THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『ミッションインポッシブル』あらすじ・キャスト・評価 トム・クルーズ主演・ブライアンデパルマ監督の大人気シリーズの第1作

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ミッションインポッシブル』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ミッションインポッシブル』です。

大人気シリーズとなっているこの『ミッションインポッシブルシリーズ』ですが、今回ご紹介するのは記念すべき第1作となります。タイトルが『ミッションインポッシブル』という映画になります。この映画を初めて観た時の興奮はかなりのものでした。

それでは映画紹介です。

 

映画『ミッションインポッシブル』は1996年に日本公開されたアメリカ映画です。

上映時間は110分。

1966年にスタートしたアメリカの大人気テレビドラマシリーズ『スパイ大作戦』を映画化した作品になります。

監督はブライアンデパルマ監督スカーフェイス』『アンタッチャブル』『カリートの道』『ブラックダリア』などを監督しています。

 

出演は

イーサンハント・・・トムクルーズ

ジムフェルプス・・・ジョンヴォイト

クレアフェルプス・・・エマニュエルベアール

ジャックハーモン・・・エミリオエステベス

サラデイヴィス・・・クリスティンスコットトーマス

ハンナウィリアムズ・・・インゲボルガダクネイト

フランツクリーガー・・・ジャンレノ

ルーサースティッケル・・・ヴィングレイムス

マックス・・・ヴァネッサレッドグレイヴ

ユージーンキトリッジ・・・ヘンリーツェニー

アレクサンドルゴリツィン・・・マーセルユーレス

フランクバーンズ・・・デイルダイ

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190619084532j:plain

映画『ミッションインポッシブル』あらすじ

極秘諜報部隊IMFのベテランメンバーであるジムフェルプス(ジョンヴォイト)は飛行機に乗っている際に映画を勧められます。映画を観始めるとIMF本部からの指令がフェルプスに対して出されました。

指令の内容はプラハアメリカ大使館からCIAの工作員のリスト『ノック』を盗み出そうとしている大使館員の行為を阻止せよという指令でした。

任務遂行のためにフェルプスはチームでこの任務をスタートします。困難なミッションではないと考えていました。しかしミッションの最中に次々とトラブルに見舞われ、襲撃を受けフェルプスのチームメンバーは次々と殺害され、問題のリストも奪われてしまいます。生き残ったのはイーサンハント(トムクルーズ)のみでした。

なんとか逃げ延びたイーサンは状況を理解できていないままにCIAの上層部であるユージーンキトリッジ(ヘンリーツェニー)と会い事実解明に乗り出そうとしますが、キトリッジの口から出た言葉にイーサンは驚愕します。

今回のミッションはIMFの中の裏切り者を見つけ出すために行われたミッションで、リストは偽物であるとキトリッジはイーサンに話します。裏切り者に対して罠を仕掛けるためのミッションだったのです。その結果、唯一生き残ったのがイーサンだったことからキトリッジはイーサンを裏切り者と断定し、イーサン逮捕へと乗り出します。これを察したイーサンはその場から何とか逃げ出し、真相を暴くために自分自身のミッションをスタートします。

裏切り者を暴くために、イーサンは本物のリストを盗み出すミッションをスタートします。

手に汗握る展開の末に、イーサンを待ち受ける運命とは・・・。

映画のラストシーンがとにかくテンション上がります(笑)

映画『ミッションインポッシブル』感想・評価

大人気シリーズとしてすでにいくつもの続編が製作されている『ミッションインポッシブルシリーズ』ですが、M&Oとしては断トツでこの第1作目が好きなのです。懐かしのVHSでも持っていましたし、DVDでも持っていた映画なのです。

ストーリーもめちゃくちゃ面白い上に演出も最高なのです。派手なところは目一杯派手ですし、それに対して人間関係とか心の葛藤はリアルに表現していて、バランスがとても絶妙なのです。

そしてあまりに有名なトムクルーズ演じるイーサンが天井から吊るされているシーンは何度観てもドキドキするし、カッコよくて痺れてしまうのです。というか吊るされながら身体を大の字にして空中でキープしているトムクルーズの筋肉の凄さも実はかなりすごいですよね。あれは地味にかなりキツイと思います。

そしてさらに好きなのは、この様子を天井で見ていたジャンレノが、トムクルーズからディスクを受け取った時に言う『メルシー』のセリフがカッコ良すぎるのです。そもそも自分のせいでイーサンがピンチになったというのに(笑)めっちゃカッコつけて『メルシー』って言うんです。個人的には笑ってしまうシーンなのです、他の方々はわかりませんが・・・。

やはりブライアンデパルマ監督という事で、印象に残るシーンも多いですし、重厚感もありつつ派手な演出で終始観る者を楽しませてくれます。

若干古さは感じる映画ではありますが、そんなこと抜きできっと楽しめるえいがです。おすすめです。是非。

                                                                            M&O