THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

『大学生=遊んでいる』という印象を持つ人が多い時点で大学の意味って何なのだろうと思う

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

勉強してない人が決して稀ではない大学生の意味

こんばんは、M&Oです。

今回は『大学』というものについて書いていこうと思います。

きっかけとしてはTwitterを見ていたらホリエモンこと堀江貴文氏が日本の『大学』の在り方について呟かれていたので、そういえば自分も前々から思っていることがあったので、いい機会だから自分の考えを経験談と共に書いていこうと思いまして。

大学を出ているかどうかで就職先の給料に差があるという話はよく聞く話ですよね。終身雇用という概念がなくなってきている世の中で、昔よりも大学を出ているかとかどこの大学を卒業したかなどは少しづつ関係なくなくなってきているとは思うのですが、未だに根強く残っている企業もたくさんあるとは思います。

そもそも就職活動というもの自体が主体性があるものとは到底思えないし、自発的に行っているものとも思えないので、その時点で大学で学んだことを活かそうと思って就職先を探している人も少ないのかなと思います。まったく関係ない就職先に行く人が大半だと思いますし、企業の名前に惹かれてなんて人も少なくないと思います。

もちろん個人の自由ですし、そんな風潮にしている方にも責任はあるので何も否定することは全然ないのですが、そうなってくると大学を出ているかどうかやどこの大学を出ているかどうかって問題じゃなくなっているはずで、実際にそんなことわかっているという人もたくさんいると思うのですが、そういった風潮って全然なくならないですよね。

もちろん中には研究を頑張ったり、積極的に知識やスキルを身につけている大学生もたくさんいると思います。そういった人には格好の勉強の場だと思いますし、大学を選ぶ時点で自発的に選んでいると思いますし、いざ社会人になると言った時もやりたい事が明確な人も多いのではないかと思います。

ただM&Oが大学生の頃から、そして今に至るまで、ほとんどの人は惰性で大学生活を送っているのではないかと思います。M&Oは某大学に通っていて、大学在学中に俳優業を始めました。中退したい気持ちはバリバリありましたが、卒業しました。これは自分のためにと言うよりかは、大学を卒業してほしいという親のためにという意識でした。しかし結果的に中退するよりも授業料はかかっているわけですから、果たして良かったのかというところはありますが・・・。そのまま僕は俳優の道へ進んだので就職活動もしたことがなく、現在まで就職活動をしたことがありません。エントリーシートを書いた事もありません。性格上周りと一緒に就職してという考えの持ち主ではなかったので、もしも役者をやっていなかったとしても就職活動はしていなかったと思います。やりたい事が見つかっていなかったとしたら、見つかるまでフリーターとかしていたんじゃないかなぁと思います。そして俳優をやるにあたってこの4年間というのは正直タイムロスでしかないと考えていた時期もありまして、大学生活は自分にとって無意味なモノだったなと思ってしまう時期も正直ありました。ちなみに大学生活もまったくエンジョイしていなくて、友達も全然いなかったし授業が終わったら本当にササっと帰っていました。大学生活のかなりの時間は学校の図書館で過ごしていました。この頃に海外の小説などはかなりの量読んでいたので、そういう意味では意味あったかなぁと思います。ただこれは別に大学の図書館にしかないような本を読んでいたわけではなく、紀伊国屋に行けば手に入るような本ばかり読んでいたので、大学に通っていた特権というか大学に行っていたからできたことでは決してありませんでしたが・・・。

そんな大学生活を振り返ると、その後に活きていることなんてなかったなぁと思うのですが、これはよく考えたら役者という道に進んだからというわけでではなく、ほとんどの人が大学で学んだ事を活かしていないと思ったのです。学んだ事を活かしていないというかそもそも学んでいないと言ってしまっていいかもしれません。

f:id:myprivatecomedy:20190703003901j:plain

学ぶことではなく大学卒業の肩書が目的の大学

大学は学ぶものではなく、大学卒業の肩書を得る場所になっている人が多いのではと思うのです。かく言うM&O自身も大学で何を学んだかと問われれば答えられないのが実情ですが、人によっては要領の良さを学ぶ場所にはなっているかもしれません。

卒業できればいいという考えの人達が考えるのは、いかにして楽をして単位を取るかが重要な問題になっていた気がします。そして授業なんて全然出席していない人たちが要領よく単位を取っていたのをよく見かけていましたちなみにM&Oは超不器用でしたし知人も少なかったので単位を取るのすっごく苦労していました・・・。そこから来る嫉妬で言っているわけではないですからね(笑)

聞くところによれば就職活動の面接では大学で何をやってきたかという質問があり、部活動に精を出していたことや、サークルで中心として運営したなんてことも言ったりするのだとか・・・。いや、『はっ?』て感じじゃないですか?(笑)そんなことが評価されるのだとしたらもうめちゃくちゃやばいなと思うのです。

素人の意見で恐縮ですが、わざわざ新卒に拘って採用する理由ってなんなんでしょうか?僕がもし経営者で社員が欲しかったとしたら高卒だろうとアルバイトしている子に社員になって欲しいなと思うのですが、なぜわざわざその仕事にやりがいを感じるかも不明の新卒の方を雇用するのでしょうか??幼稚な疑問かもしれませんが素朴な疑問です。あ、企業ってアルバイトいないところがほとんどなのかな。

大学卒業の肩書だけでは何も有利にならないってなったら大学に行くのって何かを学びたい!っていう欲がある人だけになるのかなぁって思うのです。

志を持って大学に通っている人たちもたくさんいるとは思うので、そういう人たちはこんな風に書いてしまってごめんなさい。

                             M&O