THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

堀江貴文(ホリエモン)と落合陽一の対談を聞いて受ける影響

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

植えつけられてきた常識とはなんだったのか

こんばんは、M&Oです。

今回はホリエモンこと堀江貴文氏と落合陽一氏について書いていきたいと思います。

お二人で本も出している堀江貴文氏と落合陽一氏ですが、まさに現代の社会に多大な影響を与えているお二人なわけですが、もう本当に天才ですよね。東大に受かっているとか卒業しているとかそういう問題ではなくて(それも僕からしたらとてつもなくすごいことですが)もう思考が天才というか・・・。

そんな発想あるんだなぁという事を言ったかと思えば、しっかり納得してしまう事柄ばかりだし、お二人の『世の中はこうなっていく』という話を聞いていると、なんの矛盾もなく『うん、きっとそうなっていくんだろうな』なんて不思議なぐらい素直に思えてしまったりするのです。M&Oが非常に影響を受けやすい性格なせいかもしれませんが(笑)まぁこの影響を受けやすい性格も武器だと思うようにしています。

f:id:myprivatecomedy:20190518220549j:plain

お金というものの概念を変えなくてはならない

 現在はお金に対しての考え方と概念が大きく変化してきている時だと思うのですが、僕自身は現金をやめてクレジットカード派になったことぐらいしか変化がなかったのですが、ホリエモンと落合陽一氏の話を聞いていてお金に対する考え方がさらに変わったと言いますか深まったと言いますか・・・。未だに現金を使っている人、特に小銭をジャラジャラと持ち歩いて使っている人に関してはお二人ともボロクソにおっしゃっていましたが、それもちゃんと理由があってのことでATMで引き出す事のデメリットもいくつも挙げてくれて、しかも大きく納得せざるを得ないものばかりでした、毎回かかる手数料とか。

ホリエモンさんは仕方なく現金をおろす時は10万円単位でおろすから、それに対して100円〜200円の手数料がかかるのは割合的にそこまで問題ではない。ただ1000円単位で何千円とかをATMでおろす人は同じ額の手数料を取られる分、割合的にかなり損をすることになるとおっしゃられていました。そして少額を引き出す裕福ではない人たちが結局手数料を多く支払うことになってしまっていると話していました。確かに思い返せば僕自身もクレジットカード生活を始める前は結構なATM貧乏だったと思います。面倒くさいからコンビニのATMでおろすことが昔は多々ありましたし。この手数料の事をホリエモンと落合陽一さんは『現金税』とおっしゃっていました。手間と時間をかけて現金税を支払ってまで現金を使うメリットは何なのかと。確かにメリットないですよね・・・。

落合陽一さんに至ってはもう久しく小銭を見ていないとおっしゃられていました(笑)堀江貴文氏は意外にもオリジン弁当によく行くらしく、オリジン弁当が現金しか使えないのでかなり面倒くさいとおっしゃっていて、WAONだけは使えるらしいのですが、AEONにも行かないしオリジンのためにWAON作って持ち歩きたくないな・・・と悩まれていました。確かに、と思いつつ、それよりもホリエモンオリジン弁当に行っていることが衝撃過ぎてしばらく頭がそっちに持っていかれてしまいました。お弁当を買うのだろうか・・・お惣菜を買うのだろうか・・・??ついついそんな事が気になってしまいました。

 

お金なんて『ポイントと一緒』という考え方

お金って結局のところポイントと一緒という考え方もおっしゃられていました。暗号通貨とかそういうお話もされていましたが、このあたりになるとM&Oは正直あまりにも知識がないのであまり触れられないしピンと来ないのですが・・・いわゆる情報弱者です、リテラシーがないのです。グスン。。。見栄を張るつもりもないので変に知ったかもしませんが、早急に勉強しなきゃと思います。

しかし『お金はポイントと一緒』という考え方なんだかスッと心に入っていました。そもそも僕が現金を使わなくなったのも堀江貴文氏の影響だったので、そのおかげですぐに受け入れることができるようになっているのかもしれません。現金を使っていなくて数字だけを見ていると、お金をポイントと考えるのは結構容易い事なんだと思います。考えるというかポイントなのですが。

そう考え始めるだけで、お金の使い方に変化が出てくるのです。僕は現金をまったく持たない生活を始めてからそれまでとお金の使い方が大幅に変わったと実感していて、だからと言って無駄遣いするようになったとか散財するようになったとか、すごく節約するようになったとかそういう事ではないんです。現金しか使えないお店には立ち寄らなくなりましたが、必要なモノとか気になったモノをパッと購入するようになりました。現金払いの時は持ち合わせがなければ諦めていましたし、いわゆる『お財布と相談』なんてこともしていましたが、現金を使わなくなってからは、その辺は自分にとって必要だなと思ったら パッと迷わず購入するようになっている気がします。しかもだからと言ってお金がなくなるペースが増して困ることが増えたかと言えばまったくそんなことはありません。なんだかんだバランスはうまく取れている感じですし、必要なものを手に入れているせいか、知識を深めたり充実したりしている気がします。自己投資はケチってはいけないとよく言いますし。そんなわけでちょっと実践しただけでも効果がてきめんに出たりするのです。せっかくなので『お金はポイント』という考え方も自分に取り入れていきたいなと思っていますし、今回書いてきたことも全部活かしていきたいなと思っています。

目から鱗な話がたくさんあるんですよね。自分のアウトプットの意味でも書かせて頂いています。話を聞いているだけでワクワクしてくるってすごいですよね。過去のプロパガンダに捉われていてはいけませんね!

                             M&O