THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

漫画原作の実写映画を楽しむコツ 漫画(マンガ)を全然読まないから漫画(マンガ)原作の映画が楽しめる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

漫画(マンガ)原作の映画でよく聞く『イメージに合わない』

こんばんは、M&Oです。

今回は『漫画原作の映画』について書いていきたいと思います。

今に始まったことではありませんが、漫画が原作の映画って本当に多いですよね。知らずに観て『あれ!?これ漫画が原作だったんだ!』なんて気付くことも少なくありません。不肖M&Oもここ最近観ている映画で後から漫画原作だと知った作品も結構あります。

そんなことが起きる原因として、『M&Oがまったくと言っていいほど漫画を読まない』ということがあるのですが、これに関してはこれまでもこの『THE ENTERTAINMENT DIARIES』でも書いてきたように完全に事実でして、今もM&Oは全然漫画を読みません。もちろん漫画に対して否定的な考えがあるわけではありませんし、それこそ子供時代は読んでいました。ただその頃から正直幅広い方ではなく、気に入った漫画を何度も繰り返し読むといったスタイルだったと思います。『あれも読んでみたい、これも面白うそう!』みたいには漫画に関してはなっていなかった記憶があります。そしてもう高校生ぐらいから漫画はほとんど読まなくなっていたと思います。多分中学時代に読んだ『行け‼稲中卓球部』が最後じゃないのかしらといった感じです、ちゃんと読んだのは。稲中卓球部をちゃんと読んだって書き方もなんだか変ですけど(笑)その後は機会があればチラホラ漫画を読んでいたとは思うのですが、夢中になったり全巻読んだとかはない気がします。要するに漫画にハマるということがなくなってしまった気がします。

『どうして漫画にハマらなくなったんだろう??』などと考えたことはこれまでぶっちゃけ一度もなかったのですが、いい機会なので少し考えてみますと『映画や小説が漫画の代わりになっていった』からかもしれません。事実漫画を読まなくなった僕は映画や小説に急激にハマっていったので、僕にとっての優先順位が映画>小説>漫画という形にいつからかなっていたのかもしれません。

ただ本当に漫画に関しては否定的な考えは一切ないですし、読んだら読んだで面白いと思う事の方が断然多いのです。少し前に初めて『ツルモク独身寮』を読む機会に恵まれましたが、普通に相当面白かったです。

www.myprivatecomedy.net

そんな風に読む機会があれば読むのですが、わざわざ自分でその機会を作っていないのも事実でして。ネットカフェとかマンガ喫茶にも僕は一切行きませんし・・・。お金もったいないわぁって思ってしまいます。図書館行ったら漫画じゃないけどいろんな本が無料で読めるというのに・・・。そんな貧乏性な精神が邪魔していることもあり、漫画をなかなか読む機会がないM&Oなのですが、実はこの『漫画を読まない習慣』のおかげで得していることがあるのです。いや実際には得しているのか損しているのかわからないのですが、個人的には得をしていると思っています。幸せとはとどのつまり自分の感じ方次第だと思っていますのでそれでいいと思っています!

どんな部分で得していると感じているかと言いますと、ズバリ『漫画原作の映画が何の抵抗もなく観れるということ』なのです。

これはなかなか大きいことで、漫画原作の映画がバッシングされる時の大きな理由の1つがキャスティングで『俳優の○○ではキャラクターのイメージに合わない』なんて声は本当によく聞きます。原作の漫画を愛していたり好き度が高ければ高いほどそのジレンマも大きくなると思うのですが、僕はほとんどの漫画原作の映画を原作の漫画をまったく読まずに鑑賞しているので、こういったジレンマを感じることが皆無なのです。

f:id:myprivatecomedy:20190514222557j:plain

漫画原作の映画は原作の漫画を読んでいた方がより楽しめる??

原作の漫画を知らなければ、その俳優が演じようが『イメージに合わない』などの問題は発生しないのですが、漫画を読まない僕からしたら『もしかしたら原作の漫画を読んでいる方が映画化した作品をより楽しめるんじゃないか??』とも思うのです。

楽しみ方の種類がだいぶ変わってきてしまうと思うのですが、『へーこういう風に映像化したんだぁ』とか『意外と俳優の○○がハマっているじゃない』とかいろんな楽しみ方がきっとできるのだと思います。そもそも基本的には原作の漫画を読んでいるということは結末とかストーリー展開を知っている上で観るという事ですよね?漫画と映画で結末が違うなんてこともあるようですが、同じラストの場合ももちろんあるわけですよね。そう考えると映画を観る際に楽しむ形が、まったく原作を知らない人達とは違ってくると思うのです。その楽しみ方も人によってはすごく魅力的なのかもしれませんよね。なので漫画原作を知らずに映画を観ている僕が果たして得をしているかはわからないのですが、これまでもモヤモヤして観たり、納得いかない!という感情になったことがないので、マイナスの思考が生まれないという意味ではとってもいいことだと思っています。

ただ僕は小説が映画化されたのを観る時も、キャラクターのイメージに合わないとかで憤ったことがない気がするので、元々その辺は気にならない性格なのかもしれません(笑)

個人的に面白いなぁと思うのが、映画を観終わった後にその映画が漫画原作だったことを知ったりすると『マジかよ!』と純粋に驚けることです。しかもものすごいフラットな気持ちで観れてなんだか得した気がするのです。

これからも漫画原作の映画はどんどん出てくると思います。これからも僕はフラットな気持ちで漫画原作の映画を観ていきたいと思います。

                               M&O