THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。独自の視点でエンターテインメントの表と裏を綴ります。

味の好みが変わるのは身体に異変が起きている証拠??

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

今まで食べていたものに魅力を突然感じなくなった

こんにちは、M&Oです。

今回は『味の好みが変わること』『食の思考』が変わることについて書いてきたいと思います。

タイトルを見ると専門的な事を書くのかなと思わせてしまいそうですが、自分の実体験の中で自分が思う事を綴っていく感じになります。自分でもびっくりする現象が自分に起きていまして・・・本当にここ2.3日の出来事なのですが。

これまでもこの『THE ENTERTAINMENT DIARIES』で何度も何度も書かせて頂いているのですが、M&Oは無類のお菓子好きなのです。『マネーの虎』で言えば吉田栄作さんのごとく、無類のお菓子好きなのです。

身体には決して良くないですが、食事をちゃんと摂るタイプでもないので食費よりもお菓子代の方が毎月かかっているんじゃないかと思うほどです。口さみしくてパソコン作業している時もなにかしら食べてしまいますし。

スーパーのお菓子コーナーでも真面目な顔して小さい子供たちに混ざってお菓子選んでいたりなんてことも珍しくありません。もしもあなたの街のスーパーのお菓子コーナーで真面目な顔でお菓子を選んでいる大人がいたら、それはもしかしたらM&Oかもしれません・・・。

それぐらいお菓子に情熱を持っているM&Oなのですが、ここ最近お菓子の好みが劇的に変化していて、自分でも動揺を隠せない状態なのです。無類のお菓子好きと言いましても、まったくもって高級なお菓子は食べないですし、ちょっと高めのチョコレートとかも自分で買う事はまったくありません。頂き物であれば喜んで食しますが、自分で買う事はほぼないです。わかりやすい例を挙げると、カルディとかで売っているお菓子を自分で買う事はほとんどないという事です。美味しいとは思いますが、なかなか手を出せないと言いますか・・・。『これ一個分の料金でスーパーでお菓子2つ、いや3つぐらい買えてしまうじゃないか』という貧乏性が発動してしまうのです。これはもしも僕が年収1000万円になったとしても変わらない気がします。お菓子だけでなく食事などでも同じなのですが、自分の舌に自信がないんです。絶対自分はグルメじゃないという自負があるので、豚に真珠みたいなことになっているなと感じてしまうのです。なのでちょっと高級なお菓子を人にプレゼントするなんてこと一応あるのですが、自分で自分のために買うなんてことはまったくないのです。

頑張って『Melty kiss』ぐらいですかね(笑)それも滅多に買わないですが。ついついローソン100で売っているたくさん入っている、大容量のチョコレートを買ってしまったりするのです。

そしてM&Oの大好物と言えば『スナック菓子』だったのですが、この『スナック菓子』に関して、M&Oに大きな変化が訪れているのです・・・。

 

f:id:myprivatecomedy:20190515090743j:plain

あんなに好きだったスナック菓子を受け付けなくなってしまった・・・

ほぼ毎日と言っても過言ではないぐらい、M&Oはスナック菓子を食べていたのです。自宅で映画を観る時にも必ず何かお菓子がそばにある状態が常なので、映画を観る頻度もかなり高いので自然とお菓子を食べる頻度も高いということになるのですが、その中でもスナック菓子を食べる頻度はかなり高かったのです。

パソコン作業をする時はスナック菓子を食した手でキーボードを触るのは嫌なので、なるべくガムやグミになるのですが、映画や録画したダウンタウンの番組を観ている時などは基本的にスナック菓子なのです。もうこれが当たり前で生きてきたのです。

ところがですね・・・何が起きたのか摩訶不思議なのですが・・・スナック菓子を食べたい願望が見事になくなってしまったのです。予兆もなくいきなりです。

そういう経緯かと言いますと、スーパーに行ってお菓子コーナーを見ていても全然手が出ないです。普段であれば『これもあれも!』と次から次へと出る手を戒めなくてはいけないのに、まったく手が出ないのです。まるで減量に失敗し体力を使い果たしガードすら上がらなくなってしまった10ラウンド過ぎたあたりのボクサーのように手が出ないのです。僕がスナック菓子に手を出さないからと言って周りのギャラリーがブーイングを浴びせることはボクシングと違ってありませんが、周りの子供たちもどこか心配そうな目でM&Oを見ている気がします。そしてこれまでもこのブログで度々顔を出しているグレーゴルザムザが再びM&Oの頭の中に現れました。

『これは一体どうしたことか・・・・』

そのまま何も買わずにスーパーを後にすることもありましたし、『そんなはずはない!!』と思い焦って食べたい衝動にも駆られていないスナック菓子を買ったりもしてみたのですが、今も僕の部屋にそのスナック菓子たちは開封されることなく佇んでいます。これは時期的なモノなのか、M&Oがとうとう大人になったからなのか・・・。

そしてもう僕は二度とスナック菓子大好き人間には戻れないのだろうか。あんなに好きだったものに対してこんな感情になるなんて自分の薄情さを恨みたくなります。

ただ・・・きっと身体には間違いなくいいんだと思うのですが、それでも一抹の寂しさをぬぐえずにいるのはどしてなのだろうか・・・?

                              M&O