THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

俳優(役者)が美男美女ばかりなのはなぜ?ビジュアル重視の理由とは? M&Oの質問コーナーのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

俳優(役者)は美男美女しかなれない?テレビと舞台で事情は違う?

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられたご質問にお答えさせて頂きたいと思います。

引き続きご質問を頂いていまして嬉しい限りです。

まだまだ受け付けていますので、良かったらお気軽にご質問ください!

www.myprivatecomedy.net

それでは早速ご質問にお答えしていきたいと思います。

今回のご質問は白鳥沢さんから頂きました。ご質問ありがとうございます!ツルモク独身寮の流れが来ていますね(笑)

今回頂いたご質問は

『お聞きしたいのですが、役者は美男美女しかなれないのでしょうか? テレビや舞台で違い?はあるのかもしれませんが、テレビでみる役者は美男美女ばかりで、正直ドラマで感情移入できないのが事実です。美男美女はスカウトされる事も多いと思いますし。こんなビジュアル重視なのはなぜなんでしょうか⁇』

というご質問です。確かにこれも気になるところですよね。ご質問ありがとうございます!それではM&Oなりにご質問にお答えしていきたいと思います。

 

テレビドラマのお話からすると、白鳥沢さんのおっしゃる通り基本的に美男美女の俳優・女優が出演されていますよね。もちろんそういったカテゴリーではない俳優・女優も出演はしていますが、恋愛ドラマのメインどころは、美男美女ではないという設定以外はイケメンだとか綺麗と言われる人たちが演じています。美男美女設定ではないいわゆる普通の設定の役でもイケメン俳優や綺麗な女優さんが演じますよね。先日ドラマ紹介した『ホタルノヒカリ』でも部長は藤木直人さんですし、干物女役は綾瀬はるかさんという『いや普通に綺麗だし!』と突っ込みたくなるキャスティングになるわけですが、これは少し仕方ないというか捉え方でだいぶ変わってくる事柄かなと思います。

ビジュアル重視という事についていうと、いわゆる世間一般でいう美男美女の方々を観ている方が人間は幸福感を増すということがあると思います。目の保養とよく言いますが、そういった効果はあると僕自身も思います。あと、芸能界という世界は、特に俳優・女優でいうとファンの方々であったり、どれだけ多くの方々に支持されているかも重要な要素です。そのためには憧れを持たれる必要があります。ファッションを真似たくなったりとかヘアスタイルを真似たくなったりとかもそうですね。言い方は悪いですが、どこにでもいそうな男女がテレビドラマの主演を張っていたとしても、なかなかそういった形で憧れられる事はないでしょう。しかも現代は昔よりもスターが作りづらい傾向にあります。ネットが普及してテレビ以外にも娯楽が分散している影響です。

本来は俳優・女優であるならばお芝居で魅力して観る人を惹きつけなければいけないのですが、現在はそういった俳優・女優は一部の人というのが現実だと思います。ただこれは観る側にも責任はあって、テレビドラマのお芝居に関してそこまで求めていないという事も原因だと思います。違和感とか下手さを感じなければ特に気にしないという人も多いと思います。そしてそれは何も悪いことではなくそれでいいとも思います。ただそうなると、美男美女を使った方がいいという事になっていくんですよね。憧れと羨望の眼差しでみる可能性や、多くの人が観ていて心地よいのは美男美女になると思うので。

感情移入がなかなかできないという事については、これは例えば全然モテない役とか容姿をいじられているような役なのにイケメンとか美女が演じているという意味でいいですかね??これもたしかに往々にしてありますよね。これに関しては個性豊かな美男美女カテゴリーじゃない魅力的な俳優や女優がたくさんいるわけですので、しっかりそういう人を起用して欲しいですよね。

そして舞台に関してですが、舞台はテレビよりも容姿ばかりに目がいくという事が少ないかと思います。テレビよりも美男美女以外の俳優・女優にチャンスが多いとは思います。

f:id:myprivatecomedy:20190615202435p:image

美男美女に関わらず華があることが重要な俳優・女優

俳優や女優を仕事にする人たちが必ずしも美男美女である必要はもちろんありませんし、どんな人でも目指せますしやる事も自由です。むしろ中途半端なイケメンより決してイケメンじゃない人の方がその特性をうまく生かせれば大いに需要があると思います。イケメンじゃない人気俳優もたくさんいらっしゃいます。

ただ小さい劇場の舞台や自主制作映画などを観る機会があると実感できると思いますが、テレビドラマで美男美女が演じているような役柄を、決して美男美女ではない役者が演じていることが多いのですが、これはなかなか厳しいものがあったりする事も現実です。ただそれこそテレビドラマや商業映画などで美男美女が演じているのに見慣れてしまっているせいなのかもしれませんし、どうしてそういう感情になってしまうかはなんとも説明ができません。

でも実際にテレビドラマでもトレンディドラマの主演の男女が全然華のない人たちだったらチャンネル変えてしまう人多いのではないかと思います。なので美男美女というよりかは『華がある』かどうかの方が重要な気がします。例えば画面に映るとついついその俳優に目がいってしまうというような。

やはり芸能人というのは憧れられる事や別世界の人という印象を持ってもらう事もポジションによっては必要な事だと思います。『誰にでもなれる』『誰にでもできる』となってしまうとエンタメの世界が成り立たなくなる恐れがあるかなと思います。

そして必ずしも世の中の人がみんなそうだというわけではありませんが、多くの人が綺麗な人やカッコいいと言われる人を見る事に心地よさを感じるのではないかと思います。もちろん人や時代によってその定義は変わってくると思いますが。ポジションによっては美男美女が多くなってしまうのは仕方ない事だと思います!ただ美男美女ではダメだというポジションももちろんあるので、そういったポジションはたしかに美男美女が演じない方がリアリティが出ていいと思います!

 

今回のお答えはこんな感じになりました。少しでもお役に立てていたら嬉しいです!ご質問ありがとうございました!

                                                M&O