THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』あらすじ・キャスト・感想 安藤政信・伊勢谷友介・堺雅人・小栗旬・香川照之ら出演の超豪華な三池崇史監督作品

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』概要・キャスト

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『スキヤキウエスタンジャンゴ』です。

キャストの豪華さがまず目を引くこの映画ですが、なんとキャストがセリフを英語で喋っていることも話題になりました。そして冒頭のシーンではあのクエンティン・タランティーノ監督まで出演し、話題性十分な異色な作品として公開前からかなり話題になっていた映画です。実際の映画の評価は賛否両論と言った感じですが、M&Oとしては十分に楽しめる映画だと思いますし、一度は観て欲しい映画です。

それでは映画紹介です。

 

映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』は2007年に公開された日本映画です。

上映時間は121分。

監督は三池崇史監督着信アリ』『ゼブラーマン』『十三人に刺客』『悪の教典』『藁の楯』『クローズZERO』などを監督している日本を代表する映画監督です。

 

出演は

ガンマン・・・伊藤英明

平清盛・・・佐藤浩市

源義経・・・伊勢谷友介

与一・・・安藤政信

平重盛・・・堺雅人

アキラ・・・小栗旬

平宗盛・・・田中要次

弁慶・・・石橋貴明

静・・・木村佳乃

リッチ・・・香取慎吾

ビリンゴ・・・クエンティンタランティーノ

村長・・・石橋蓮司

伝七・・・塩見三省

トシオ・・・松重豊

保安官・・・香川照之

ルリ子・・・桃井かおり

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190618024404j:plain

映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』あらすじ

壇ノ浦の戦いから数百年経った頃、ユタという町には埋蔵金が隠されていると噂され、多くのならず者がこの噂を信じてユタにやってきて町を荒らしました。

今ではユタは平清盛が率いる平家軍と、源義経率いる源氏軍が激しく対立していて、その抗争に村人も巻き込まれていました.

そんなユタに孤高のガンマン(伊藤英明)が訪れます。かなりの腕前であるガンマンを平家軍・源氏軍はそれぞれ自軍へと招こうとしますが、ガンマンはどちらにもなびきませんでした。ガンマンは町の歴史・どういう経緯で現在の状態に至ったかを聞かされます。そしてガンマンは知り合った静(木村佳乃)という女性を町から逃がそうとします。

平家軍・源氏軍・ガンマンが所狭しと暴れまくる破天荒な設定の西部劇をしっかりと目に焼き付けてください!

 

映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』感想・評価

『なんて大雑把なあらすじなんだ!!』と思われたかもしれませんが、確かにもっと複雑な相関図があるにはあるのですが、個人的な意見ではありますが、そこまでストーリーを重視しないで楽しめる映画かと思います。重視しないで楽しめるというか、何も考えずに観る楽しみ方もありかなぁと思える稀有な映画なのです。というか何も考えずに観た方が楽しめるんじゃないかという超稀有な映画なのです。

はっきり言いますがたくさんの方々がこの『スキヤキウエスタンジャンゴ』を酷評しています。ネットで調べればすぐにたくさん出てきます。僕も初見の時の感想は拍子抜けといいますか、正直『長いな・・・』ぐらいに感じていしまいました。まぁ鑑賞前にあまりに期待し過ぎたせいも確実にあると思いますが、設定などからして稚拙に感じたのは事実です。

ただですね、M&Oはよく考えてみてわかったのですが、『スキヤキウエスタンジャンゴ』はそういう映画なのです。そういう映画として作られているんです。オマージュに溢れている、大真面目に観る映画ではないジャンルの映画なのです。

そもそも登場人物たちが使っている武器もコスチュームも、お金をふんだんに使った悪ふざけの極みなのです。なんでもありの世界観の中で、なんでもありで楽しんでいるのです。ただ役者陣のお芝居は至ってシリアスに演じられていて、それに関してはコメディだとしても真面目に演じる面白さがあるから大いにいいと思うのですが、演出が若干中途半端かなぁという印象はありました。基本的に真面目に観てしまうとちょっと辛いえ映画なので、テイスト的なものがもう少し緩く作られていたら少し違ったかなと思います。佐藤浩市さん演じる平清盛から木村佳乃さん演じる静が逃げ惑うシーンなんかは、木村佳乃さんが頑張って演技し過ぎてしまって、どう観ていいか動揺してしまいました。もちろん木村佳乃さんは何にも悪くないのですが・・・。

そもそもオープニングのクエンティン・タランティーノのシーンで、あの感じで観客の心を掴んでいるわけですからそのまま駆け抜けてほしかったなと思います。もしくはいい意味で期待を裏切って欲しかったですが、悪い意味で期待を裏切ってしまった感も否めないです。

それなのになぜM&Oが『絶対観るべき映画』に『スキヤキウエスタンジャンゴ』を挙げているかと言いますと・・・出演している俳優陣がすんごいからです!なんてミーハーな・・・と思われるかもしれませんが、そう思われてもいいぐらい出演俳優が豪華なのです。伊藤英明さんが主演としてクレジットされていますが、周りのキャストも主演級プラス個性派な俳優ばかりなので、正直存在感が薄れています。これは伊藤英明さんがどうこうではなく、こんなメンバーの中に主演で放り込まれたら誰だって存在感が薄くなると思います。上記のキャストの欄に並んでいる俳優の名前を再確認して頂けたら納得していただけるかと思います。安藤政信さんなんてあんなにイケメン俳優なのに歯槽膿漏の役ですからね(笑)伊勢谷友介さんは美しすぎるしとにかくみなさん半端じゃないんです。この夢の共演だけでも絶対観るべきなんです!桃井かおりさんまで出てますからね。個人的にはおすすめ映画なのです。是非一度ご覧いただきたい作品です。

 

映画『スキヤキウエスタンジャンゴ』

生き残れるのは、一人だけ。

                                M&O