THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

ブックオフでの本との出会いは一期一会 気になったら迷わず買うが得策

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

ネットが普及してもブックオフで本の物色は未だにする

こんばんは、M&Oです。

今回はブックオフでの本の買い物について書いていきたいと思います。

インターネットが普及して多くの人がネットで買い物を済ませていることと思います。不肖M&OもAmazon楽天のお世話になっています。Amazonプライム会員なのでAmazonのお世話になることが一番多いかなといった感じなのですが、そんなM&Oですが、いまだにブックオフに買い物に行ったり本を探しに行ったりはしていまして・・・。

買う本や気になる本が決まっている時はネットでササっと購入して終了なのですが、特に気になる本がない時や何の情報を得ていない時に、『う~ん、何か本を読みたいな』といった時は本屋さんに足を運ぶのです。ターミナル駅にある大型の書店に行く時もあれば、近所のブックオフに行く時もあるわけです。そして今回は特にブックオフでの本の買い物について書いていきたいと思うのです。

と言いますのも、リアルタイムでブックオフで本を購入しようと考えていて、でも・・・という出来事がありまして。その出来事を赤裸々に書いていきたいと思います。

近所にブックオフがあるんです。でもM&Oは最近本の購入もネットが多いので特にそのブックオフに足を運んでいなかったのです。ところがある日、ちょっと時間が出来たので、本を物色しに行きたいなと思いまして・・・自宅から駅まで行く途中にブックオフがあるので、とりあえずブックオフでいいやと思い初めて行ってみたのです。もちろんブックオフにはこれまで何度も行っています。どちらからと言えば昔はヘビーユーザーだったぐらいなのです。この店舗に行くのが初めてという意味です。

お店に入店するとそこには想像を絶する世界が!なんてこともなくいつも通りのブックオフといいますか、特に見慣れた風景の他店舗と変わらないブックオフがそこにはありました。まぁ当たり前ですよね。いきなり全然違う感じのブックオフ感がない店舗だったら逆に動揺してしまいますし。

さすがに棚の並びは初めてきたブックオフなので全然わからないのですが、それもちょっと店内をフラフラしていたらわかるわけで。早々と目当てのジャンルの本棚を見つけた僕は本を物色し始めたのでした。別に隠す事でもないので書きますが、ビジネスのインターネット系のジャンルの本棚です。

特に『あの本あるかしら??』ということで買いに行っているわけではないので、『何か面白そうな本ないかしら?』とタイトルを眺めていたのです。惹かれるものがあれば買おうかしらぐらいの感覚です。『う~ん、なかなかないなぁ』なんて思ってしばらく眺めていたのです。堀江貴文氏の本が何冊も目に入ってきますが、堀江貴文氏の本はほぼ読んできているので、そこに並んでいるのもすでに持っていたり読んだこともあるものばかりでした。

絶対に今日一冊購入しようとも思っていなかったので、気になる本がなければないで全然いいわけですし、実際になかなか見つからなかったので『そろそろ帰ろうかしら~』と思っていたのです。するとですね、一冊の本が目に入ってきたのです。ブロガーさんが書いた本で、中をパラパラとめくると普通に面白そうな感じがものすごいしまして。しかもM&Oはブログを始めてから参考書的なものは一切見ないでただ好きな事や興味がることを書かせて頂いてきている状態でして、何か指南を受けたという事もまったくないド素人丸出しのブロガーなので、こういった本を読んでみるのもいいかなと思いましたし、知識としてあって損するものではないと思ったのです。『よし!購入するか!』と思いレジにその本を持っていこうとした矢先でした。M&Oの頭に一つの考えがよぎったのです・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190611180642j:plain

出来る限り安く買いたいのが人間の性分

気になる本を見つけたM&Oはその本を持っていざレジへと進んでいたわけですが、一つの考えが頭をよぎったです。

『待てよ・・・ネットで同じ本を購入した方が安いんじゃないか??』と。

普通に考えてブックオフの方が高いだろうなと思ったのです。店舗を構えているわけで家賃もかかっているわけですし、従業員だって結構いて人件費もバカにならないわけですし・・・そうなると普通に考えてネットで購入した方が安いのではないかと思ったのです。と言いますのも僕が購入しようとしている本は定価の半額以下にもなっていなかったのです。もちろんそれでも安いのは間違いないですし、なんなら新品で購入しても全然いいのですが、いかんせん一回安くなっているのを見てしまったら、やはり安く買いたいものです。中古だろうと新品だろうと中身は変わらないわけですし。

『これは焦らずに家でネット購入しよう』と思い手に取った本を本棚に戻したのでした。今考えるとその場でヒョヒョイとAmazonで検索すればよかったんです。きっとネットの方が安いだろうと決め込んでいたんですねぇ。まさに驕りというやつです・・・。

そして手ぶらで自宅に帰りいろいろと日常の用事を済ませ、そろそろ本の購入でもしましょうかねぇなんて余裕綽々で検索してみたらですね・・なんとネットの方がバリバリ高いじゃないですか!!値段の安い順に表示しても最安値のものもブックオフの値段より高いじゃないですか!なんてこった。高いうえに手元に来るのも遅いなんてメリットないやん!と思いネットでの購入を諦めブックオフで買おうと決めたのです。

その日はもう遅かったので行くこともなく、次の日も予定的にブックオフに足を運ぶことができず、そしてやっと行けるというタイミングでブックオフに行ったのですが、ないんです。あの本がないんです。

まるで夢遊病者のように『ない。ない。』と言いながらその本を探すM&O、しかしかなり広範囲に探してみてもないんです。どこを探してもないんです。店員さんに確認してはいませんが、普通に考えて他のお客さんが買っていったのでしょう。あの時買っておけば・・・と思わずにはいられませんでした。

まさに貧乏性が招いた悲劇。。。

中古品というのは、古着などもそうですが気になったら購入するぐらいじゃないとあっという間になくなって二度と出会えない可能性も高いんですよね。

わかっちゃいたけど、忘れがちな人生の教訓でした。胸に刻んできます。

                              M&O