある封筒を見るように言いました。

功一はなぜ両親を殺したのかを柏原に問い詰めました。柏原はいつかこうなる日が来ることはわかっていたと言い、経緯を話し出しました。

幸博と塔子の借金は膨れ上がり400万円にもなっていました。まずいところからの借金で何とか返済しないと命の危険もある状況でした。お金をかき集めたものの用意できたお金は半分の200万円でした(政行にレシピを売ったのもこのため)。そこで店の客だった刑事の柏原に相談して、刑事の力を利用してなんとかやばい組織と今は200万円で勘弁してくれないかと話をつけてくれないかと頼みました。柏原は200万円受け取りにアリアケを訪れました。功一たちが獅子座流星群を見に行っている間でした。

しかし突然柏原は200万円を自分に貸してくれと言い出しました。組織を摘発すれば借金なんて返さなくていいわけだから、摘発して潰すからと幸博に打診しますが、幸博はそんなことをしたら自分が殺される話を呑みませんでした。しかし柏原は200万円を離しません。息子が病気でお金がいるんです、お願いしますと頼みます。幸博が200万円を返せと包丁を台所から持ち出しましたが、柏原はそれでも引かず2人はもみ合いに・・・柏原は幸博を刺し、さらに塔子も刺してしまいました。それからお金を持って裏口から逃げていき、その姿を政行に目撃されていたのです。

 

金のために両親を殺されたことを知った功一は激昂し柏原を叱責しました。

柏原は拳銃を取り出し功一に向けます。驚く功一でしたが、柏原は銃口を自分ののど元にあて自殺を図りました。必死に止める功一。

萩村と泰輔と静奈が駆けつけました。柏原は自分が犯人である手紙を残していて3人はすでにそれを読んでいました。

激しい言い合いの後、柏原は3人に土下座をしました。その時獅子座流星群が夜空に降り注ぎました。

功一はあんたには生きてもらう、生きて俺たちがどう生きるのか見届けてもらう。死んで終わりなんてことにはさせないと柏原に言い、銃を投げ捨てました。

 

街の街頭ビジョンに柏原が逮捕されたニュースが流れています。 

後日、ジョージクルーニーに来た萩村はこれでアリアケ事件は解決か、と功一に話しました。功一はスッキリしないけど、スッキリする日なんて来ないのかもしれないと返答しました。

泰輔は功一に自首しようと考えていると話します。詐欺行為の件でした。そんな泰輔を見て誇らしくなる功一。しかし自首は俺がすると話す功一。しかし静奈の事は気がかりです。

 

静奈も自分も自首すると言い出すことがわかっている功一は静奈を納得させるために
行成に説得してくれるように頼みました。すると行成はある条件を出してきました。

行成は泰輔が扮していた宝石商から元々売りつけられそうになっていた指輪を購入しました。その代金でこれまで騙してきた人たちにお金を返す功一たち。高山係長にもドル建て債券のお金を返しました。さらに静奈のカナダ留学のために建て替えた費用も。
商品の代金だそう。

行成はオープン前日のレストランに静奈を招待し、その指輪を渡し、自分の気持ちを告げました。

功一は服役しました。泰輔は執行猶予でしたが、すべての計画を立てていた功一は2年の服役が課せられていました。

アリアケの店は戸神が買い取ってくれていました。再び洋食屋アリアケをオープンできる喜びを胸に準備をする泰輔と静奈。なぜかサギ(中島美嘉)も加わっています。サギは功一からの出所の手紙を受け取っていましたが、それが静奈宛なのにも関わらず誰にも見せていませんでした。

功一がアリアエケに帰ってきました、出所を知らなかった泰輔と静奈は驚きますが、そのまま功一はキッチンでハヤシライスの仕込みに入ります。和気あいあいと準備する3人。

そして店はオープンし大繁盛となります。事件に関わった人間たちも祝福にやってきました。ジョージさんも萩村もそして行成もやってきました。ハヤシライスを注文した行成に対し、功一はいたずらな表情を浮かべ、『もう終わっちゃいました』と返すのでした。

ドラマ『流星の絆』最終回 感想・評価

まさかの犯人でした。予想だにしない犯人でした。これはわからないです。そしてもちろん犯人が誰かも楽しめたのですが、とっても感動しました。有明3兄弟が柏原逮捕の後にしっかりと生きている姿に涙腺が緩みました。最後のアリアケでの集合写真の演出はズルいです。あんなの泣かないわけがありません。

二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さんの演技も素晴らしかったし、そして周りを固めるキャストも皆さん本当に素晴らしかったです。

めちゃくちゃいいドラマです。まだ心が流星の絆に引っ張れています。最高のドラマで、感動をありがとうと言いたいです。

日課みたいに観ていたのでそれが終わってしまって残念ですが、それ以上に最後に有明3兄弟の元気な姿が観れて幸せでした。

一度観ていた方も本当に観返して頂きたいですし、観たことない人は絶対観るべきドラマです。最高の時間に感謝です。

                              M&O