THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』あらすじ・キャスト・感想 藤原竜也・綾瀬はるか・石原さとみなどホリプロタレントが豪華出演のミステリー映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズはインシテミル 7日間のデス・ゲーム』です。

この作品はホリプロ50周年記念作品として制作された映画で、出演者は全員ホリプロの所属俳優です。知らずに観ていると『ずいぶんゴリゴリのバーターだなぁ』なんて思ってしまいそうですが、結果的に全員ホリプロかい!というオチが待っています。ホリプロの記念作品なのでこういう形で当たり前だと思いますし、これだけ豪華な出演者を用意できるホリプロってすごいなと素直に思います。深田恭子さんとか出ていなくてこの豪華さですからね。お芝居のしっかり見応えあるので、ホリプロって本当にすごいなと思います。

それでは映画紹介です。

 

映画インシテミル 7日間のデス・ゲーム』は2010年に公開された日本映画です。

上映時間は107分。

原作は米澤穂信による推理小説インシテミル』。

監督は中田秀夫監督。『リング』『仄暗い水の底から』『クロユリ団地』『劇場霊』『スマホを落としただけなのに』など、観客を観客をドキドキさせることが得意な映画監督です。

 

出演は

結城理久彦・・・藤原竜也

須和名祥子・・・綾瀬はるか

関水美夜・・・石原さとみ

大迫雄大・・・阿部力

橘若菜・・・平山あや

西野宗広・・・石井正則

真木雪人・・・大野拓朗

岩井荘助・・・武田真治

淵佐和子・・・片平なぎさ

安東吉也・・・北大路欣也

f:id:myprivatecomedy:20190611193957j:plain

映画インシテミル 7日間のデス・ゲーム』あらすじ

フリーターの結城理久彦(藤原竜也)がコンビニでアルバイトの求人雑誌を立ち読みしていると、一人の女性が話しかけてきます。女性は須和名祥子(綾瀬はるか)という女性で、携帯電話で表示されているアルバイトの事について勇気に質問してきました。

須和名が質問してきたアルバイト内容は、時給11万2千円という破格の時給のアルバイトでした。驚きを隠せない結城でしたが、さすがにかなり怪しいアルバイトという印象を持ちました。須和名はすでにこのアルバイトに応募しているとのことで、内容としては『心理学の研究』という名目で日数は7日間という期間でした。結城はこのアルバイトに関しては不信感を持っていましたが、須和名という女性が美しく魅力を感じてしまったこともあり、結城もこのアルバイトに応募しました。

当日、このアルバイトに参加することになった10人の男女が集まります。10人は豪華な車で移動させられ、山の中にある一つの建物に案内されました。

わけがわからないまま案内されるがままに建物に入る参加者たちは、すべての荷物を預けることと、何も質問してはいけないことを指示されます。

そして、この先は非倫理的な出来事が起こりますが、それでもいいという人のみ奥へお進みくださいというニュアンスのアナウンスが流れます。参加者はそのまま奥へと進んできました。

中央にテーブルがある部屋で、参加者は自己紹介を行う事となりそれぞれ自己紹介を開始します。最初の食事を終えた後に、テーブルの周囲に置かれている人形が喋りだし、施設のルールなどを説明し始めました。

『施設の内にはガードというロボットが見回りなどを行っていること。ガードは天井から吊り下げられていて天井を這うように進みます。

22時以降は自室から出ない事。出ているところをガードに見つかると排除されてしまうこと。

何かしら事件が起きたら解決をすること。解決する人を探偵と呼び、犯人は必ず多数決で決めること。犯人とされた者は投獄されること。

実験終了は7日間を経過した時か、生存者が2名となった時だけであること。』

重苦しい空気が参加者のたちの中に立ち込めます。

ほんの少しコミュニケションを取った参加者たちは自室へと入っていきます。結城は須和名に何かあれば呼んでくださいと声をかけて自室に入ります。

部屋の中には見るからに怪しげな鉄の箱がありました。結城はカードキーを使って鉄の箱を開けました。中には『撲殺』と書かれたカードと火かき棒が入っていました。

2日目を迎え、最初の犠牲者が出ます。

関水美夜(石原さとみ)の叫び声で駆け付けたメンバーの前には西野宗広(石井正則)の死体がありました、西野の身体には複数の銃弾の跡があり、一目で射殺されたことがわかりました。

一体だれが西野を殺害したのか・・・参加者の疑心暗鬼がスタートしました。結城の部屋に武器となる火かき棒があったように、参加者それぞれの部屋にそれぞれの武器が用意されていました。誰がどんな武器を持っているのかさえわからないまま、全員が隙を見せまいと牽制し合っています。しかし施設の中では次の犠牲者が出て、事態は急速に進展していきます。果たしてこのアルバイトはどんなアルバイトなのか・・・。結城は生きて帰ることができるのか・・・。また結城に声を掛けてきた須和名という女性は一体何者なのか・・・?衝撃の結末があなたを待ち受けます。

 

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』感想・評価

はっきり言ってストーリーとしてはそんなに意外性があるわけでもなく、『マジかよ!』と思えるようなセンセーショナルなストーリー展開がたたみかけてくるわけでもありません。原作と若干違う部分もあるとのことなので、原作の方がストーリーが凝っているのかもしれませんね。でないとミステリー系の賞を取っている割には・・・という印象を正直持ってしまいます。

ではなぜ不肖M&Oがこの映画インシテミル 7日間のデス・ゲーム』を絶対観るべき映画シリーズで取り上げたのかと言いますと、演出と演技でとっても面白くなっているからなんです。中でも藤原竜也さんの演じる結城という役はかななりテンパる役ですので、藤原竜也さんの真骨頂と言えるでしょう。綾瀬はるかさんや石原さとみさんが共演している凄まじさや、北大路欣也さんの重厚でありながらも弱さも醸し出す芝居も最高なのです。

そして『観客をドキドキさせるなんて簡単』と言いそうな中田秀夫監督の演出がさらに面白さを増してくれるのです。

結末もなかなか予想できない結末ではないかと思います。

しかし、藤原竜也さんだけに若干『バトルロワイヤル』を思い出してしまいましたが、面白い映画なので是非!おすすめです。

 

映画『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』

生き残れるのは、果たして誰か!?

                               M&O