THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

錦戸亮・沢尻エリカ主演のドラマ『1リットルの涙』は名作ドラマだった

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

本当に泣いたドラマ『1リットルの涙

こんばんは、M&Oです。

今回はテレビドラマ『1リットルの涙について書いていきたいと思います。

最近レミオロメンの『粉雪』を口ずさんでいた人がいて、否応無しにこのドラマを思い出したのです。

普通に人気ドラマだったと思いますが、特にM&Oの周りでもかなり人気のドラマで、M&Oの母親も夢中になって観ていて、あまりにハマり過ぎて携帯電話の着うたが『粉雪』だったのもいい思い出です。

沢尻エリカさんの演技が本当に素晴らしく、錦戸亮さんも素晴らしくて、薬師丸ひろ子さんはじめとかの出演者も本当に素晴らしいのです。

ご存じない方々のためにドラマ概要を先に書かせて頂きます。

ドラマ『1リットルの涙』概要・キャスト

ドラマ『1リットルの涙は2005年、フジテレビで火曜日21時から放送されていた連続ドラマです。実話をドラマ化した作品となっています。

出演は、

池内亜也・・・沢尻エリカ

麻生遥斗・・・錦戸亮

池内潮香・・・薬師丸ひろ子

池内瑞生・・・陣内孝則

池内亜湖・・・成海璃子

池内弘樹・・・真田佑馬

池内理加・・・三好杏依

西野良三・・・戸次重幸

中原慶太・・・橋爪遼

河本祐二・・・松山ケンイチ

武田誠・・・遠藤雄弥

水野宏・・・藤木直人

岡崎誠・・・矢島健一

ほか。

ドラマ『1リットルの涙』あらすじ

主人公の池内亜也(沢尻エリカ)が脊髄小脳変性症を発症してしまい、母親である池内潮香(薬師丸ひろ子)と父親・池内瑞生(陣内孝則)と兄弟たち家族と共に、そして麻生遥斗(錦戸亮)をはじめとした亜也を取り巻く友人たちを交えた闘病生活を描いたドラマです。

普通科の高校に通っていた亜也は病気の進行と共に養護学校への転校を余儀なくされます。

少しずつ身体に影響が出てくる闘病生活の中で亜也の抱える苦悩を描いていて、家族や遥斗をはじめとした、亜也を取り巻く人々の葛藤や苦悩もリアルに描かれています。

誰もが亜也の病気の回復を願っていながら、あまりにも残酷に進行していく病気。入院や自宅療養を余儀なくされる亜也。病気と戦い続けた亜也が亡くなってしまうまでを描いたドラマとなっています。

f:id:myprivatecomedy:20190627145319j:image

ドラマ『1リットルの涙』感想・評価

ちょっとした概要を書いただけでも泣きそうになってしまいます。あれ?滲んで画面が見えないや・・・。それぐらい感動するドラマなんですよね。ご覧になっていた人達はきっと共感して頂けるのではないかと思います。

そしてまだご覧になったことがない方々はこのドラマは必ず観て欲しいドラマなんです。もしかしたらテレビドラマで1番泣いたドラマかもしれないです。人生の時間を割く価値は十分にあるドラマだと思います。

そして感動するドラマになっている大きな要因として、出演者の演技が挙げられます。

主演の沢尻エリカさんの演技は本当に素晴らしく、まだかなり若い時の出演作となるわけですが大器の片鱗どころか、もう堂々と確固たる演技力で主演を張られていた印象です。現在も女優として確固たる地位を築いている沢尻エリカさんですが、映画『パッチギ!』を始めとしてこのドラマ『1リットルの涙』などでも他の女優と一線を画す素質を見せつけています。この『1リットルの涙』もすごい自然な演技なんですよね。悲しいシーンを悲しく演じている感じがまったくなくて、だからこそ見るものを感動させるのだと思います。病気の症状についてはM&Oは正直詳しくわかりませんが、『こういう感じの症状が出るのかな』と素直に思ってしまう演技でした。

そして錦戸亮さんですが、ジャニーズJr.の頃から有名だったのでもちろんこの時も知っていたわけですが、このドラマの錦戸亮さんの演技、M&Oはとても好きなのです。力になりたいのになれない、助けたいのに何もしてあげられない自分に苦しむ様子の演技が最高なんです。現在もナチュラルな演技を得意としている印象で、質の高いお芝居をいつも見せてくれて役者としての評価も高い錦戸亮さんですが、この頃からそんなお芝居を見せてくれています。本当に芸達者ですよね、歌も歌えてギターも弾けてダンスも踊れるわけですからね。見えない努力が間違いなく半端じゃないと思います。

そして沢尻エリカさん演じる亜也のお母さん役を演じた薬師丸ひろ子さんも個人的にとっても好きなんです。薬師丸ひろ子さんって包容力をすごい感じるんですよね。映画『ALWAYS三丁目の夕日』でも顕著に現れてますが、この人のお母さん役M&Oはとっても好きなのです。

陣内孝則さんも自身のキャラクターを活かした演技で、楽しませてくれつつ感動させてくれます。

そしてレミオロメンの『粉雪』がやっぱり破壊力がすごくて・・・。これでもかと感動に拍車をかけてくるんです。このドラマ観ていてレミオロメンの『粉雪』嫌いな人ってきっといないと思います。それぐらいすさまじく印象に残っています。

数あるドラマの中でもここまで感動するドラマはM&O的にはそうそうないのです。それぐらいおすすめのドラマです。

                              M&O