THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

知人とTSUTAYAに行くと普段観ないジャンルの映画を観るいいきっかけになる

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

TSUTAYAで映画を借りる時は誰かと一緒に行くのがいい

こんばんは、M&Oです。

今回は『TSUTAYAで映画を借りる時』について書いていきたいと思います。

実はM&O、Amazonプライビデオは契約して視聴しているのですが、まだまだTSUTAYAで映画を借りることも少なくないのです。意外とアナログなところもあるんです・・・。しかしTSUTAYAもなかなか目当ての映画がなくて困るなんてことも正直あります。僕の近所の店舗が結構小さいTSUTAYAということが問題だとは思いますが。そんな愚痴を言いながらも僕はTSUTAYAでいまだに映画のDVDやBlu-rayを借りているのですが、もはや最近は何を借りるかまったく考えたり決めたりせずにTSUTAYAに行くことも多くなりました。

借りたい映画があるからTSUTAYAに行く人が多いと思うのですが、僕の場合は映画を観ることが日課となっているので、何かしら借りておこうといった意識なので、特に目当ての映画が決まっていなくてもとにかく行ってみて物色してみて、『そういえば観たかったけど観てないなこの映画』とか『何これ!?面白そうじゃん!?』となった映画を借りるなんてことも多々あるのです。多々あるというか最近は基本的にこのスタイルです。なので新しい映画から古い映画までごちゃまぜで借りることになります。気になるかどうかしか問題がないので、新作か古い映画かなんてことはまったく興味が無いのです。好きな映画は再び見返したくなることももちろんありますので、同じ映画を何度も借りたりもたくさんしています。元々はかなりのDVDコレクターだったのでかなりの本数の映画のDVDやBlu-rayを所有していたのですが、ある時期からM&Oは断捨離魔と化したので、基本的に映画は映画館で観るかAmazonプライムビデオで観るかTSUTAYAでレンタルして観るかの三択しかなくなりました。なのでTSUTAYAで映画を借りる行為は僕にとっていまだに結構重要なポジションにあるのです。TSUTAYAさんも閉店している店舗も多いと聞きますので、個人的には何とか頑張って欲しいなと思っているのです。しっかり利用している者が微力ながらここにいます!といった感じなのです。本当に微力ですが・・・。

昔は借りる映画がある程度頭にあってTSUTAYAに映画を借りに行っていたわけですが、今みたいにとりあえず行ってみて探して見ようという場合、自分の好みのジャンルの映画に集中してしまうということが結構あるのです。別に集中して全然いいと思うのですが、せっかくなら幅広く観たいものですし新たな発見も刺激となっていいものなので、普段観ないようなジャンルの映画も観る機会があれば全然観たいなと思うのです。僕はそれなりに幅広くは観ているつもりなのですが、それでもまだまだオールジャンルには程遠いので。観てみて面白かったら儲けもんですし、ダメだったらダメでそれは自分にとっての新たな発見になるわけですから、別に何も損することでもないわけです。

しかし自分がちょっと苦手意識を持っているようなジャンルの映画ってなかなか何を借りていいかわからなかったり、ついついそのジャンルの棚を飛ばしてしまってじっくり見ることがなかったりするんですよね。そんなことをずっとやってきているような気がするのですが、ひょんなことからこの問題の解決方法を見つけてしまったのです。

f:id:myprivatecomedy:20190331215306j:plain

TSUTAYAに映画を借りに誰かと行くと新たなジャンルの映画を観るきっかけになる

皆さんが基本的にどちらかはわかりませんが、僕はこれまでの人生でTSUTAYAに映画を借りに行く時って(もちろんゲオでもいいのですが)基本的に一人なのです。これまでを思い返してみても圧倒的に一人で借りに行っていることが多いです。同棲していた時なんかは一緒に借りに行ったりなんてこともありましたが、基本的には一人で映画を借りに行っていました。むしろTSUTAYAで映画を選んでいる時に複数で来店してお喋りしている人たちを見ると『もう気が散るなぁ』ぐらいの気持ちだったこともあるほどです。別にイライラはしませんけどね!!

しかしですね、ここ最近稀にですが、人と一緒にTSUTAYAに行くことがありましてその時に大いなる発見をしたのです。一緒に映画の棚を見ながら『ああでもない、こうでもない』と話していると、新しい発見がたくさんあるのです。そして自分がまったく興味が無かった今まで見たことないジャンルの映画も、目の前で感想を言われてそれがいい感想だったりすると、ぜひ借りてみようといった心持になるのです。そして実際に観てみると『なるほど、確かに面白い!』なんてこともあって、確実に可能性が広がっているのです。これを実体験してから、僕一人でTSUTAYAに行くの嫌だなと最近思うようになっています(笑)それぐらい新しいジャンルの映画を抵抗なく借りられるんです。これもおかげで新たに見る映画も増えています。僕の悪い癖でついつい何度も観た好きな映画を借りてしまうので。いや全然悪い癖ではないか。

そんなわけで最近は映画がなんだかとっても新鮮な気持ちで観れることも多くてさらに面白いんです。

誰かとTSUTAYAに行って映画談義をしながら棚を物色する。お薦めですので是非やってみてい下さい。

※おしゃべりは周囲の迷惑を考えながらお願いします。

                                M&O

電子書籍