THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

行動を起こすコツ 変化を恐れないためには変化に慣れることが大切

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

習慣の大切さもわかるがルーチンが常に正しいわけではない

 こんばんは、M&Oです。

今回は『変化を恐れないこと』について書いていきたいと思います。

慣れ親しんだ生活を変える事って勇気がいる事と考えている人って結構いらっしゃると思います。不肖M&Oも少なからずそういう気持ちがあります。ほとんどの人が現状の生活がうまくいっていないなどと感じていない限りはわざわざ変化を求めたりしないのではないでしょうか?

ただM&Oは非常に飽きやすい性格なので、はたから見ると順調に見えていても現状維持を壊したくなる時もありますが・・・。

住む街を変えたりアルバイトを変えたり転職したり独立したり、他にも人それぞれで変化には様々な形があると思います。自分の意思ではどうにもならない状況で変化を迫られる時は、不安を感じながらも仕方なく変化する方向に向かう人が多いと思います。例えば転勤とか解雇を言い渡されたりとかですね。

しかし、特に周囲から変化を強いられていない場合、多くの人が『あれ面白そう』『仕事変えたいなぁ。ホントはあの仕事に興味があるんだよな』『独立してチャレンジしたみたいなぁ』などの思いが頭にあっても、なかなか行動に移せない人がマジョリティなのではないでしょうか。

変化する事と現状維持を比較して、『まぁこのままでいいかなぁ』という結論に何度も達しているという人も少なくないのではないかと思います。

もちろん無理して変化を求める事を推奨しているわけではありません。『変化は素晴らしい!!』と言いたいわけではありません。がしかし、『ルーチンは素晴らしい!!』『習慣化する事は何よりいい!』とも思いません。そういう風潮ってかなり前からありますよね。本屋行くとそういう本たくさん本棚に並んでいますし。ルーチンになってしまったものは、枠から外れた時に不快感や不安感を覚える事になってしまうと思うのです。ルーチンが安心感などを得られて精神的に良いというのもとてもよくわかるのですが、自分が変化したいと思っているのに、その思いにブレーキを掛けてしまうというのはいささかいかがなものかと思うのです。何度も言いますが個人の自由というのが大前提ですからね!ルーチンが心地よいという人もたくさんいらっしゃると思いますし、それを否定するつもりもまったくありません。何も悪いことではありませんので。ただ万が一、変化したい気持ちがあるのにブレーキをかけてしまう癖がある人は、少しもったいないかもしれないなぁと思うのです。そして僕自身も時と場合によってはブレーキをかけてしまっている時があるなと感じるのです。

そんな中で、そういった際のブレーキの外し方というか、変化を恐れずにすぐに行動できるようになる方法を知りまして。この方法はもう目から鱗だったので、共有しなくてはと思ったのです。余計なお節介ではありますが・・・。

f:id:myprivatecomedy:20190605214436j:plain普段の生活の中で常に変化を求める癖をつける

これはホリエモンこと堀江貴文氏が対談で言っていたことなのですが、世間の常識や一般論とは全然違うことを普段からやる癖をつけると、行動しやすくなるという事を話されていまして。また例えが絶妙で、1番手っ取り早いのは『朝にアイスを食べること』とおっしゃっていました。朝にアイスを食べる習慣がある人はほとんどいませんよね?しかも世間一般的にも朝にアイスを食べる『朝アイス』は決して常識ではありません。大体はごはんかパンかもしくは朝ごはん自体を食べないかの三択ではないかと思います。

そんな中で朝にアイスを食べる。

明日の朝にアイスを食べてみな、とホリエモンはおっしゃられていました。M&Oとしてはもうかなり納得というか感動レベルの話だったのですが、どうでしょう?

そしてこの時に堀江貴文氏と対談していた人はさらに詳細に例え話をしてくれていたのですが、人は知らずにルーチンを作ってしまっていて、『朝家を出る時に靴を履く時も右足からとから、数え切れないぐらいの飲み物が世の中にはあるのにいつも同じ飲み物を飲んだりと、無意識にルーチンになっている事はたくさんある。自分で意識して変化をつけてルーチンを壊す事をしていないと変化に対応できないし、行動も鈍る』的な事をおっしゃられていました。『変化のない生活をしている人がいきなり会社を辞めるとかできないんじゃなかな』とも言われていました。

このお話も本当に納得で、激しく同意してしまいました。しかもすぐにでもできる事ですからね。いつも松屋に食べに行っていたのをすき家に変える事だって立派な変化なわけですから。それならM&Oにだってすぐにできます。事実松屋ばっかり行っていたM&Oはすき家に食べに行きましたし。ちなみに思いのほか美味しくてすき家にハマっています。いつも飲んでいたジュースを変えるなんていうこともすぐできます。そんな簡単な事で変化に対応する力が鍛えられていると思うと、やらないわけにはいかないなといった感じなのです。

この訓練(訓練ではないか)は変化に対応したり行動を起こしやすくなったり、常識に捉われなくなったりといろんな事に役立つのではないかとM&Oは思ってるので、意識して実践していく所存でございます。

その方がより人生楽しくなりそうですし!

                             M&O