THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

カラテカ入江の闇営業のニュース お笑い芸人の闇営業の実態とは・・・闇営業のギャラは税金どうなるの?

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

お笑い芸人のカラテカ入江の闇営業のニュースを観て感じたこと

こんばんは、M&Oです。

今回は『カラテカ入江の闇営業のニュース』について書いていきたいと思います。

事件が明るみに出てニュースで取り上げられてから少し経ってしまいました。この事件は触れずに行こうかしらと思っていたのですが、やはりちょっと自分なりに感じたこともあったので触れたいなと思いましたので、今さらながら少し触れさせて頂きます。

まず今回のカラテカ入江の騒動に関しては、闇営業ももちろんですが、その営業先がかなり良からぬところだったということが一番の問題となっているのだと思いますが、これに関しては吉本興業としてはこういう措置をそりゃあ取るだろうなという感想です。実際吉本興業に対して『非情だ!!』『それは厳し過ぎる!』といった意見も聞こえてきていないようですし、世間の声としても妥当な措置として捉えられているのではないでしょうか。

カラテカ入江のしたことが報道されている通りのものであるならば、完全に自分の蒔いた種ですし自業自得としか言いようがないと思います。おまけに先輩芸人さんたちも巻き込んでしまったわけですから、責任を取らされるのも仕方ないと思います。ただこの先輩芸人さんたちも実際にギャラはもらっていないのかなどはろいろと疑問点は残りますが・・・。あくまで個人的にですが。どちらにしても領収書も存在していないのではないかと思うので、証拠もないでしょうし、ご本人たちの言っていることがすべてという事になると思います。ワイドナショー松本人志さんがまったく金銭的なものがないということは考えにくいという厳しいお言葉を発していましたが、M&Oもそれは正直思います。

今回のカラテカ入江の騒動に関しては、営業先が良からぬ人物たちだったからここまでの問題になっているわけですが、それではただの特に法的にも問題のない、いたって普通の会社の宴会などに、事務所を通さずにお笑い芸人さんが営業に行った場合はどうなのか?ということですが、実際問題暗黙の了解的なところも大きいと思います。

実は僕は『闇営業』という言葉この騒動で初めて知りました。俳優の世界はあまり『営業』自体がないからかもしれませんが、『闇営業』って言うんですね。正直結構驚きました。だってめちゃくちゃ悪そうな言い方じゃないですか?(笑)営業先が良からぬ場所じゃなくても、事務所に黙って営業に行ってギャラを受け取ることを『闇営業』って言うんですよね?僕の知る限りでは事務所を通さずに仕事をしてギャラをもらうことを『とっぱらい』と呼んでいた記憶なのですが、これは『闇営業』とは違うのだろうか・・・?

契約している事務所がある以上、事務所に黙って芸能の仕事をするのはいけないことだと思います。契約内容にもよりますが基本的に個人で勝手に仕事をすることはMGの場合が多いのではないでしょうか。業務提携とかなら話は変わってくると思いますが。基本的に事務所からの仕事をしている人がたま~にこの闇営業というものに行ったとしたら、一番の問題は税金の問題なのではないでしょうか?通常だと事務所からギャラを支払われる時に源泉徴収として10パーセントを引かれるわけで、さらに確定申告の時にはもらったギャラはすべて申告するわけですが、この『闇営業』のギャラって申告されていない可能性が高いのではないかと思うのです。僕の勝手なイメージですが、後日振り込みというよりかは、その場で現ナマ(昔の政治家で言う実弾)でもらっているような気がするので。勝手なイメージですが・・・。そうなると、なかなか収入に計上しない可能性もあるんじゃないかと。もしかしたらきっちり皆さん計上しているのかもしれませんが。あくまで想像です!ただこの『闇営業』でギャラとして金銭をもらっているとしても、そのもらい方で大きく変わってくるよなぁと思うのです。

f:id:myprivatecomedy:20190611215241j:plain

 

そのつもりがなくても『闇営業』になってしまうかもしれない危険性

例えば知り合いから会合や宴会を盛り上げに来てよ!と頼まれて、『○○万円出すからさ!』と事前に言われていたならば、それは立派な『闇営業』だと思います。しかし例えば、本当にお世話になっている人に頼まれて、金銭的な話も一切なく、その人の顔が立つならと恩返しのつもりで何かのパーティーで司会などをしたりして、さて帰ろうかなといった時に『これ交通費として受け取ってよ』とか『今日はありがとう!少ないけどこれで美味しいものでも食べてよ!』などとお金を渡されてしまったら、それは何とも言えないですよね。それは別にいいでしょう!という声が聞こえてきそうですが、例えばその金額が100万円とかだと話は変わってくるんじゃないかと思います。本当は金額の問題ではないと思うのですが、やはり金額が大きくなるといろいろと問題も生じてくると思います。

所属事務所だって『おいおいちょっと待ってよ!』という事になるでしょうし、納税だってしなくてはいけません。元々は善意でノーギャラで協力したかっただけなのに、結果的に『闇営業』となってしまうケースもあるのではないでしょうか。

今回の件で『闇営業』という言葉も世の中に浸透しましたし、そういう事が起きているという事が一般の方々にもだいぶ知れ渡ったと思います。

これから先、闇営業に関する問題がまだまだ出てくる気がしてなりません・・・。

                                  M&O