THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

俳優・女優名鑑シリーズ『滝藤賢一』芸達者な苦労人が魅せる圧倒的演技力

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

幅広い役柄を演じる役者『滝藤賢一

こんばんは、M&Oです。

今回の俳優・女優名鑑シリーズは滝藤賢一さんです。

今や見ない日はないんじゃないかというぐらいの人気俳優の滝藤賢一さん。観る人を魅了する演技で多くの人に好かれている人だと思います。

M&Oももちろん滝藤賢一さんは大好きな俳優でして。元々好きな俳優さんだったのですが、役者時代にお会いした時にあまりにいい人で気が遠くなるほど好きになってしまったのです。ちなみに共演させて頂いたわけではなく、湾岸スタジオのエレベーターにメイクさんと乗って移動していたらいたら、なんと滝藤賢一さんが乗り込んできたのです。これ自体は珍しい事ではないのですが、偶然にも滝藤賢一さんと僕といたメイクさんがお知り合いで、話を始めまして。その時になんだかとってもあったかく対応したくれたんです。こんな何処の馬の骨かもわからない役者に笑顔で話してくれて・・・なんていい人なんだと思ったのです。別のドラマの作品だったわけですが、僕が撮影を終えてスタジオを出て帰ろうとしていましたら、なんと外に滝藤賢一さんがいらっしゃいました。関係者と談笑されていたのですが、目が合ったらものすごい笑顔で挨拶を返してくれました。これは僕の勝手な想像ですが『頑張るんだぞ!』みたいな挨拶をしてくれた感じだったんですよね。

結局そうなんです。売れている人というのは人間としてもとっても魅力的なのです。これまでお会いしてきた人達もそうでした。滝藤賢一さんも元々好きな俳優さんだったにも関わらず、なおさら好きになってしまったのです。

僕が初めて『滝藤賢一』という俳優を認識したのは映画『クライマーズハイ』でした。この映画の出演は監督の原田眞人監督からお呼びがかかりオーディションに参加したのがきっかけとなったようですが、声がかかったきっかけはワークショップに参加していたからで、結局そういう事なんですよね。無名塾で鍛えに鍛えられているのにワークショップにも参加しているなんて、モチベーションが高い以外なんでもありません。結局めちゃくちゃ努力しているんですよね。

滝藤賢一さんと言えば『無名塾』の出身なのです。10年間この『無名塾』で劇団員として演劇と向き合ってきている人なのです。『無名塾』がいかにすごいかを少し書かせて頂きます。

滝藤賢一を輩出した『無名塾』とは 出身者など

無名塾』は俳優の仲代達矢さんが主宰の俳優の養成所です。劇団というイメージでしたがWikipediaでは養成所ですね・・・。

無名塾の授業料は何と無料で、仲代達矢さんの演技指導が受けられるという事でかなりの倍率となっています。M&Oは役者時代から無名塾というのはとんでもなく入ることが難しいという印象を持っていました。実際入るだけでも相当大変だと思います。そして入ってからも相当大変だと思います。ただその分出身者は高い演技力で評価の高い人ばかりです。授業料が無料な分、基本的に熟成のアルバイトは禁止です。演劇に3年間どっぷり浸かるという事ですね。(養成コースは3年間です)

無名塾』出身者は役所広司さん、若村麻由美さん、益岡徹さん、真木よう子さん、滝藤賢一さんなどなどです。演技派ばっかりですね。真木よう子さんは個人的には好きな女優さんではありませんが・・・今回はそういう話ではないのでこれ以上触れません。

滝藤賢一さんはそんな無名塾の出身なのです。そしてこの無名塾に10年間在籍していたのです。奥さんも無名塾の後輩だった女性のようです。

それでは滝藤賢一さんの個人的に好きな出演作について触れていきたいと思います。

f:id:myprivatecomedy:20190706215957j:plain

俳優・滝藤賢一出演作品(個人的に)

やはり最初に挙げたいのは滝藤賢一さんを初めて認識した映画『クライマーズハイでしょうか。映画自体も面白かったですが滝藤賢一さんもかなり爪あとを残していました。この人誰だろうって思った記憶があります。

そして映画『ゴールデンスランバーも少しの出番なのに異常に印象に残っています。堺雅人さん演じる主人公の整形後の役だったのですが、少しの出番でも印象を残すあたりがやっぱりすごいですよね。芯から演じているからそうなるのかなぁと思います。

映画の踊る大捜査線シリーズ』もかなり印象に残っています。日本人の役じゃないですし(笑)コミカルな役も上手いんですよねぇ。本広監督が滝藤賢一さんのこと好きそうな感じしますし。

映画『愛の渦』滝藤賢一さんのお芝居はやっぱり良かったのですが、映画自体が残念だったので、すごくもったいない印象です。

映画『64ロクヨンも最高でした。こういうテイストの映画は特に滝藤賢一さん似合うなぁって個人的には思ってしまいます。

映画『虎狼の血』もそうだし、もうたくさんありすぎてダメですね(笑)

映画ばかり挙げてしまいました(笑)ドラマはもちろん一番に挙げたいのは『半沢直樹』です。皆さんご存知の大ヒットしたドラマですが、滝藤賢一さんはこの大ヒットに大きく貢献しているとM&Oは思っています。なかなかテレビドラマではお目にかかることができいない重厚な芝居で魅了してくれていました。

そしてもう一つだけ書かせてください!ダウンタウンガキの使いの笑ってはいけないで友近さんとやったミニドラマも本当に最高でした!ホントに泣いてましたもん(笑)遠藤章造さんが『泣いてますよ。』と言っていたのが忘れられません(笑)

演技力を武器にオールマイティに活躍する滝藤賢一さん。これからも大活躍してほしいですし、きっと大活躍されると思います!

                             M&O