THE ENTERTAINMENT DIARIES

エンタメブロガー。映画レビューを中心に文字でエンタメを発信中

映画『カイジ2人生奪回ゲーム』あらすじキャスト評価 実写化映画続編

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画『カイジ2人生奪回ゲーム』あらすじキャスト評価 実写化映画続編【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回の絶対おすすめ映画は『カイジ2人生奪回ゲーム』です。

 

映画『カイジ2人生奪回ゲーム』は大ヒット映画となった『カイジ人生逆転ゲーム』の満を持しての続編となっています。さらなる続編の『カイジファイナルゲーム』の制作も発表され、期待も高まる一方です。

それでは『カイジ2人生奪回ゲーム』の映画紹介です。

 

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は2011年に公開された日本映画です。

上映時間は133分。

原作は福本伸行氏による大ヒット漫画『カイジ』。

監督は佐藤東弥監督『カイジ~人生逆転ゲーム~』に引き続きメガホンを取っています。テレビドラマを多く手掛けている監督です。

出演は

伊藤開司(カイジ)・・・藤原竜也

一条聖也・・・伊勢谷友介

石田裕美・・・吉高由里子

利根川幸雄・・・香川照之

坂崎孝太郎・・・生瀬勝久

大槻太郎・・・松尾スズキ

村上保・・・柿澤勇人

石田光司・・・光石研

黒崎義裕・・・嶋田久作

船井譲次・・・山本太郎

鐘森・・・山本浩司

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190604201643j:plain

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』あらすじ

帝愛グループの仕掛ける命がけのゲームをクリアし自分の借金を帳消しにして、見事地上に生還を果たしたカイジ(藤原竜也)でしたが、再び多額の借金を作り地下で強制労働をさせられていました。

しかしカイジは一度は帝愛グループから勝利を収めた男です。地下にいる仲間はそんなカイジに希望を託します。地下で出会った仲間からお金を預かり、14日間だけ地上に出る権利を得たのでした。

カイジは地上にいられる14日間の間に2億円を稼がなくてはいけません。この2億円はカイジに希望を託した地下の仲間たちが全員地上に出るために必要な金額でした。

しかしいくら帝愛グループ幹部の利根川(香川照之)からも勝利を収めたカイジであっても、そう簡単に達成できる金額ではありません。そんな2億円を稼ぐアテないカイジんの元に、カイジがEカードで打ち負かした利根川が再び姿を現します。

利根川にかつての面影はなく、みすぼらしい姿になり果てていました。カイジは事情を話し2億円を稼ぐ手段はないかと利根川に相談します。利根川からカイジは帝愛グループが経営している裏カジノの情報を聞きました。

カジノに赴いたカイジはひと際目立つパチンコ台の前で足を止めました。そのパチンコ台は通称『沼』と呼ばれていて、1球4000円という恐ろしいレートで勝負する機会でした。しかも当たるまで行程もかなり困難なもので、さらにこの『沼』はカジノを取り仕切っている一条聖也(伊勢谷友介)によって操作されていて、絶対に当たらない仕様になっていました。この『沼』は大当たりを出すと10億円を吐き出すことになっているので、一条としてもお客に大当たりを出させるわけにはいかないのでした。

そしてこの『沼』に闘志を燃やす男とカイジは出会います。男の名は坂崎孝太郎(生瀬勝久)といい、『沼』を研究し続け、なんとか攻略する方法はないかと挑んでいる男でした。カイジはこの坂崎と手を組み『沼』の陥落を目指します。坂崎はカジノで働いている女性を仲間に引き入れていてカイジはその女性を紹介されます。女性の名は石田裕美(吉高由里子)、『鉄骨渡り』ではかなく散った石田のおっさん(光石研)の娘でした。父親を鉄骨渡りブレイブメンロードで亡くしている裕美は帝愛を憎んでいてカイジの仲間になります。カイジは『沼』攻略を目指します。

坂崎は『沼』の釘の設定をノートにマメに記録していました。裕美のアドバイスもあり釘が甘い日を狙って坂崎は磁石を仕込んだ缶ビールを手に『沼』に挑んだのでした。しかし裕美は一条の手先でした。坂崎の缶ビール磁石作戦は一条にバレていて、真鍮製のパチンコ玉にすり替えられていて磁石はまったく反応しませんでした。坂崎は『沼』の勝負に負けて大金を失います。一条はカイジの噂を聞いていてカイジに坂崎を救うチャンスを与えました。『姫と奴隷』というゲームで3つのボタンのうち一つを押して正解を当てるというものでした。正解のボタンを押せば姫が現れ、外れのボタンを押すとお腹を空かせたライオンが現れます。カイジは自分がやる前に他の人間がこのゲームに挑戦しているのを見ます。恋人に裏切られた借金まみれの彼氏はライオンを引き当ててしまい金持ちの観客の前で食い殺されてしまいます。観客たちは大盛り上がりです。その光景を目撃したカイジは「なんにも変わってねぇ!どいつもこいつも狂ってやがる!」と叫びます。

カイジはこの『姫と奴隷』に挑戦することになります。姫は石田のおっさんの娘・裕美が務めます。裕美は正解の番号を知っていてカイジに番号を伝えますが、その番号が本当に正解かどうかはわかりません。心理ゲームの勝負となります。そこへかつて限定じゃんけんで勝負した船井(山本太郎)が現れてさらにカイジの心を惑わせます。しかし現れた利根川がカイジに助言を与え、カイジは裕美の言っていた番号のボタンを押し、見事に裕美のいる部屋の扉を開けました。これにより坂崎は救われました。

その後、カイジと坂崎の拠点に利根川が現れ、『沼』攻略に参加することになります。そこに一度裏切りを働いた裕美が姿を現し「帝愛」から逃げてきたと言い仲間に加わりたいと申し出ます。利根川はありえないと告げますがカイジは裕美を仲間に迎えることにしました。

カイジたちは一条に勝負を挑むために入念な準備を開始します。裕美は再び裏切りを働いていましたが、そのことをお見通しだったカイジたちはあえて嘘の作戦を裕美に話していてこの裏切りを逆手に取ります。一条の釘調整を惑わすために釘調整の道具に秘かに細工をし、またカジノが入っているビルごと傾ける大掛かりな作戦を実行し、『沼』勝負に挑みます。カイジの放つパチンコ玉は準備の成果もあり次々とクルーンを突破していきます。多くの観衆がカイジの『沼』勝負に熱狂し誰もが可能性を感じ始めていました。

『沼』を攻略されれば一条は自分が地下に落とされることになります。危機を感じた一条は禁じ手を使ってしまいます。クルーンにはパチンコ玉が吸い込まれる穴から風が出る装置が仕込まれていて、一条はリモコンを使ってパチンコ玉を弾き出します。しかしこれはあまりにあからさまないかさまで、群衆の怒号が響き渡ります。一条はもうしばらく『沼』を打つ人間はいなくなるだろうと覚悟しながらもカイジの打ち込むパチンコ玉を弾いていきました。

しかしカイジは構わず打ち続けます。その結果弾は詰まりはじめ詰まった弾は風に負けない力でクルーンの穴に吸い込まれていきます。どちらかというと押し込むイメージです。このままいけば最後の穴に押し込むことができると思っていた矢先に、持ち金を使い果たしてしまいます。カイジたちの資金はショートし、もうどこにもお金はありませんでした。カイジは一条に半分でいいからと謎の条件を持ち掛けます。もちろん一条はカイジの申し出を断り、勝ち誇り安堵をしていました。すべてが終わったかと思った矢先に、石田のおっさんの娘の裕美が一条を裏切りカイジたちに味方します。裕美は帝愛グループのキャッシュカードを持っていて、そのカードを使って大金を下ろしてカイジに託しました。裕美も借金をしたことになります。カイジは託されたお金を使い『沼』勝負を再開。一条はすべてを諦めました。カイジは見事に大当たりを引き当て『沼』はこれまで吸い込んできたものを吐き出します。カイジは叫びながら吐き出される『沼』のハンドルを握り続けました。

カイジたちに『沼』を攻略された一条は黒服によって地下帝国に連行されていきました。カイジ、坂崎、利根川、裕美は『沼』によって得た大金を山分けしました。カイジはこれで地下帝国にいる仲間を救い出すことができることとなりました。しかし利根川がカイジに勝負をしないかと持ち掛けます。カイジは仲間を救い出す分のお金を引いた余ったお金で利根川と勝負することにします。利根川とカイジはお金を車のトランクに入れ、車の中で勝負を開始しようとします。しかしいきなり車の後部が炎上し始めます。利根川が気付きカイジに炎上していることを告げますが、カイジはその隙に利根川がいかさまをする気だと思い取り合いません。焦る利根川、聞かないカイジ、車は大炎上を始めます。なんとカイジがゲットした大金は灰と化してしまいました。

地下から出てきた仲間と共に居酒屋で朝まで騒いだカイジは仲間と店の前でお開きの最後の大騒ぎをしていました。その様子を利根川が車から見ていました。利根川はカイジの様子を見ながら「いいいよな、お前には仲間がいるんだから」と呟き車を走らせ去っていきました。利根川の車には大金が積まれていました。燃えて灰となったのは利根川がすり替えていた紙でした。カイジはまんまと利根川に騙されていたのでした。

仲間と別れ一人歩き出すカイジ。わずかのお金しか持っていないカイジでしたが、次の勝負を感じさせる足取りでカイジは雑踏の中に消えて行きました。

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』感想・評価

『カイジ~人生逆転ゲーム~』の続編となるわけですが、よく続編はクオリティが落ちたり駄作になってしまう事が多いと聞きますが、個人的にはこの『カイジ2~人生奪回ゲーム~』は十分面白くて楽しめせて頂きました。M&O今回の主軸になっている『沼』に関しては原作の漫画を読んでいたのですが、それでも十分に楽しめました。というか漫画で読んでいた『沼』が実写化していることに普通に興奮してしまいました。原作のファンの人もテンション上がった人が多かったのではないでしょうか?

カイジを演じた藤原竜也さん、利根川を演じた香川照之さんは引き続き素晴らしいお芝居を見せてくれて大満足なわけですが、一条を演じた伊勢谷友介さんも坂崎を演じた生瀬勝久さんも劣らず素晴らしくて。最高のキャスティングに舌鼓を打たせて頂いたという感覚です。伊勢谷友介さんは笑いも誘う演技で緊迫したシーンの中で人間の脆さを表現してくれていました。僕的にはとっても一条役にハマっていた印象です。『俺?』っていうセリフの言い方がすごく好きです。是非注意して観てください(笑)

生瀬勝久さんは原作とはビジュアルからしてかなり違うのですが、でもしっかり坂崎でした。これはやっぱり生瀬勝久さんがものすごく上手い俳優だからこそできる芸当だと思うのです。坂崎というキャラクターを生きているんでよね、だからどう見ても坂崎になるんです。あの濃いキャラクターにリアリティを持たせるのもなかなかできることではありません。本当にさすがといった感じでした。

ストーリーも先が読めない展開で楽しめる映画です。俳優陣の演技も見応えあって様々な面で楽しめる映画です。おすすめ映画です。ぜひ。

 

映画『カイジ2~人生奪回ゲーム~』

ダマして、奪え。俺たちの未来を取り戻せ。

 

前作『カイジ人生逆転ゲーム』ももちろんおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                                 M&O

まずは無料でお試し。