THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

ドラマや映画において遅咲きの俳優起用の傾向とその理由 M&Oの質問コーナーの答え

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

なぜ遅咲きのベテラン俳優が重宝される傾向になったのか

こんばんは、M&Oです。

今回はM&Oの質問コーナーに寄せられた質問にお答えさせて頂きます。

www.myprivatecomedy.net

ご質問ありがとうございます!すぐにはご回答できないこともあるのですが、まだまだご質問受け付けておりますので、良かったらお気軽にご質問してくださいっ。

それでは今回のご質問ですが、匿名希望さんから頂きました。ご質問ありがとうございます!

今回のご質問は

『最近、微妙な遅咲き俳優ばかりが使われてますが何か理由があるのでしょうか?
よく見る面々より容姿も演技も優れた俳優がいっぱいいると思うのですが。』

というご質問を頂きました。ありがとうございます!これはきっと匿名希望さんの頭の中には何人か具体的な俳優が浮かんでいることと思いますが、お名前は出さずにいてくれているようですね。僕も個人名などは出さずにお答えさせて頂きます。

それではM&Oなりにお答えさせて頂きたいと思います!

 

匿名希望さんのおっしゃられていることはとてもよくわかるというか、確かに『えっ!?誰?このおじさん??』と思わず思ってしまう俳優をいきなりテレビドラマなどで見掛けることってありますよね。

もしくは結構前からテレビドラマで見ているけど、おじさんになってから見るようになったし若い時のルックスも知らないし、間違いなくこの人遅咲きなんだろうなということもかなりあるのではないでしょうか?

そして確かにそういったベテラン俳優が今はテレビドラマや映画に多々出演していて、そのままドラマや映画に出演し続けている人もたくさんいらっしゃいます。

俳優側からすれば、チャンスが広がるのはいい事ですしテレビドラマに出演することは知名度を上げるにはもってこいの仕事なので嬉しい事態だと思いますが、匿名希望さんのご質問としては『もっと容姿も演技も優れた人もいるのになぜ?』ということだと思います。

まずですね、こういった遅咲きベテラン俳優が起用されるようになった理由ですが、こういったベテランになってからテレビドラマで活躍されている俳優はドラマにいきなり出演しているわけではありません。もちろん役者になりたてとかそういったわけでもありません。映画や舞台ですでに活躍されている人がほとんどです。映画もそれなりに知名度が上がる仕事なので、基本的に舞台をやってきている人が圧倒的に多いです。日本の芸能界はテレビドラマに出ていることが売れているかどうかのバロメーターにされることが多いのでテレビドラマに出演しだすと『売れてきたなぁ』とか『売れているなぁ』と言われてしまいますが、舞台の仕事で休みなく活躍されていた俳優ももちろんたくさんいらっしゃって、世間一般では無名でも舞台を見ることが趣味の人達の間では有名な俳優もたくさんいます。人によっては金銭的にテレビドラマの方が舞台よりもギャラが良かったりする場合は文字通り『売れた』と言ってしまっていいと思いますが。しかし舞台だけでかなりの年収がある俳優も全然います。

 

f:id:myprivatecomedy:20190520224043p:plain

舞台経験豊富な俳優は演技の上手い役者が多い

そしてこういった舞台出身のベテラン俳優は皆さんとは言えませんが、ほとんどの人が芸達者な俳優さんな場合が多いのです。熟年の技と言いますか・・・コメディセンスもそうですし、生の舞台で鍛えられた面白い間とか、様々な面で秀でている部分が多いのです。感情表現にしても、よく『舞台の芝居は大きい』と言われることを聞いた事があるのではと思うのですが、確かに舞台の芝居は大きく演技することを求められます、ただですね、大きい芝居を小さくすることは簡単なのです。決して簡単ではないから簡単というと語弊があるのですが、小さい芝居を大きくする方がよっぽど大変なのです。なので映像の仕事しかしていない俳優が舞台に出ると最初は苦労することが多いのです。

舞台経験の豊富なベテラン俳優を起用することは純粋に作品を面白くしたいという気持ちからきているのではないでしょうか。同じ監督が同じ俳優を何度も起用しているように。ただこういったベテラン俳優の方々はクセの強い方も多いので、観る側の好き嫌いもかなり出てくるのではないかしらと思います。

そして昔よりも観る側が面白いものをどん欲に求めるようになっていることも関係してきているのではないかと思います。

当たり障りのない演技をする俳優よりも、好き嫌いはあっても何か面白いものを期待できる俳優が今は求められているのではないでしょうか。個性の強い俳優が重宝されている気がします。逆に誰が演じてもこういう演じ方をするだろうなという芝居をする俳優や印象に残らない俳優は簡単に淘汰される時代になっているのではないでしょうか。

さらに売れてきたら別ですが、こういったベテラン俳優を起用した方が、すでに知名度のある俳優を起用するよりも正直ギャラも安いので、それでいいお芝居をしてくれるならば使う側にとってはそんないいことはないわけです。そしてそういったキャスティングができるようになってきたことも大きいと思います。芸能事務所間の忖度や政治が少しづつ緩まってきていることも影響しているのかと。

 

今回のお答えはこういう感じになってしまいました。少しでもお役に立つことができたなら嬉しいです。ご質問ありがとうございました!

                                  M&O