THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『トレマーズ』あらすじ・キャスト・評価 若かりしケヴィンベーコン主演の根強い人気のパニック映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『トレマーズ』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズはトレマーズです。

金曜ロードショー系でかなり放送されていた思い出がある映画です。物心つくまで吹き替えでしか観たことなかったはずです。そして『スリーパーズ』などに出演しているケヴィンベーコンだと知ったのは後からだったと思います。印象が違いすぎて・・・。何回も観ていると書きましたが、つまり何回観ても面白い映画なのです。

それでは映画紹介です。

 

映画『トレマーズは1990年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は96分。

この映画がきっとヒットをしたからだと思いますが、その後に続編や関連作品がたくさん作られています。

監督はロンアンダーウッド監督

 

出演は

バレンタイン"バル"マッキー・・・ケヴィンベーコン

アールバセット・・・フレッドウォード

ロンダレベック・・・フィンカーター

バートガンマー・・・マイケルクロス

ヘザーガンマー・・・リーバマッキンタイア

ミゲル・・・トニージェナロ

ミンディスタングッド・・・アリアナリチャーズ

ウォルターチャン・・・ヴィクターウォン

ミーガンウォーラス・・・ビビベッシュ

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190626101214j:image

映画『トレマーズ』あらすじ

アメリカの田舎町で便利屋を営んでいたバレンタイン"バル"マッキー(ケヴィンベーコン)とアールバセット(フレッドウォード)は上手くいっていない経営と生活から隣町に移り住むことを決心します。

車を走らせて隣町へと向かっていたバルとアールの視界に、鉄塔の上にいる知人であるエドガーが入ってきます。エドガーはすでに息を引き取っている状態でした。バルとアールはエドガーの遺体を町へと運ぶために引き返しました。エドガーの遺体を町に運び、再び隣町へと向かう2人でしたが再び2人の視界に信じられない光景が飛び込んできます。フレッドという老人の遺体と羊たちの死骸でした。何かに食い殺されたような跡が見て取れました。

バルとアールはただ事ではない事態を知らせに町に戻ります。危険を知らせた2人は助けを求めるべく隣町へと再び向かいますが、隣町へと続く唯一の道は土砂崩れによって塞がれていました。

仕方なく町に引き返した2人でしたが、町に着いてから2人の乗っていた車のタイヤに触手のようなものが巻き付いている事に気付きます。何か得体の知れない化け物の仕業と考えた町の人々は危険を感じます。町外れに住んでいるミーガンウォーラス(ビビベッシュ)を心配したバルとアールはウォルターチャン(ヴィクターウォン)から借りた馬で様子を見に向かいますが、すでにウォーラス夫妻は怪物によって遺体となっていました。

隣町まで行くしかないと馬を走らせたバルとアールでしたが、その途中で地中を這って進んでくる巨大生物に襲われてしまい馬を失ってしまいます。この生物をグラボイドと呼びます。バルとアールは自力で逃げ回り、グラボイドはコンクリートに激突しそのまま息耐えました。

喜ぶバルとアールでしたが、大学院に通う地震調査の為に来ていたロンダレベック(フィンカーター)と遭遇し、信じ難い事実を聞かされました。地震の原因がグラボイドである事を知ったロンダは、少なくともあと三匹はグラボイドが存在するはずだとバルとアールに話しました。

町に帰ろうとする3人でしたが、ロンダの言う通りグラボイドは他にもいて3人に襲いかかってきました。なんとか岩の上に登りやり過ごした3人でしたが、町にもグラボイドは現れていて・・・。

経験したことのない恐怖とパニックに襲われる人々たち。

果たして彼らはグラボイドから生き延びる事は出来るのか・・・⁈

映画『トレマーズ』感想・評価

一言で言うと巨大ミミズです。そしてかなり獰猛でありながら賢さも持ち合わせていて、かなりのペースで学習していきます。『どうせちゃちいんじゃないのか?』と心配されそうですが、意外とそんな事全然ないのです。特に子供の頃はかなりドキドキしてテレビ画面に張り付いていた記憶があります。

大人になってから観ると笑える部分も増えていたりするので、それもまた楽しくもあり。グラボイドの倒し方がよく考えてるなぁと思う倒し方もあれば、そんなことで?!みたいな倒し方もあり、いろんな意味で楽しませてくれます。

そして若かりしケヴィンベーコンが観られるのもこの『トレマーズ』の醍醐味ではないかと思います。まぁそれなら『フットルース観るわ』という人もいらっしゃるかもしれませんが、敢えてB級映画を観るのもたまにはいいものです。あ!B級って言っちゃった!でもいい意味のB級ですよ?ケヴィンベーコンのこういう話をしてたらものすごく『激流』が観たくなってきました(笑)

話を『トレマーズ』に戻しますが、あくまでM&Oの家ではですが家族で楽しんでいた思い出があるので、家族でも楽しめる作品だと思います。もちろん1人でも。たくさん出ている続編は面白いかどうかわかりませんが、この最初の『トレマーズ』は自信を持っておすすめします。ぜひ。

映画『トレマーズ

70年は海からの怪物!80年は宇宙からの怪物!!90年は地中からの怪物!!!

                                                                                                                 M&O