THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

絶対観るべき映画『駆込み女と駆出し男』あらすじ・キャスト・評価 井上ひさしの小説を大泉洋・戸田恵梨香・満島ひかり・樹木希林ら豪華キャストで映画化

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『駆込み女と駆出し男』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のあM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『駆込み女と駆出し男』です。

かなりの豪華キャストです。しかし決して無駄使いをしている感じはなくそれぞれが魅力的なキャラクターで楽しませてくれます。皆さん素晴らしいのですが、特に満島ひかりさんのお芝居がとても輝いています。

それでは映画紹介です。

 

映画駆込み女と駆出し男は2015年に公開された日本映画です。

上映時間は143分。

監督は原田眞人監督。『金融腐蝕列島<呪縛>』『突入せよ!あさま山荘事件』『クライマーズハイ』『わが母の記』『日本のいちばん長い日』などの監督です。社会派の映画を得意としている印象です。

 

出演は

中村信次郎・・・大泉洋

じょご・・・戸田恵梨香

お吟・・・満島ひかり

戸賀崎ゆう・・・内山理名

田の中勘助・・・松岡哲永

お勝・・・キムラ緑子

利平・・・木場勝己

重蔵・・・武田真治

鳥居耀蔵・・・北村有起哉

近江屋三八・・・橋本じゅん

清拙・・・麿赤児

貸本屋・・・高畑淳子

風の金兵衛・・・中村嘉葎雄

三代目柏屋源兵衛・・・樹木希林

堀切屋三郎衛門・・・堤真一

曲亭馬琴・・・山崎努

為永春水・・・でんでん

寺役人・・・堀部圭亮

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190528161657j:plain

映画『駆込み女と駆出し男』あらすじ

鎌倉に東慶寺というお寺がありました。東慶寺は幕府公認の縁切寺で、離縁を望む女性が駆込むお寺でした。

この時代は妻から夫に離縁を言い渡すことができず、そのために離縁を望む女性たちのたちのために東慶寺が存在していました。東慶寺に駆け込みをすれば東慶寺が離縁の手助けをしてくれるというものでした。

しかし東慶寺に簡単に入れるというわけではなく、その前段階の『御用宿』という東慶寺の前にある機関で、寝泊まりをしながら事情を話し、東慶寺に行かずとも問題解決が可能であればその御用宿で問題を解決し東慶寺に行くことはありません。御用宿で問題が解決しない場合のみ、東慶寺へと向かいます。夫が離縁にどうしても応じない場合などは東慶寺に行き、二年間修行をし、その後に離縁が成立します。この場合夫は異議申し立てなどはできず、離縁に従うしかなくなります。

堀切屋三郎衛門(堤真一)の妾であるお吟(満島ひかり)は離縁を決めて東慶寺へと向かいます。特に離縁を申し立てたわけではなく、さりげなく出ていき東慶寺へと駕籠を走らせました。

同じ頃、鉄工所で働くじょご(戸田恵梨香)が働かずに酒と女遊びばかりしている夫・重蔵(武田真治)に嫌気が差し離縁を申し立てますが、重蔵はこれに応じません。じょごは東慶寺の存在を知り、東慶寺へと向かい山道を歩きだします。

暗い中で山道を歩いていたじょごは同じく東慶寺へと向かっていたお吟と遭遇します。お吟は駕籠の人間に襲われ足を挫いて動けなくなっていました。なんとか追い払ったものの追手が来ることを恐れているお吟はじょごに助けを求めました。

じょごはお吟をおぶって東慶寺への山道を歩き続けました。まもなく東慶寺に駆込めるとなった時に、笠を被った男が2人に声を掛け追いかけてきます。お吟を連れ戻し来た追手だと思ったお吟とじょごは必死に逃げます。寸前で男に肩を掴まれたじょごは思わず男を殴り倒します。なんとか無事に駆け込みをして、じょごとお吟は御用宿に保護されました。じょごが殴り倒した追っ手かと思われた男ですが、追っ手ではなく医者見習いの中村信次郎(大泉洋)という男で、お吟が足を怪我しているのを見て治療をしようとして声を掛けて追いかけていたのでした。信次郎は医者見習いであると同時に戯作者見習いでもあり江戸に滞在していましたが、問題発言をして江戸にいられなくなり御用宿の三代目柏屋源兵衛(樹木希林)を頼って来たのでした。信次郎は源兵衛の甥にあたるのです。

じょごとお吟は御用宿・柏屋で事情聴取を受け、宿の家事も手伝いはじめます。それぞれの事情を話し夫との関係や離縁を望む理由を話しました。じょごは顔に火ぶくれがあり信次郎は治療を志願しますが、信次郎のアドバイスに納得して治療を受けます。

信次郎は様々な方法で男女問題を解決していきますが、自分自身もトラブルに巻き込まれ・・・。

映画『駆込み女と駆出し男』感想・評価

前々から気になっていた映画だったのですが、どういうわけかなかなか手を出せず先日やっと観ました。原作が井上ひさしさんだし最初から興味を持っていてもおかしくなかったのになと我ながら思うのですが、なぜだかこれまで観る機会を作らずやっと機会を得た感じでした。

思った通りというと最近観た身としてはなんだかこんなことを言うと恥ずかしさを感じますが、思った通り面白かったです!笑いあり涙ありといった感じで、さすが井上ひさしといった内容でした。東慶寺という実在した縁切り寺が舞台になっていることがもうすでに面白いですよね。コミカルに人情感たっぷりに演じてくれている役者陣と間違いない演出でストーリーが一層面白くなっています。

大泉洋さんをはじめ魅力的なキャストが映画に見事に惹き込んでくれます。戸田恵梨香さんも健気なんだけど意思の強いじょごを好演されていますし、満島ひかりさんはいつも通りのさすがの演技力で感動させてくれますし、樹木希林さんはその包容力で決して甘やかさないけれどもどこかあたたかい空気感を常に出していて、橋本じゅんさんは声を出して笑ってしまうほどに笑わせてくれます。

143分と少々長めの映画ですが、様々な出来事が起きたりの展開で飽きることなく楽しんで頂けると思います。是非観て欲しい作品です、おすすめです。

 

映画『駆込み女と駆出し男

江戸時代の離婚は現代の2倍!?離婚調停人が人生再出発のお手伝い、承ります。

                             M&O