THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

『久保ばっかり騒ぐな!』という意見があるのはわかるが、やっぱり久保建英が気になるから試合を観たい

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

どんなジャンルでもスターはいるに越したことはない

こんばんは、M&Oです。

今回はサッカー日本代表久保建英選手について書いていきたいと思います。

現在コパ・アメリカが開幕して日本代表は初戦のチリ戦を迎えたわけですが、久保建英選手の出場やプレーに日本のみならず世界が注目している状況でした。

少年時代からその才能を認められ、FCバルセロナの下部組織でプレーしていましたが、FCバルセロナの18歳未満の選手獲得違反などから、公式戦への出場資格を失ってしまい、日本へ帰国しFC東京の下部組織へと入団しました。そこからも順調に活躍し飛び級でU-18に参加、さらに中学生にして大会得点王に輝きます。そしてその後すぐにトップチームに登録され、J3リーグに出場し、Jリーグ出場の最年少記録を塗り替えました。その後のJ1リーグでのデビューは歴代3位の記録となっています。

ここまでの経歴だけでもとんでもない経歴なので、元々その才能の行方を世界中が見守っている状態でしたが、なんと久保建英選手が名門・レアルマドリードに移籍することが正式に発表され、さらに世界から大きな注目を浴びることとなりました。

と、ここまでかなりざっとですが久保建英選手の経歴に触れてみましたが、今回のテーマはサッカー選手・久保建英のサッカー選手としての可能性というわけでではなく、スター選手というテーマで書いていきたいと思っています。

不肖M&O、仕事をしていたこともあり今朝は朝の5時ぐらいに眠りにつきました。そして本日は特に誰かと何か予定があったり仕事関係で出かけなければいけないという事もなく、別に寝ようと思えばいくらでも寝れる日ではあったのです。ただそんなに暇はしていませんし、もう年齢のせいなのか長時間眠ることもできなくなってしまっていますが(泣)

ただですね・・・例えそんな状態でも、朝5時に寝たとしても朝8時からのコパ・アメリカ『日本対チリ戦』を観たいなと思ったのです。そしてはっきり言って、『久保建英が出場するなら観たいな』と思ったのです。これは逆を言えばもちろん『久保建英が出ないなら観なくていいや』という事になります。きっと『サッカーへの冒涜だ!!』『このミーハー野郎が!』と声を大にして言いたい人もいらっしゃるかと思います。しかしですね、観るきっかけもどんな理由で観るかも個人の自由です。ちなみにM&Oは近年のサッカーにはかなり疎くなってしまいましたが、自身も学生時代はサッカー部に所属し中学高校の思い出はほとんどサッカーしかないというぐらい、一応成績的にも本格的にサッカーをやっていました。プロになるは程遠いという現実が待ち受けていましたが・・・。そんなM&Oは2002年のワールドカップの頃から、渋谷でバカ騒ぎしたりスポーツバーでサッカー観戦しているミーハーと思われる人たちを当時は毛嫌いしていましたが、もちろん観戦の仕方は個人の自由ですし、盛り上がるのは日本サッカー界にとってもいいことだし、何よりそこから本格的に好きになるという人もたくさんいると思いますので、今となっては全然いいんじゃないかと何も不快には思いません。自分自身の自宅で静かに観戦スタイルは変わっていませんが(笑)

だからいくら現在のM&Oが久保建英選手目当てでサッカーを観ていたとしても、それ全然自由なことなので、『久保久保騒ぎすぎ!』という意見を見ると『別にいいじゃん』と思ってしまいます。久保建英君見たさに日本サッカーに興味を持つ人が増えてなにも問題ないはずです。

そしてM&Oとしては、個人的になのかこれがマジョリティな意見なのかわかりませんが、久しぶりにワクワクさせてくれる選手が出てきたなと感じているのです。

f:id:myprivatecomedy:20190618154805j:plain

小野伸二中田英寿中村俊輔のようなスター選手・久保建英 

世代的にそういう考えになっているだけだろうと思われてしまいそうですが、実際問題ゴールデンエイジと呼ばれていた世代の日本代表選手らを筆頭に、過去にはスター選手がいたのです。どの選手が自分にとってのスターだったかは人によって違うと思うので挙げられませんが、僕の世代で言えば川口能活選手や小野伸二選手、中田英寿選手や中村俊輔選手、稲本潤一選手なんかはやはり出場しているなら観たいと思わせてくれる選手でした。技術的なモノも含めてという事にもなりますが、決してそれだけではない、観る者をワクワクさせてくれる何かを彼らは持っていたのです。もちろん他にもそういう選手はたくさんいて、個人的には松田直樹選手もそうでしたし、少し下の世代なら松井大輔選手なんかもとってもワクワクさせてくれました。僕自身の感受性が一番豊かな時期だったという事もあるかもしれませんが、確かに僕は彼らのプレーに熱狂していましたし、出場することを毎回楽しみにしていたのです。そしてあくまで棒の中ではですが、近年は久しくそういう選手が現れていなかったのです。本田圭佑選手ですら僕は正直彼のプレーにときめくことはなかったのです。

しかしですね、現在M&Oは久保建英選手のプレーにめちゃくちゃワクワクさせられています。実は『日本対チリ』戦はテレビで観れると思い込んでいたら、まさかのテレビでのオンエアがなかったのですが、これはDAZN(ダゾーン)に入るしかないなと思っています。無料期間もしっかりありますし。それぐらいしても観たいなと思わせてくれるサッカー選手なのです、久保建英選手は。ここ何年もそういう選手はM&Oにとっては全然いなかったのです。ワクワクさせてくれる選手が現れて単純に嬉しいですし、どんどん飛躍していってほしいなと思わずにはいられません。もちろん中島翔哉選手や堂安律選手も素晴らしいで選手だということは重々わかっているのですが、ワクワクするという意味ではM&Oは特にワクワクしていないのです。

これからも例えミーハーと言われようと、久保建英選手のプレーを観てたくさんワクワクしたいなと思います。

                             M&O