THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

原田龍二のニュースを見て思う『芸能人とファンとの関係』

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

原田龍二の不倫報道よりも相手がファンという方が気になる

こんにちは、M&Oです。

今回はネットやテレビで取り上げられている原田龍二さんのニュースについて書いていきたいと思います。

内容に関しましてはいろんなメディアで取り沙汰されていますので詳細はここではそこまで詳しくは書きませんが、ファンの女性と会い、自分の車で事に及んでいたということです。世間ではその所要時間がたったの10分間であることやもちろんその不倫行為に対して怒りの声も少なくない状況です。

原田龍二さんは自ら会見を開き、事実を認めて謝罪していました。

個人的にはこういった芸能人の不倫のニュースに関してははっきり言って興味がないですし、毎回ネットやテレビでどなたかの不倫のニュースを見ても特になんの感想も持たなければ衝撃を受けることもありません。知り合いの芸能人だったらさすがに『うおっ!マジか!!』と思う事もあると思いますが、知り合いでもない芸能人の不倫のニュースには特に毎回なんの感情もありません。

だって完全にその夫婦の問題であって周りがガヤガヤいう事じゃないですからね。不倫をされた奥さんや旦那さんがどう思うかということしかないですよね。その後の生活とかお子さんがいたりとか、様座な事を冷静に考えたりしなくてはいけないでしょうし、今回の原田龍二さんのように猛省を示しているならば、もうしてしまったものは仕方ないわけですからこれからが大切になるのかなと思うのです。そういうことをしてしまった過去は変えようがないですから。

そういえば原田龍二さんって俳優時代にお見掛けしたことはあるのです。個人的にお話をする機会はまったくなかったですが。すごく顔が小さくてカッコよかったです。誠実さもすごく滲み出ている感じでした。

だとしても『不倫』のニュースが自分にとってどうでもよすぎて、『えっ!あの原田龍二さんが!?』と驚くこともなかったですし、特に幻滅することもなかったです。もちろん不倫はダメな事ですけどね!

そもそもなんでこんなに芸能人とか有名人の不倫って大々的に取り扱われるんですかね?『他人の不幸は蜜の味』とよく言いますが、冷静に考えると特に自分にとって何一つメリットがないですよね。いい暇つぶしといった感じなのでしょうかね。これは昔から言われていることですが、特に不倫のニュースを取り上げられる回数が減っている感じはしないですし、むしろ文春砲など盛り上がっている感じですよね。これは完全に需要があるから今の状況になっているのだと思うので、こういうニュースが好きな人ってやっぱり一定数はいるのでしょう。誰も見向きもしないのであればこういうニュースもきっと衰退しているはずなので。まぁ一番はこういう行為をしなければいいんすけどね!

今回の原田龍二さんの不倫のニュースを見て、いつも通り特に何も思うことはなく『へー』ぐらいの感想だったM&Oなのですが、唯一気になったのが『不倫の相手がファンの人』という事だったのです。これもそれなりに最近聞くことではあるのですが、僕としてはちょっと信じられないというか・・・SNSを使ってそういうことをしてしまうと、いろいろと問題もあることはもちろん、ファンとの関係性も崩れてしまう気がしてならないのです。

f:id:myprivatecomedy:20190602112326j:plain

ファンにとって芸能人は『手が届かない存在』でいるほうがいい

個人的にはファンの人にとって芸能人はどこか手の届かない存在である方がいいと思うのです。手が届かない状態の方が美化してしまう部分も多くなりますし、芸能人の方々もある程度の距離があるからこそイメージというものを構築できるのではないかと思います。四六時中、24時間、芸能人として生活するなんて無理ですからね。アイドルはおならをしないなんて虚像を持っている人はさすがにいないと思いますが、大げさに言うとそういう事です。何度も会っていてそれが当たり前になったらきっと冷めてきてしまうんじゃないですかね。会いたいけど会えなくてって状態で応援している方が末永く応援し続けられるんじゃないかしら。

そしてやはりここ最近目にするたびに『すごいことするなぁ』と思っているのが、SNSのダイレクトメッセージでファンの人とやりとりをするという事です。原田龍二さんもインスタグラムのメッセージで元々繋がったとか・・・・。お笑い芸人さんでもよく聞きますよね。まぁ結論を言ってしまえば個人の自由なので全然いいのですが(不倫は良くないですけどね)、芸能人としてあまりにリスクを考えていないというか・・・。全然知らない相手で、しかも知り得ている情報も確かなモノかもわからずといった状態ということですよね。勇気ありすぎじゃないですか??これを勇気というのは語弊がありますね。さすがに浅はか過ぎじゃないですか??そういうことをしている芸能人すべての人に対してです。だって一体どこを信用しているんですかね。信用する材料が少なすぎる中でそんな行動に出れるって・・・。『バカとつき合うな』で堀江貴文氏が西野亮廣氏のことを「とにかくバットを振る奴」と評価していましたが、もちろん今回のこういったケースではあてはまりません。

ただいいことなのか悪い事なのかは別として、ファンの人達も可能性が昔よりもある時代になっているという事ですよね。昔で言えばファンレターの写真とかプリクラを同封してみたいな感じだったと思いますが、きっと返事が来ることって皆無に等しかったと思うのですが、SNSの時代になって形が変わってきていますよね。それに伴って芸能人とファンとの関係性も必然的に変化していっているのだと思います。そもそもSNSの時代になってプライベートが謎めいている芸能人も減りましたしね。憧れの人間が身近になり過ぎることはエンタメとしていい事なのかなんとも言えませんが、個人的にはあまり身近になり過ぎると良くない面もある気がします。アルバイト先の先輩が出ている舞台や映画を観に行くみたいな感覚にはなってほしくないなぁと思うので。

本当にこの同じ世の中に存在しているのか!?ぐらいの羨望な眼差しで僕なら見ていたいなぁと思います。

他人の不倫とか浮気とかはどうでもいいのですが、芸能人が自分で自分の価値を下げる行為はいただけないかなと思います。

                                  M&O