THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

芸能界で働くこと(俳優やミュージシャンなど)のメリットやデメリットとは? M&Oの質問コーナーのお答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

芸能界は華やかな世界というイメージ

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられたご質問にお答えさせて頂きます。

引き続きご質問ありがとうございます!

www.myprivatecomedy.net

引き続き締め切りなくご質問受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にどうぞ!

 

今回のご質問は伊達さんから頂きました。ありがとうございます!そしてこのブログを読んで頂いていてありがとうございます!

今回は

『いつも楽しく拝見しています。芸能界は、一度は憧れる業界で華やかなイメージもあり、もちろん裏ではそうじゃない部分もあると思います。俳優、ミュージシャンとジャンルは色々とありますが、お聞きしたいのは、芸能界で働く事のメリット、デメリットをお聞きしたいです。もちろん、活躍しているか、有名か、人気があるか、などあると思いますが、気になっています。よろしくお願い致します。』

というご質問を頂きました。ありがとうございます!

なるほどと思うご質問ですね。確かにいろいろと気になる部分ではあるかと思います。

それでは早速M&Oなりにお答えさせて頂きます。

まず一度は憧れる芸能界とありますが、これはまさにおっしゃる通りで全員が全員というわけではないと思いますが、ほんの少しだけならほとんどの人が芸能界に一度は憧れた経験があるのではないでしょうか??『どうせ自分には無理だろう』『ああいうのは選ばれた特別な人がやる仕事なんだろう』といった感じでやらずに諦める人たちもものすごく多いのではないかと思います。

これに関しては、芸能界は『芸能界=華やかな世界』というイメージを一般の人に持ってもらわないといけないので、ある意味成功しているのではないかと思います。芸能人が一般の人にとって憧れの存在であるというのはとっても重要で、そういう憧れがまったくなくなってしまったら、仕事として成立しなくなってしまうと思います。ただこれに関しては昭和の頃から考えるとだいぶ憧れが弱まっている傾向にあると思いますが・・。ハリウッドなんてその最もたる例で、ハリウッド俳優はセレブリティとして多くの国民から崇められています。演者が身近な存在になりすぎることはエンターテインメントの世界ではあまり良くないことでもあるんじゃないかと個人的には思っています。そして『憧れ』を持つような華やかな世界だからこそ、多くの人が俳優やミュージシャンなどになって芸能界で働きたいと強く思うのではないかと思います。たぶんですが、トップレベルに売れているアイドルや俳優やミュージシャンがめっちゃ貧乏で生気のない顔でうんざりした顔で働いていたらだれもそれらの職業を目指さないでしょうし。もちろん純粋に歌が好きだ!とか演じるのが好きだ!という人もいらっしゃいますが、それでも華やかな世界に憧れている要素は少しはあると思います。

そんな華やかなイメージを持たれる(持たせている?)芸能界ですが、働く上でのメリットとデメリットについてお答えします。個人的見解ですが。

f:id:myprivatecomedy:20190528202346j:plain

芸能界で働くことのメリットとは

一概に芸能人というとかなりカテゴリーが大きくなってしまいますが、基本的にということで書かせて頂きますと、まず第一に『刺激はある』と思います。やはりその仕事をしてくてする人がほとんどで好きでその仕事をしているわけですし、ルーティンワークではまったくないので、毎日刺激に溢れているのではないかと思います。

俳優で言えば毎日撮影とか舞台の本番とか稽古とか好きな芝居をしてお金ももらえて、しかも共演者とかスタッフの人とかともコミュニケーションを取って、一定の期間が過ぎればまた次の現場に入って新たな環境で新たな出会いなどもありつつ、しっかりと結果を出さなければならないというプレッシャーとも常に戦うわけなので、やはり刺激的な毎日が過ごせると思います。

そしてこれはちょっとカッコ悪い事を言いますが、『チヤホヤされること』も結構なメリットかもしれません。ある程度結果を出しているレベルになれば現場でも普段の生活でも少しチヤホヤされるので、それは誰でも悪い気はしないと思います。ただそこで調子に乗るかどうかで明暗が分かれるので要注意なことでもあるのですが。

刺激があると似ていますが『やりがい』を感じられるのも芸能界の仕事の特徴ではないかと思います。もちろん一般の企業でもやりがいは感じられますが、芸能界の仕事は特に『替わりがきかない』仕事なので、自分という人間の存在意義を実感しやすいかもしれません。自分が商品なわけなので自分じゃないと成立しない仕事が多々あるわけなので、簡単に穴もあけられません。

これは売れた場合に限ってですが、普通にサラリーマンをやっている人の平均よりかは高いお金を得ることができるのもメリットかだと思います。普通の企業に勤め続けている人達が生涯の年収は大体これくらいだなと勘定できてしまうのに対して、普通に働いていては手にできなかったであろう財産を手にする可能性も秘めているわけです。ただこれはもちろんデメリットも大いにあることなのですが・・・。デメリットでも書かせて頂きます。

あとは、単純に有名人と仕事したりするわけですから、有名人と会ったり友達になったりもありますよね。男性だったら綺麗な人と知り合う機会も多いですし、女性だったらイケメンと出会う機会も単純に多いと思います。ビジュアル面だけじゃなくても魅力的な人は比較的多いと思いますので、そういう人と出会う機会が多いのもメリットではないかと思います。

そして綺麗ごとを言って申し訳ないですが、芸能界で働くことの最大のメリットはやはり『人々に夢を与えることができること』ではないでしょうか?『○○のようになりたい』『見ているだけで幸せな気持ちになる』『○○の歌に勇気をもらった』『あの映画見て毎日が楽しくなった』『○○を応戦することが生きがい』など、何かしらでその人の人生を輝かせることができたならそれってすごく崇高なことですよね。芸能界は他の職業よりそういう機会に恵まれていると思うので、。

 

以上が思い浮かんだ『芸能界で働くことのメリット』です。

ご質問ありがとうございました!少しでもお役に立てたなら嬉しいです。と、今回のご質問のお答えを締めようとしていますが、実はまだ『芸能界で働くことのデメリット』を書けていません(笑)気づいたらかなり長い記事になってしまいましたので、次回に書かせて頂きます。続けて書かせて頂きますので!

                                M&O