THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『ゆれる』あらすじキャスト評価オダギリジョー香川照之主演の衝撃作

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ゆれる』あらすじキャスト評価オダギリジョー香川照之主演の衝撃作【概要・キャスト】

こんにちは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観おすすめ映画シリーズは『ゆれる』です。

映画『ゆれる』はM&Oはとっても大好きな映画で、とっくに映画紹介していると思っていたらまさかのしてなかったという・・・。非常に心にズシンと響く映画です。個人的にこういう映画はとても好きですし、もっと多くの人に知ってほしいと思っている映画です。楽しい映画ではないし笑いに包まれることもない映画です。静かに流れていくストーリーの中で何度もゾッとすると思います。息を飲んでこの映画に見入ってしまいます。観終わった後にもう一度見るとさらにゾッとする映画でもあります。派手なことをしているわけではない、動と静で言えば静でありながら香川照之さんが怪演を見せてくれています。必見と言っていい映画です。

それでは『ゆれる』の映画紹介です。

 

映画『ゆれる』は2006年に公開された日本映画です。

上映時間は119分。

監督は西川美和監督

 

出演は

早川猛・・・オダギリジョー

早川稔・・・香川照之

早川勇・・・伊武雅刀

岡島洋平・・・新井浩文

川端智恵子・・・真木よう子

丸尾検察官・・・木村祐一

舟木警部補・・・ピエール瀧

裁判官・・・田口トモロヲ

早川修・・・蟹江敬三

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190607234147j:plain

映画『ゆれる』あらすじ

東京で写真家として活躍する早川猛(オダギリジョー)は母の葬儀のために久しぶりに実家へと帰りました。垢ぬけて見るからにオシャレな風貌と車で帰省した猛は、実家が経営するガソリンスタンドでガソリンを給油しました。実家のガソリンスタンドは兄の早川稔(香川照之)が継いでいました。給油中に猛は幼馴染の川端智恵子(真木よう子)と再会しますが特に言葉を交わすわけでもなくその場を立ち去りました。

兄の稔は地元に残り家業のガソリンスタンドを継いで、浮いた話もなく地道に働いて暮らしていました。それに対して弟の猛は東京に出て自分のやりたいことをやる地涌な人生を送っていました。そんな兄弟の関係でしたが、兄の稔は弟の猛に優しく大人になっても変わらない関係のままでした。

久しぶりに再会した兄と弟は昔に8ミリカメラで撮った映像を見ていました。幼い頃に行っていた渓谷で遊んでいる映像で、稔は今度久しぶりに行こうと猛に提案します。せっかくだから智恵子も誘って3人で行こうと話します。

稔は智恵子に好意を持っていました。ガソリンスタンドで働く2人を見た猛は稔の智恵子への好意に気付きます。しかしその夜、智恵子を家まで送ることになった猛は智恵子と関係を持ってしまいます。東京に移り成功を収めている猛に智恵子は心を奪われていました。しかし猛の方はそれ以上の関係は望んでおらず、行為が終わるとそそくさと智恵子の部屋を後にして実家へと帰りました。実家に帰ると稔が家事をしながら出迎えてくれました。猛は遅くなった理由を智恵子と居酒屋に行ったと嘘をつきます。稔が智恵子は飲むと大変だからなと話し、猛はそうなんだと智恵子の酒癖が悪いこと笑いながら話しました。しかし智恵子はまったくお酒を飲まない女性で稔はそれを知っていました。稔は猛の言っていることが嘘とわかっていながら話を聞いていました。

あくる日、3人は計画していた通り渓谷へと向かいました。稔は異常なまでにはしゃいでいました。猛はカメラで自然を撮ることに夢中になっていました。智恵子が猛に東京に今なら行ける気がする的な話を切り出しますが、猛は話しをそらし一人渓谷を歩き回り写真を撮っていました。猛がつり橋を歩いているところを稔と智恵子は見ていて、智恵子は猛の後を追ってつり橋を渡ろうとします。危ないよと声を掛ける稔を振り切り、智恵子はつり橋を進んでいきます。猛はどんどんと渓谷を歩き遠ざかっていきます。つり橋を渡る智恵子を稔は危ないからやめようと制します。しかし智恵子は稔に対し、触らないで!と稔を拒絶しました。智恵子と稔は言い合いとなり、稔は智恵子をつり橋から落としてしまいます。猛はその様子を遠くから見ていました。

猛は急いでつり橋の上でうずくまっている稔の元へ向かいました。動揺している稔に対し猛は『落ちたんだな?警察を呼ぼう』と言い、自分が何も見ていないことにして稔と話しました。

何とか兄を無罪にしようと警察にウソの証言をした猛でしたが、事件以来稔の様子がおかしくなってしまいました。ガソリンスタンドでもお客とトラブルを起こしたり、これまででは考えられない行動も起こすようになってしまいました。

稔は警察へ行き、自分が智恵子を殺したと自供します。猛は叔父で弁護士の早川修(蟹江敬三)に兄を救ってくれるように頼みます。

稔の証言が二転三転する中で、兄弟の絆も壊れていきます。

稔は猛に対して自分もお前のように生きられたらなぁと話していました。自分の人生なんて何の意味もないと話す稔に猛は慰めの言葉を掛けますが、稔は猛の人間性を否定し始め、猛も稔に対して怒りの感情を持ち始めます。

法廷で猛は稔が智恵子をつり橋から突き落としたのを目撃したことを証言します。

時が経ち、刑務所に入り服役した稔が出所した日、猛は稔を迎えに行きますが、稔はすでに刑務所を出た後でした。必死に後を追った猛の前に稔も姿が現れます。猛は大声で稔に声を掛けます。

『兄ちゃん!うちに帰ろうよ!!』

しかし稔は猛に対して笑顔を浮かべ、そのままバスに乗り立ち去ってしまいました・・・。

映画『ゆれる』感想・評価

観るたびにいろいろと考えさせられてしまい、観終わった後に尾をひく映画です。正直観終わった後に爽快感だとかスッキリ感はまったく感じられない映画です。しかしM&Oとしてはそんなところがとても好きなのです。まさに映画の醍醐味といった感じなのです。そしてこの映画は監督の手腕や脚本の秀逸さも特筆すべき作品なのですが、やはり何と言ってもオダギリジョーさんと香川照之さんのお芝居がもう本当に素晴らし過ぎるのです。このお2人の絶妙過ぎる演技が観ている者の真実を惑わせるのです。

オダギリジョーさんのラストシーンの兄への呼びかけは自然と涙が溢れてきます。そしてもう香川照之さんは最初から最後まで凄まじい演技力を見せつけてくれます。目つきや顔色でここまで表現を完璧にこなす俳優は本当に稀だと思います。ここ何年かは派手というか大げさな演技を求められることの多い香川照之さんですが、繊細な演技ができるからこそああいった演技ができるという事をこの『ゆれる』を観て頂ければわかって頂けるのではと思います。繊細さと狂気が入り混じるとこんなに怖いものなのかと思い知らされました。役者をやっている人間からも非常に人気の高い映画なのですが、ストーリーももちろんですがやはり何と言っても見ごたえのある演技のせいではないかと個人的には思っています。『ゆれる』は演技を学ぶ上でも非常に勉強になる映画だと思います。

周りを固めるキャストの方々も素晴らしく伊武雅刀さんが特に存在感を放っています。

非常に見応えのある『ああ~映画観たなぁ~』と思える映画です。もっともっと有名でなくてはならない映画だと思います。そしてもっと評価されてほしいです。

兄弟って不思議でありいつまでも繋がっているものなのだと思います。

おすすめ映画です。是非。

 

映画『ゆれる』

あの橋を渡るまでは、兄弟でした。

 

香川照之さんしゅつえん出演映画はこちらもおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                                   M&O