THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

藤原竜也主演映画『Diner ダイナー』が公開間近で楽しみ過ぎる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

7月5日公開 蜷川実花×藤原竜也の映画『Diner ダイナー』

こんばんは、M&Oです。

今回は藤原竜也さん主演の映画『Diner ダイナー』について書いていきたいと思います。誤解されそうですが、特に試写などに行かせて頂いて映画を一足先に観てきたわけではありません。

率直に言います。はっきり言って楽しみ過ぎるんです!!!!!!!!!

絶対面白いですよねこの映画。藤原竜也さんが主演というだけでもめちゃくちゃ期待してしまうというのに・・・ざっと聞くストーリーも超面白そうですし、蜷川実花さんという事で映像美にも期待できそうですし、藤原竜也さんも役柄的にかなり凄まじい演技を見せてくれるのではないかと期待し過ぎはいけないと思いつつも期待してしまうのです。

それではちょっと映画『Diner ダイナー』についてわかっている範囲でですが触れていきたいと思います。M&Oが触れたいので。チェッカーズの歌にも『ふれてごらん』という歌がありました、そんな曲にも背中を押され映画『Diner ダイナー』に触れていきたいと思います。

 

映画『Diner ダイナー』は2019年7月5日公開予定の日本映画です。

監督は蜷川実花さん。父は世界的演出家の蜷川幸雄さん。藤原竜也さんを発掘し育てたのは蜷川幸雄さんなわけで、その娘である蜷川実花さんの監督作品に藤原竜也さんが主演するというのも非常に感慨深いものがあります。写真家として確固たる地位を築いている蜷川実花さんですが、映画はこれまでに『さくらん』や『ヘルタースケルター』などを監督しています。

原作は平山夢明氏による同名小説。

 

出演は

ボンベロ/藤原竜也さん、オオバカナコ/玉城ティナさん、スキン/窪田正孝さん、キッド/本郷奏多さん、ブロ/武田真治さん、カウボーイ/斎藤工さん、ディーディー/佐藤江梨子さん、ブタ男/金子ノブアキさん、マテバ/小栗旬さん、マリア/土屋アンナさん、ブレイズ/真矢みきさん、コフィ/奥田英二さん

いや~豪華すぎですね・・・。この豪華キャストに加えてまだこれからちょい役などで出演する豪華なメンバーが何人も出てきそうな気がしてならないですし・・・もうかなり派手なことになりそうですね(笑)ホームページ見てきたらかなり派手でしたし(笑)

f:id:myprivatecomedy:20190609193302j:plain

 

殺し屋専用ダイナー(食堂)で巻き起こる殺し屋たちの物語

殺し屋専用のダイナー(食堂)の店主は元殺し屋で天才シェフのボンベイ(藤原竜也)。

ダイナー(食事)には

一、シェフに従うか、死ぬか。

二、殺し屋以外、入店不可。

三、どんな殺し屋でも、平等に扱う。

というルールがあります。

次々とやってくる殺し屋たち。オーダーするのはボンベイの極上の料理か、殺し合いか・・・。闘いの幕が開きます。

う~ん、面白そうですねぇ。M&Oの予想だとあっさり命を落とす人が一人はいる気がします。原作読んだことないので完全にただの予想なのですが、こういう映画って日本映画でも海外の映画でも大体最初に一人ぐらいあっさり死んでしまうやつがいるんですよね(笑)映画『Diner ダイナー』に関してはどうなのかまったく未知ですが、なんとなくそんなところも期待してしまいます。別にそういう奴がいなくても全然いいのですが、『昭和歌謡大全集』で安藤政信さんが演じた役みたいな、いきなりいなくなっちゃうの!?みたいなキャラがいてもいいかなぁと思うのです。ちなみにその映画の安藤政信さんは台本読んだ時に自分があまりにも早くいなくなるからビビったそうです(笑)ちょっと話がズレてしまいました(笑)でもこういう映画だとあり得る話なので。武田真治さんとかありそうな・・・・超個人的予想ですが。。。

とにかく設定からしてかなり楽しみです。M&Oはグロいのが決して得意なわけではないので、蜷川実花さんの特性を活かし美の表現を期待しています!

『観たい!』という気持ちにさせてくれる藤原竜也という俳優

M&Oはそれこそ蜷川幸雄さん演出の藤原竜也さん主演の『身毒丸』を観て藤原竜也さんを好きになったのですが、それからというもの藤原竜也さんの出演作は基本的に観てきています。

www.myprivatecomedy.net

藤原竜也さんの出演作の映画レビューもこのブログでかなり書いていますので、もしよかったらブログ内の検索から『藤原竜也』と入れて頂ければご覧いただけますのでどうぞ!藤原竜也さん関連のすべての記事のリンクを貼ってしまうとかなりの数になってしまいますのでそれは自粛しておきます。

俳優・藤原竜也さんですが、本当に替えのいない俳優だと思っています。藤原竜也さんが演じるか他の俳優が演じるかで全然違う作品になってしまうのではないかというぐらい、抜きんでた実力とブランドを持ち合わせている俳優だと思います。だからこそ出演のオファーも絶えないのだと思いますし、M&Oも藤原竜也さんの演技を観たくて観ている作品もたくさんあります。近年だと『億男』は最初観る気がなかったのですが、藤原竜也さんが出ていると知ってすぐ観たほどです。『億男』での藤原竜也さんの演技も最高でした。そんな風に演技で『この人の出演作観たいな』って思わせてくれる俳優ってすごく少なくなってきていると思うのです。そういった意味でも藤原竜也さんは稀有であり、貴重な俳優だとM&Oはずっと思っているのです。

映画『Diner ダイナー』

ようこそ、殺し屋専門の食堂へ。

とっても楽しみです!

                                M&O