THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

映画『ヒメアノ~ル』あらすじキャスト評価 森田剛が圧倒的演技で魅せる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『ヒメアノ~ル』あらすじキャスト評価 森田剛が圧倒的演技で魅せる【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画シリーズは『ヒメアノ~ル』です。

『ヒメアノ~ル』は俳優として高い評価を得ているV6の森田剛さんが主演した映画です。原作自体がかなりハードな内容であったことも含めて公開当時とても話題になった作品です。また森田剛さんの演技も絶賛された作品です。M&Oも渋谷の映画館で鑑賞して、映画を観た衝撃から帰りに思わずパンフレット買った作品です。

それでは『ヒメアノ~ル』の映画紹介です。

 

映画『ヒメアノ~ル』は2016年に公開された日本映画です。

上映時間は99分。

原作は古谷実氏による同名漫画。『行け!稲中卓球部』を描いている人です。

監督は吉田恵輔監督。『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『銀の匙Silver Spoon』などを監督しています。

 

出演は

森田正一・・・森田剛

岡田進・・・濱田岳

阿部ユカ・・・佐津川愛美

安藤勇次・・・ムロツヨシ

和草浩介・・・駒木根隆介

久美子・・・山田真歩

清掃会社社長・・・大竹まこと

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190606111046j:plain


映画『ヒメアノ~ル』あらすじ

清掃会社に勤務しながら変わらない毎日を淡々と生きる岡田進(濱田岳)は、いつかこんな生活が変わるだろうと漠然と思って過ごしていました。清掃会社には安藤勇次(ムロツヨシ)という先輩がいました。仕事でミスした岡田をフォローしてくれたりと優しい一面を見せる先輩でしたが、実は安藤はカフェでアルバイトをしている女性に片思いをしていて、岡田に感謝の代わりに一緒にカフェに行って仲を取り持ってほしいと持ち掛けます。

安藤とカフェに行き店員さんを見る岡田でしたが、安藤が想いを寄せる阿部ユカ(佐津川愛美)という女性は確かにかわいい女性でした。そんな中、安藤が一人の金髪の男の存在に気付き、『あいつ、また来てる・・・』と呟きます。岡田が目をやるとそこには高校の同級生だった森田正一(森田剛)がいました。

すぐに森田だと気付いた岡田は『あれ?森田君??』と呟き森田に近づきます。突然話しかけてきた岡田にきょとんとする森田でしたが、すぐに岡田のことを思い出し再会を喜びます(大げさに喜んでいるわけではないですが)。再会を機に2人で飲みに行くことになり、岡田と森田は居酒屋で話をします。森田は高校時代過酷ないじめを受けていました。髪を金髪に染め雰囲気も高校時代とガラリと変わった森田に対し岡田は森田の変化を会話に出しますが、森田は『そうかな?』と言ってはぐらかします。現在何をやっているかの岡田の質問にも森田ははぐらかして明確に答えません。未来に淡い希望を持っている岡田に対し森田は『俺もお前も人生終わっているんだよ』と言い放ちます。高校時代とは全然違う森田を前に岡田はなんとも言えない気持ちになっていました。

岡田は安藤からユカと仲良くなるように言われユカがアルバイトを終わるのを待ち伏せます。ユカと話している最中に岡田はユカが森田にストーキングされていることを知ります。高校時代とは雰囲気の変わっている森田のその行動に岡田は段々と不信感を募らせます。

結果的に仲良くなったユカと岡田は付き合う事になります。その事実を知った安藤は発狂します。

幸せな日常を過ごし始めるユカと岡田の関係を知った森田は2人を殺害することを決めます。森田は昔同級生で同じようにいじめを受けていた和草浩介(駒木根隆介)に電話をし、岡田を殺すから手伝うように命令します。和草は昔森田がいじめていた生徒を殺害した時に加担していてそのことで森田に日頃から脅迫を受けていました。日々森田にお金を要求され渡してもいました。森田は和草に対して警察に言ってもいいんだぞと脅していました。和草は仕方なく森田に協力することとなります。和草には久美子(山田真歩)という婚約者がいました。久美子はこれまでも和草が森田に渡すためのお金を工面するために会社の金を横領することに協力してきていました。しかしもう限界だと感じた久美子は和草に対して森田を殺害しようと提案しました。

和草は久美子を連れて呼び出された森田のアパートに行きます。そして「おせーよ」と文句を言ってきた森田にいきなりバットで殴りかかります。しかし和草と久美子は森田に返り討ちに遭いそのまま殴打され続け死亡しました。森田は二人の体に火を放ち自分の住んでいたアパートごと焼いてしまいました。

森田の狂気はエスカレートしていき、見知らぬ家に家宅侵入して夫人に暴行をして殺害、さらにそのままその家で食事をして帰宅した夫も殺害します。さらにそこで眠りにつき外から中の様子を見た警察官が不審に思い訪ねてきます。森田は弟と嘘をつきますが警察官は信用せずに家の中に入ります。森田はこの警察官も殺害してしまいます。そして警察官の持っていた拳銃を奪って逃走しました。

森田はユカのアパートを訪ねますがユカは幸運にも不在でした。森田は玄関の前で騒いでいたためにユカの隣人が注意に来ます。森田はその隣人に対して警察官から奪った銃を発砲します。森田はその後岡田の仕事場へと行きますが、安藤が森田に対して苦言を呈します。そんな安藤に対し森田は銃を撃ち安藤は股間を撃ち抜かれてしまいます。

安藤はなんとか命は助かりました。入院先に岡田とユカがやってきます。岡田は自分のせいで安藤がこんなことになってしまい責任を感じていました。岡田は安藤に謝罪をし、森田と自分の関係を話します。入学して森田と仲良くなった岡田はよく遊んでいましたが、ある時から森田がいじめを受けるようになりそのいじめはかなりスカレートしていったが岡田は森田を守ることは何もできなかったこと。それどころか岡田は自分の身を守るために森田をかばうことなく一緒になって悪く言ったこともありました。森田はその時うらめしそうに岡田のことを見ていました。そんな話を岡田は安藤にしたのでした。

その後、森田は岡田の住んでいるアパートの住所を調べ岡田の家にやってきました。部屋の中にはユカだけがいて森田はユカを襲います。そこへ岡田が帰宅して森田を必死で止めます。岡田は「もうやめよう」と必死に森田を説得しますが、森田は聞く耳を持たず刃物を持って「死ねって言ってんだよ!」と怒鳴ります。そこへ警察官が到着しますが、森田は岡田を人質に取る形で逃亡を図ります。軽トラックを奪い岡田を乗せて車で逃走を試みる森田でしたが、目の前に現れた犬を避けるためにハンドルを切り事故を起こしケガをして動かなくなります。森田は意識が朦朧とした状態で岡田に対して「また遊びに来てね」と言いました。岡田の前には学生時代のいじめを受ける前の森田の姿がありました。森田は警察に捕まっていきました。

舞台は学生時代の夏の暑いになります。制服を着た森田と岡田が森田の家でテレビゲームをして遊んでいます。森田は母親に元気よく「お母さん、麦茶持ってきてー!」と叫んでいました・・・。

映画『ヒメアノ~ル』感想・評価

あらすじを見ると激しい内容だけの映画なのかなと思われそうですが、映画をすべて観終わった後は胸がジーンと痛くなるというかえぐられる感覚に襲われる映画です。

主演の森田剛さんがとにかく素晴らしいです。ただ単に暴力的なサイコな役だとしても観る者を震撼させる演技を披露してくれていますが、さらに森田剛さんの持ち前の影のある部分も演技に見事に表れていて、なぜ森田というキャラクターがそうなってしまったのかを過度な表現をすることなく自然に伝えてくれます。変に凄むような演技をすることなく怖さを観る者に伝えられるところも森田剛さんの役者としてのレベルの高さを実証しています。そして森田剛さんが常にまとっている孤独感がこの役柄を演じる上で本当にこれでもかと発揮されていて、ひどいことをしているのはもちろんなんだけれども、森田というキャラクターに同情してしまうしいたたまれない気持ちになってしまいます。そして映画のラストの森田剛さんのセリフ『お母さーん!麦茶持ってきてー!』のセリフで涙腺が崩壊します。まだこの映画を観てない人にはこの感覚を体感してほしいです。森田剛さんの俳優としての魅力が爆発していますので必見なのです。

そして森田剛さんと対峙する濱田岳さんも素晴らしくてですね。この映画は森田剛さんと濱田岳さんという演技のレベルがとても高いお2人のせめぎあいが観れるというとっても贅沢な映画なのです。ムロツヨシさんもこの映画での演技は個人的にはとっても好きです。福田雄一監督作品の時は個人的にあまり好きではないのですが・・・。

インタビューで『森田というキャラクターをダークヒーローにしたくなかった』と話していた森田剛さんですが、見事にそれを実証していると強く思います。森田剛という俳優のすさまじさを実感できる映画です。とても見応えのある映画です、おすすめです!

 

映画『ヒメアノ~ル』

めんどくさいから殺していい?

 

www.myprivatecomedy.net

                               M&O