THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『ALWAYS 三丁目の夕日』あらすじ・キャスト・感想 吉岡秀隆・堤真一・薬師丸ひろ子・堀北真希ら出演の昭和を描いたハートフル映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』概要・キャスト

おはようございます、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『ALWAYS 三丁目の夕日』です。

この映画は不朽の名作と言っていい映画だと思います。何度観ても笑わせてくれますし感動させてくれますし、温かい気持ちになれますし、古き良き日本をこれからの時代にも残してくれる映画だと思います。公開当時も映画館などかなり盛り上がった記憶があります。

それでは映画紹介です。

 

映画ALWAYS 三丁目の夕日は2005年公開の日本映画です。

上映時間は133分。

原作は西岸良平氏による漫画『三丁目の夕日』です。

監督は山崎貴監督リターナー』『BALLAD名もなき恋のうた』『SPACE BATTLESHIPヤマト』『海賊と呼ばれた男』『アルキメデスの大戦』『ドラゴンクエストユアストーリー』などを監督しています。

 

出演は

茶川竜之介・・・吉岡秀隆

鈴木則文・・・堤真一

鈴木トモエ・・・薬師丸ひろ子

星野六子・・・堀北真希

石崎ヒロミ・・・小雪

古行淳之介・・・須賀健太

大田キン・・・もたいまさこ

宅間史郎・・・三浦友和

宅間の妻・・・麻木久仁子

川渕康成・・・小日向文世

佐竹幸弘・・・小木茂光

古行和子・・・奥貫薫

静夫・・・石丸謙二郎

自転車屋・・・温水洋一

電気屋・・・木村祐一

精肉店・・・マギー

劇場支配人・・・益岡徹

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190616223140j:plain

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』あらすじ

昭和33年の東京。

青森から集団就職で東京にやってきた星野六子(堀北真希)は就職先である鈴木オートにやってきます。鈴木オートは鈴木則文(堤真一)が営む小さな自動車工場で、工場は則文と妻トモエ(薬師丸ひろ子)と小学生の息子の一平とで暮らす自宅に併設されていました。六子は鈴木家に下宿しながら鈴木オートに働くことになります。従業員は社長の則文と六子だけでした。六子は勝手に鈴木オートを大企業だと勘違いしていてその差に落胆しますが、ロク、ロクちゃんと呼ばれ鈴木家の温かさに包まれます。

鈴木オートの向かいには駄菓子屋があり、作家志望の茶川竜之介(吉岡秀隆)が本を書きながら駄菓子屋の店番をして暮らしていました。ある日茶川は行きつけの飲み屋のママの石崎ヒロミ(小雪)に頼まれ、古行淳之介(須賀健太)という少年を預かります。2人は共同生活をスタートさせますが、偶然にも淳之介は作家・茶川竜之介の数少ないファンでした。茶川は少年誌で連載を持っていて淳之介はその連載を読んでいたのでした。

淳之介自身も自作の小説を書いていました。ある日茶川は淳之介のノートを見てそのことを知ります。茶川は淳之介が書いた話を読んでその面白さに衝撃を受けます。そしてアイディアに困っていたこともあり、あろうことか茶川は淳之介の話をパクッて連載に載せてしまいます。なんとか隠そうと思っていた茶川でしたが、淳之介は自分の考えた話が少年誌の連載に載っているのを知ってしまいます。茶川は淳之介に幻滅されるのを覚悟で言い訳をしますが、淳之介は自分の書いた話がいつも自分が読んでいる少年誌に載ったことにひどく感動し、茶川に感謝します。

ある日、淳之介は自分の母親に会いたいがために、手掛かりを元に鈴木オートの息子・一平と共に母の元に向かいます。2人はなかなか帰宅せず、則文と茶川は心配し気を揉みます。遅くに帰宅した一平と淳之介、茶川は淳之介を引っぱたきました。本当の自分の息子であるかのように、淳之介を心配していたからでした。茶川と淳之介の絆は確実に深まっていました。

茶川は貧しい暮らしの中で、クリスマスプレゼントに万年筆を淳之介にプレゼントしました。淳之介はひどく喜びますが、淳之介が大企業の社長の息子だということが発覚します。淳之介の父親である川渕康成(小日向文世)は自分の息子にふさわしい教育を受けさせなければならないと淳之介を引き取りに来ますが、淳之介はこれを拒み茶川と共に暮らしたがります。茶川自身も淳之介と離れたくありませんでした。しかし淳之介の将来を想い、冷たい言葉を浴びせて淳之介を追い払います。川渕に連れられ去る淳之介でしたが、淳之介は自分の気持ちに嘘がつけず結局茶川の元へ戻ってきました。

一方鈴木オートでは六子が里帰りするための切符を用意していた則文とトモエでしたが、六子は実家に帰るのを拒みます。なかなか事情を言わない六子でしたが事情を聞くと、自分は捨てられたと思い込んでいて、口減らしのために東京に出されたんだと話します。だから私には帰る家なんてないんですと話す六子に、トモエは大量の手紙を見せます。手紙は欠かさずに鈴木オートに送られてくる六子の母親からのものでした。六子が寂しがるとかわいそうだから手紙のことは内緒にしておいてくれと頼まれていたトモエでしたが、手紙を六子に見せ、自分の子供がかわいくない親なんてこの世にいないと六子に話します。六子は里帰りすることを決めますが出発の時間が差し迫っていました。鈴木家はミゼットを飛ばして六子を駅まで送りとどけます。

六子を送った帰りに、いつの間にか完成していた東京タワーを幸せそうに見上げる鈴木一家でした。

映画『ALWAYS 三丁目の夕日』感想・評価

書いているだけで胸がジワ~とあったかくなってしまいました。

この映画はなんなんでしょう、もうすべてが最高といっていい映画なのです。昭和のこの時代の描写も監督の山崎貴監督の得意分野とはいえ、もう本当に素晴らしいリアリティを武器に観る者を昭和33年にタイムスリップさせてくれます。観ていて違和感がまったくない映像に満足すると同時にその技術に感動してしまいます。

そしてこの映画の素晴らしさは出演者の方々のお芝居や醸し出す雰囲気など、すべてにおいて絶妙なことなのです。他に適役はいない!と思えるキャスティングで、すべての登場人物を気付けば愛してしまいます。鈴木オートの堤真一さんも茶川を演じた吉岡秀隆さんも最高だし須賀健太君も最高だし、青森から来たロクちゃんを演じた堀北真希さんも本当に素敵です。そして個人的に涙腺を刺激されて仕方ないのがトモエを演じた薬師丸ひろ子さんです。これはもう包容力なのでしょうか、一平やロクちゃんに話しているシーンで決まって泣きそうになってしまいます。というか泣いてしまいます。

他の出演者の方々も最高で、細かなシーンも楽しませてくれます。そして時代と共に姿を消すことになる職業などにもスポットが当てられていたり、AIが台頭し始めている現在と通じるものがあったりもします。

ただ何よりも、本当にあったかい映画で大いに笑って感動できる映画です。この時代に生まれていなかったという方々ももちろん楽しめますのでご安心ください!

おすすめです。是非!

 

映画『ALWAYS 三丁目の夕日

携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。

                             M&O