THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

木村拓哉(キムタク)の美しさに酔う 名作ドラマ『古畑任三郎』犯人・木村拓哉の神回 シリーズで唯一古畑が犯人を・・・

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

三谷幸喜の大人気ドラマ『古畑任三郎』に木村拓哉が出演『赤か、青か』

こんにちは、M&Oです。

今回は大人気ドラマ・フジテレビ『古畑任三郎について書いていきたいと思います。あまりの面白さに大人気だったこの『古畑任三郎』シリーズですが、今回は特に僕が大好きな『赤か、青か』の回について書いていきたいと思います。

そう、この『赤か、青か』は木村拓哉さんが犯人を演じた回なのです。

 

皆さんご存知だとは思いますが一応、ドラマ『古畑任三郎』の概要を少しご紹介させて頂きます。

テレビドラマ『古畑任三郎』は脚本を三谷幸喜さんが書き、主演の古畑任三郎田村正和さんが演じた大ヒット刑事ドラマです。

3rdシーズンまで続き、ファイナルで幕を閉じました。その間にもいくつもスペシャルが放送されています。

内容としては、視聴者は犯人の犯行の様子を知った上で、古畑任三郎が犯人のアリバイやトリックを崩していく様子を楽しむといった内容です。『刑事コロンボ』で知られる倒叙ものと言われる形式です(倒叙ものって言うのか・・・知らなかった)。このアリバイやトリックの作り方については視聴者もわかっていない状態です。そして劇中で古畑任三郎が視聴者に語り掛けるシーンがあるのですが、これも僕にとってはかなりセンセーショナルでした。

そして古畑任三郎の部下として登場する西村雅彦さん演じる今泉慎太郎も愛くるしいキャラクターで人気を博していました。田村正和さんと西村雅彦さんの掛け合いが最高に面白かったです。深夜にスピンオフとして『巡査・今泉慎太郎』が放送されていました。

そしてこの今泉慎太郎が務めていた古畑任三郎の側近のポジションを脅かしたのが石井正則さん(アリtoキリギリス)演じる西園寺守です。かなり有能な部下で古畑任三郎にとっても痒いところに手が届く存在で頼られることもしばしば。今泉慎太郎がこの西園寺守の足を引っ張ろうと躍起になっているのも面白いのです(笑)

そしてこの大人気ドラマ『古畑任三郎』には毎回超が付く豪華ゲストが犯人役として出演していたのです。

中森明菜さん、堺正章さん、小林稔侍さん、鹿賀丈史さん、石黒賢さん、小堺一機さん、桃井かおりさん、菅原文太さん、明石家さんまさん、草刈正雄さん、木村拓哉さん、唐沢寿明さん、山城新伍さん、風間杜夫さん、鈴木保奈美さん、市川染五郎さん、真田広之さん、松村達雄さん、大地真央さん、津川雅彦さん、市村正親さん、福山雅治さん、玉置浩二さん、江口洋介さん、陣内孝則さん、山口智子さん、SMAP緒形拳さん、松本幸四郎さん、藤原竜也さん、石坂浩二さん、イチローさん、松嶋菜々子さんなどなどが出演されていました。他の豪華俳優も出演されていて皆さんを書ききれていません。しかし・・・ホントに豪華ですねぇ。こんな豪華出演者のテレビドラマは今までもこれからもないんじゃないかと強く思います。ドラマがあまりに面白かったから、自分から『出たい!!』という俳優さんも多かったんじゃないかと思います。オファーもらって断る人いなかったんじゃないかと個人的には思っています。

もう全部の回が面白くて大好きなのですが、やはり木村拓哉さん好きとしては木村拓哉さんが犯人役を演じた『赤か、青か』の回がかなり好きなのです。

そしてこの回は唯一田村正和さん演じる古畑任三郎木村拓哉んさん演じる犯人を殴ったことでも有名なのです。殴ったというか手の甲で引っぱたいた形です。古畑任三郎が犯人に手を上げたのは後にも先にもこの回だけという伝説の回なのです。

f:id:myprivatecomedy:20190512100421j:plain

古畑任三郎を感情的にさせた木村拓哉の演技が素晴らしい

古畑任三郎『赤か、青か』で木村拓哉さんが演じたのは、大学の電子工学部の助手を務めている林功夫です。

遊園地の観覧車を爆破しようと閉園後に爆弾を仕掛けますが、乗って行った自転車の鍵を失くしてしまい、鍵を壊して開けようとしているところを警備員に見つかり怪しまれす。仕方なく持っていた懐中電灯でその警備員を殴り殺害してしまいます。

林は遊園地に対し観覧車に爆弾を仕掛けたと電話をします。遊園地側は警察に通報、爆弾処理班も到着します。爆弾の専門家が必要という事で爆弾の知識を持っている人物に警察が協力を依頼しますが、やってきたのはなんと爆弾を仕掛けた張本人・林でした。

観覧車には今泉慎太郎が誤って乗り込んでしまい、時限爆弾の爆発までに解除をしなければ大惨事となってしまう中で、田村正和さん演じる古畑任三郎木村拓哉さん演じる林功夫の駆け引きが繰り広げられるのですが、この駆け引きがもう本当に上質で観ていて飽きないのはもちろん手に汗握る展開で、心を読み合う2人の演技に釘付けになります。爆弾の赤か青のコードを切らなければ爆弾が爆発してしまう状況では究極の駆け引きが行われ、観ていて呼吸が止まってしまうほどの緊張感を味わえます。

田村正和さんと木村拓哉さんの演技の掛け合いが観てい本当に素晴らしく、生々しい人間の様子を見ることができます。木村拓哉さんはこの時まだ23歳です。このことからも木村拓哉という人間のすごさがよくわかります。田村正和さんと堂々と渡り合い、これでもかと田村正和さんの演技に生で反応していて観る者を楽しませてくれます。個人的な勝手の想像ですが、演じていてお2人ともかなり楽しかったんじゃないのかと思ってしまうほど、お2人の演技があ・うんの呼吸で繰り広げられている印象なのです。

冷めた感じで古畑任三郎の挑発をかわしていた木村拓哉さんが段々と挑発に乗ってしまい感情的になってくるところも、その感情の高ぶり方がとってもリアルなんです。はっきり言ってすごく上手いんです!今観返しても『この時23歳でしょ?天才でしょ!?』と思ってしまいます。

そして極めつけは観覧車に爆弾を仕掛けた理由の言い方です。理由だけでも古畑任三郎がキレてしまっても仕方ないのですが、木村拓哉さんの言い方がまた素晴らしく、思わず古畑任三郎が手を出してしまうのもわかるといった感じのリアルさを生み出しています。

『邪魔なんだよ、あの観覧車。あれのおかげで、時計台見えなくなっちゃった。だから排除を。これが動機かな?』

このセリフをまったくもったいぶらずに普通の日常会話のように言うんです。もう抜群のセンスですよね。そしてこのセリフのいい終わりに鼻で笑うのですが、このアクションがあるかないかで大いに変わってくると思うのです。もう本当に素晴らしい演技と言いますか、センスの高さが半端じゃないと思ってしまいます。

そしてしっかりそれに応える田村正和さんももちろん見事で・・・。

古畑任三郎シリーズの中でも、かなり秀逸な回であることは間違いないですし、M&Oとしては一位と言っていいほど大好きな回なのです。

古畑任三郎』再放送してほしいなぁ~!!

                              M&O