THE ENTERTAINMENT DIARIES

俳優からブロガーに転身し文字でエンタメを発信中

映画『カイジ人生逆転ゲーム』あらすじキャスト評価 藤原竜也主演映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『カイジ人生逆転ゲーム』あらすじキャスト評価 藤原竜也主演映画【概要・キャスト】

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対おすすめ映画シリーズは『カイジ人生逆転ゲーム』です。

大人気漫画『カイジ』の実写映画化の第一作目となります。最近新作『カイジ~ファイナルゲーム~』の制作が発表されましたので、せっかくなので『カイジ』の過去作品の映画レビューをしていきたいと思います。元々大好きな映画で何度も観ている映画です。原作が面白い上に藤原竜也さん×香川照之さんですからね。最高に面白い映画となっています。

 

それでは『カイジ人生逆転ゲーム』の映画紹介です。

映画『カイジ人生逆転ゲーム』は2009年に公開された日本映画です。

上映時間は129分。

原作は福本伸行による漫画『カイジ』です。

監督は佐藤東弥監督。テレビドラマを多く手掛けている監督です。

 

出演は

伊藤開司・・・藤原竜也

遠藤凛子・・・天海祐希

利根川幸雄・・・香川照之

船井譲次・・・山本太郎

石田光司・・・光石研

大槻太郎・・・松尾スズキ

兵頭和尊・・・佐藤慶

佐原誠・・・松山ケンイチ

女将・・・もたいまさこ

石田裕美・・・吉高由里子

宇多・・・村田充

高田・・・丸山智己

石和謙介・・・載寧龍二

間島悟・・・尚玄

黒服・・・福本伸行

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190603185016j:plain

映画『カイジ人生逆転ゲーム』あらすじ

伊藤開司(藤原竜也)は定職に就かずにコンビニのアルバイトを適当にこなして食いつないでいる26歳の青年。何か夢ややりたことがあるわけでもなく、ただ時間が過ぎるままに日々を過ごしていました。

ある時カイジはバイト帰りに見掛けた高級外車にケリを入れて自分の上手くいっていない人生の八つ当たりをしていました。すると見るからに怖そうな面々に追いかけられカイジは必死に謝ります。その時にカイジの前に現れた女性はカイジに借金があることを知らせます。女性の正体は遠藤凛子(天海祐希)で金融会社の社長でした。カイジは過去に友人の借金の保証人になっていて、その友達の代わりにカイジに支払い義務があるという話でした。借金は利息が膨れ上がっており202万となっていました。

そんな借金は払わないと一点張りのカイジを遠藤が一喝します。そして今回のこの借金をいっぺんに返済できるいい話があるとカイジに持ち掛けます。遠藤はどんな内容かは明かさずに、とにかく今夜晴海ふ頭から出航する船に乗り込むようにカイジに言います。そんな大金を返す当てのないカイジはその船に乗り込むことを決め晴海ふ頭へと向かいます。

港にはエスポワールという船がありカイジは疑心暗鬼のままエスポワール号に乗り込みました。エスポワールとはフランス語で希望という意味でしたが、カイジの胸の中は大きな不安とほんの少しの希望でいっぱいでした。

船の中にはすでに乗り込んでいた者たちで溢れていました。明るいオーラはまったくなく皆何かしらわけありな雰囲気をまとっています。

そこへ突然、帝愛グループの利根川(香川照之)という男が現れ、説明を始めます。利根川は船に乗りこんだ参加者たちを「負け犬」とこき下ろし、これまでの彼らの人生を激しく否定します。しかし最終的にはその口の上手さから参加者たちは涙を流して感動し、利根川の提案するゲームへと参加する意思を固めるのでした。

利根川が提案したゲームとは『限定じゃんけん』。グーチョキパーの書かれたカードを駆使して行うじゃんけんゲームで、勝てば星をゲットできて借金返済、それどころか借金返済しても大金が余る可能性があります。しかし3敗して星をすべて失った場合は地下に強制的に連れられ人としての扱いをされない過酷な地下労働を強いられることとなります。じゃんけんでは強敵・船井譲次(山本太郎)などを相手にカイジは奮闘します。このじゃんけんゲームで知り合った石田のおっさん(光石研)と共に懸命に戦うカイジ。直感を元に機転を利かして船井になんとか勝利するカイジ。船井は地下へと送られますがカイジと共闘していた石田のおっさんがカードを残したまま時間終了となり、カイジは石田のおっさんだけを地下労働に行かせることができず、2人戦ったから2人のカードだと言って自らも地下労働に行く道を選びました。

地下帝国で課せられる強制労働は過酷を極めるものでした。カイジと石田のおっさんは他の労働者と共になんとか地下帝国での強制労働をこなしていきます。そして初めての給料日、カイジが手にしたのはペリカと呼ばれる地下帝国で使える通貨でした。それも自給換算するとひどい低賃金でした。しかしカイジは一刻も早くこの地下帝国から脱出しようと一銭も使わずに貯めようと決意します。しかし班長の大槻(松尾スズキ)は売店コーナーのビールなどを驕りカイジを誘惑してきます。カイジはこの誘惑にあっさり負けてビールに柿ピー、焼き鳥などを買いまくりあっという間にもらった給料のペリカを使い果たしてしまいました。石田のおっさんもおいしそうにビールを飲んでいました。

カイジはこの地下帝国でブレイブメンロードというゲームの話しを聞きます。病気で働けなくなり労働できなくなったもの、また一攫千金を狙う者が参加するゲームで、高層ビルに掛けられた一本の鉄骨を命綱なしで渡りきるという内容のゲームでした。言うまでもなく落下すれば確実に命を落とすことになります。地下労働をしていた佐原(松山ケンイチ)は身体を壊しこのブレイブメンロードへの参加を志願します。ブレイブメンロードを渡り切った者は一千万円と共に自由を手にすることができるのでした。カイジはこのブレイブメンロードに参加する決意をします。そして石田のおっさんもこのブレイブメンロードに参加することになりました。

落ちれば即死の一本の鉄骨を渡ることは感じたことのない恐怖を参加者たちに与えました。さらに上空は風も強く風に煽られて落下するもの、互いに掴み合い二人とも落下するもの、参加者はどんどんと落下していきます。このブレイブメンロードは富裕層たちが鑑賞して楽しむことを目的としていて、人間が落下するたびに金持ちの観客たちは歓声を上げて喜んでいました。どいつもこいつも狂ってやがるという状態です。

途中までなんとか鉄骨を渡る石田のおっさんでしたが、これ以上は無理だと思い、前を歩くカイジに自分の持っている一千万円のチケットを託します。石田のおっさんには一人娘の石田裕美(吉高由里子)がいました。自分のせいで何もいいことがなかった娘にこのチケットを届けてくれと頼む石田のおっさん。カイジは石田のおっさんを励ましますが、カイジが目を離した隙に石田のおっさんは静かに落下していました。カイジが動揺しないようにひっそりと落下していったのでした。カイジは石田のおっさんの気持ちを受け取り、生き残っている佐原と共に鉄骨を進んでいきます。

佐原と共にゴール地点に辿り着いたカイジ。佐原は扉を開けようとしますがカイジは嫌な予感がして佐原を止めます。しかし佐原はそのまま扉を開けてしまいます。開けた扉からは突風が吹きだし、佐原はゴールを目前にして無念にも落下していきました。利根川は落ちていく佐原を見ながら「内と外の気圧差による、突風。」と呟きました。

カイジはゴールを果たします。自分の持っている一千万円のチケットと石田のおっさんのチケットを渡し、早く二千万円を寄越せと利根川に言います。カイジは「何人死んだと思ってるんだ!」と怒り狂っています。利根川は石田のおっさんのチケットなど無効に決まっているとカイジに話し、カイジは石田のおっさんに娘の裕美に渡してくれと頼まれたと泣き叫びます。さらにカイジの一千万円もカイジの暴利のついた借金を差し引かれると75万円しか残りませんでした。

騒ぎ立てるカイジに会長の兵頭がチャンスを与えます。カイジは利根川とEカードというゲームで一騎打ちすることになります。勝てば賞金をもらえますが負ければ地下帝国でずっと強制労働をさせられることになります。Eカードとは奴隷と皇帝と市民のカードが配られ、お互いにカードを切っていくというもので、市民は奴隷に勝てますが校庭には勝てません。奴隷は市民に勝てませんが皇帝に勝つことができます。皇帝は市民には勝てますが奴隷には負けてしまいます。切るカードで勝敗が決まるゲームです。

張り詰めた緊張感の中でEカードが開始されますが、カイジの考えていることは利根川に手に取るようにバレていました。利根川はいかさまをしていました。カイジは地下で働く際にチップを埋め込まれていたのですが、そのチップからカイジは心拍数などを利根川に知られていました。いきなり負けてしまうカイジですが、遠藤が手助けをしてくれて再勝負に挑みます。カイジは自らの頭を壁に打ち付けて心拍数をめちゃくちゃにしました。カイジの頭からは血が流れています。カイジから噴き出した血はテーブルの上に置いてあるカードにかかり、カイジは血を拭きながら利根川の様子を伺っていました。利根川もカイジの血のかかったカードをじっと観察していました。カイジはここで利根川をハメます。カードのすり替えを行ったかのように見せて実はすり替えていなかったのです。すり替えもどきです。利根川はこのカイジの作戦にまんまと騙されカイジは見事に勝利を収めました。カイジは見事に賞金5億円を手にします。利根川は負けたことにより兵頭の怒りを買い、すべてを失い地下帝国に送られていきました。

五億円を手にしたカイジは遠藤と屋形船に乗りお祝いをしました。カイジの傍らには5億円の現金が置いてあります。しかしカイジがビールを飲むとカイジは急激に眠気に襲われました。カイジが目を覚ますと遠藤とお金が無くなっていました。遠藤からの置き手紙にはカイジが遠藤に返すべきお金の内訳が書かれていました。カイジは利根川との勝負の時に遠藤がお金を貸してくれたおかげで再勝負をすることができたのでした。屋形船にカイジのやりきれない叫びが響いていました。

カイジは石田のおっさんの娘の裕美の元を訪れます。裕美の勤務先に行き石田のおっさんが残したチケットを渡してくれるように頼みその場を去りました。歩き出したカイジの顔は新たな戦いを予感させるものでした。

 

映画『カイジ人生逆転ゲーム』感想・評価

映画『カイジ人生逆転ゲーム』はかなりハマりました。DVDを買って何回観たかわからないぐらい観た気がします。特に『Eカード』のシーンは面白過ぎてかなり観ていました。バトルの時の藤原竜也さんと香川照之さんの演技がもう凄すぎて・・・熱演とはまさにこのことだ!と言っていいほどの熱演を見せてくれています。

エンターテインメント映画として個人的にはかなり楽しめる映画だと思いますし、僕はとても好きな映画です。原作の漫画はまったく読んだことがないというわけではなくて少しだけ読んだことがある程度だったのですが、M&O的には原作を読んでいても読んでいなくても楽しめる映画だと思います。原作のかなりのファンの方の意見はわからないですが、カイジという主人公を藤原竜也さんが演じることに関しても多くの人に受け入れられていると感じています、藤原竜也さんのモノマネもカイジ関連のモノマネが多いですし。僕としては藤原竜也さんがカイジを演じるということを最初に知った時はだいぶテンション上がったのを覚えています。『絶対おもしろくなるじゃん!』と思ったのですが、案の定面白くてしかもそれ以上の面白い出来になっていました。藤原竜也さんのように確かな演技力の人が漫画原作のキャラクターを演じてくれるというのは映画ファンとってかなり贅沢なことだと感じています。

香川照之さんもまた素晴らしい利根川で、緊迫したシーンは緊張感を与えてくれていて、真面目に演じているのだけれど思わず笑ってしまうようなシーンもあり、とにかく一秒たりとも観る者を飽きさせないお芝居を見せてくれています。Eカードのシーンの演技が特にやばいんです(笑)本当にこの演技は香川照之さんにしかできないだろうなと思わされる演技なのです。怪演という言葉がとても似合います。

光石研さんも石田のおっさんにぴったりで、僕は原作よりも映画の石田のおっさんのほうが好きなぐらいです。

天海祐希さんが演じた遠藤は本来は男性なのですが、設定を女性に変えて天海祐希さんが演じているわけですが、天海祐希さん好きのM&Oとしてはとても嬉しかったです。

続編となったカイジ2も面白かったですし、新作『カイジ~ファイナルゲーム~』も楽しみです!

もしもまだ観ていない人がいらっしゃいましたら、新作『カイジ~ファイナルゲーム~』に備えて『カイジ人生逆転ゲーム』を是非ご鑑賞ください!

おすすめ映画です。ぜひ。

 

続編の『カイジ人生奪回ゲーム』ももちろんおすすめ。

www.myprivatecomedy.net

                              M&O