THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

サッカー選手の育成が現代よりも劣っていた時代に中田英寿というスーパープレーヤーはなぜ生まれたのか

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

才能という種は世界中に散りばめられているという

こんにちは、M&Oです。

今回はサッカーの中田英寿さんについて書いていきたいと思います。

M&Oは世代的に中田英寿さんがドンピシャの世代なのですが、この世代はこのお2人以外にも本当にたくさんの才能に溢れた選手がたくさんいて、日本代表の試合を観ていてもとにかくワクワクしたものです。

フリーキックの際には『誰が蹴るんだろうか』なんてことでもドキドキしたものです。中田英寿さんと小野伸二さんがどちらが蹴るかフリーキック直前に口でじゃんけんをしていたのなんてもう超カッコ良かったです。当時の代表監督だったトルシエ監督は激怒していましたが(笑)

言わずもがな日本のみならず海外でも歴史に名を残す活躍をされてきたわけですが、そんな中田英寿さんの『才能』について自分の思うところを書いていきたいと思います。

他にもこの世代で海外でも活躍した選手はたくさんいただろう!日本サッカーの天才と言えばキングカズはどうした!という意見が聞こえてきそうですが、今回は中田英寿さんに関して書いていきます。他の選手たちも本当に魅力的な選手がたくさんいますが、時代の寵児と言えるような印象は中田英寿さんなんです、あくまで個人的にですが。悪しからず。

f:id:myprivatecomedy:20190519110257j:plain

中田英寿は高校時代からあまりに有名だった

中田英寿さんは山梨県の韮崎高校の時からもう全国に名前が轟いている存在でした。アンダー世代の日本代表にも常に名を連ねていて、高校卒業時には当時のJリーグのほぼすべてのチームからスカウトが来ているほどの存在でした。かなりのエリートであるように一見見えますが、ご本人曰くアンダーの日本代表に選ばれるたびに最初はいつもレギュラーではなく補欠でレギュラー圏外の立場から徐々に上に上がって行ったそうです。決して自分は天才ではないと常々おっしゃっていて当時のチームメイトの方が才能に溢れている選手がたくさんいたと言っていました。特に財前宜之選手は本当にすごかったとおっしゃられていました。そうは言ってもサッカー経験者のM&Oに言わせてもらえば、まずこのレベルのチームに参加している時点で才能は確実にあると思います。才能の大小はあるかと思いますが、アンダーの日本代表の合宿に参加している時点でかなりやばいレベルです。県選抜に入るだけでも相当上手いのにそこから関東選抜に入ったりと、もうレベルの違う選手がゴロゴロいる世界なのです。トレセンと言われる育成みたいなのがあるのです。当時スター選手がゴロゴロいたヴェルディジュニアユースやユースからも多くの選手が参加していた中で山梨県から参加していた中田英寿さんは相当に光るものがあったのではないかと思います。

ただプレースタイルとしてはスルーパスを出すというよりも身体の強さを活かしてとにかく走る選手という印象です。ゴール前に走り込んでのヘディングでゴールもかなり決めていましたし。

ではなぜ中田英寿さんは自分よりも才能があると思われる選手たちの中で、最初はプレーヤ―として劣っていたと自分で感じていながらも、レギュラーを勝ち取りスター選手へと駆け上がっていったのか・・・。

これまでの中田英寿さんの映像や本などから、M&Oなりに考えてみたのです。

 

『高い意識で考える』ことでサッカー界のスーパースターになった中田英寿

中田英寿さんは『考える』ことを常に実践してきたサッカー選手だと思います。高校時代の中田英寿さんの映像を観ると、大人が見ても驚愕してしまうほどクレバーな少年が存在しています。『サッカーはボールに触っている時間は正味2,3分です。ということはボールに触っていない時間がいかに大切かということです』と言っていて、正直『う~む・・・』と唸ってしまいました。そんなこと言う高校生います?(笑)

韮崎高校の当時のチームメイトの話で『自分たちのチームが圧勝している試合だったけど、試合内容に納得できていなかったヒデは、ハーフタイムに気を抜いている感じで喋っているチームメイトたちに「お前らもう帰れ!」と激怒した』という話がありましたが、そんな高校生います?

そして周囲から見ると単調なプレーをただ繰り返しているように見える練習を常にやっていたそうですが、中田英寿さん本人としては『足の甲のこの部分にボールを当てるとこう。親指の近くで蹴るとこう。このぐらいのスピンをかけるとこう。』といった具合に頭で考えながら試行錯誤してボールを蹴っていたそうです。これもまたすごいことで、この頃の考え方というか部活動のほとんどの部員たちって『言われたことをこなす』ことが普通なんですよね。自発的に考えながら練習するなんてことはそんなにないことなのです。

また当時のアンダー日本代表のコーチ陣が言うには、当時から同年代の子たちとはつるまずに大人と喋りたがっていたとのことでした。仲間とつるみたがる年代なのにまったくそういったことがなかったとのことでした。成熟していたのですね・・・。

『自分は決してテクニックがる選手ではないし、日本には僕よりうまい選手がたくさんいる』と中田英寿さんは言っていましたが、その中で自分活きる道を模索し考えて努力をし続けてきた人なのだと思います。フィジカルモンスターと言われていた現役時代でしたが、ベルマーレに入団した早い段階から海外移籍を視野に入れて居残りをして筋トレにも励んでいたそうです。

中田英寿さんは学校の科目では数学が得意だったそうなのですが、もしかしたら数学的思考でサッカーを考えていた人なのかなと思います。ゲームの組み立て方も、感情論に走らない合理的な考え方も。僕は数学苦手なので数学的思考がよくわかっていませんが(笑)

日本サッカー界に新しい風を巻き起こした中田英寿選手。才能があった選手ということは間違いないと思いますが、何よりも『考える』才能に長けていたのではないかと思うのです。そしてサッカーという仕事でその才能はいかんなく発揮されましたが、もしかしたらこの『考える』才能はどんな仕事をしていたとしても大成していたのではないかと思わずにはいられません。

中田英寿さんはサッカーを通して多くの人を熱狂させて、多くのモノを残してくれた人だと思います。ただ何よりも『考える』ことの重要性を教えてくれたのではないかと思うのです。

                                  M&O