THE ENTERTAINMENT DIARIES

はじめましてM&Oです。フリーランス。元俳優が俳優の目線で綴るエンターテインメントの表と裏

絶対観るべき映画『カメレオン』あらすじ・キャスト・評価 ワイルドな藤原竜也を観るならこの映画で決まりのハードボイルド映画

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 follow us in feedly

映画『カメレオン』概要・キャスト

こんばんは、M&Oです。

今回のM&Oの絶対観るべき映画シリーズは『カメレオン』です。

昭和の香りがいい意味でする、藤原竜也さん主演の映画です。松田優作さん主演の『遊戯シリーズ』第2弾として脚本が書かれたものの実現しなかった作品を現代に合わせて書き直した脚本の映画化となっています。

一歩間違えると古さを出している感じでダサくなってしまう演出なのですが、絶妙にカッコいい仕上がりになっている映画で、監督と役者陣に拍手を送りたい作品です。

 

それでは映画紹介です。

 

映画『カメレオン』は2008年に公開された日本映画です。

上映時間は97分。

監督は阪本順治監督。『どついたるねん』『傷だらけの天使』『顔』『新・仁義なき戦い』『亡国のイージス』『北のカナリアたち』『エルネストもう一人のゲバラ』などを監督している映画監督です。

 

出演は

野田伍郎・・・藤原竜也

小池佳子・・・水川あさみ

春川公介・・・塩谷瞬

木島高・・・豊原功補

吉田純・・・波岡一喜

梶原悟・・・萩原聖人

境研造・・・谷敬

山村修次・・・犬塚弘

山村典子・・・加藤治子

厚木義武・・・岸部一徳

柄本佑

西興一朗

街田しおん

菅田俊

平泉成

ほか。

f:id:myprivatecomedy:20190507210907j:plain

映画『カメレオン』あらすじ

路上で占いをやっている女性・小池佳子(水川あさみ)の前に、一人の男が現れます。野田伍郎(藤原竜也)という男でどこか隙がなく、ただ者ではない空気をまとい、憎まれ口を佳子に叩きます。2人はどこかしら繋がるものを感じていました。

とある結婚式の会場で、伍郎(藤原竜也)は式の司会を務めていました。

結婚式は滞りなく進んだかのように見えましたが、そこへ借金取りに扮した吉田純(波岡一喜)が乱入していきました。純は新郎の春川公介(塩谷瞬)に対して、早く借金を返すようにまくし立て、会場にいる全員の目の前で公介が500万円もの借金をしていて一向に返済しないことを叱責します。これをきっかけに結婚は破談となり、手切れ金としてご祝儀はくれてやると公介は新婦の父親から言い渡されます。落ち込む公介でしたが実はこれはすべて演技でした。

伍郎・公介・純・大北はグルで初めから手切れ金としてお金を取るために芝居を打っていたのです。計画が成功して大金を手にエレベーターに乗り込む4人でしたが、乗りこもうとしたエレベーターには先客がいました。地下駐車場に着くとただ事ではない事に気付きます。どうやら一人の男を拉致しているようでした。自分たちも悪さをしていることからそそくさとその場を立ち去る4人でしたが、伍郎はとっさに携帯電話のカメラで拉致現場を撮影しました。

その場を離れ伍郎達は大金を持って自分たちの住処へと戻りました。そこには芸能一座の老人たちがいて、伍郎はいろいろと協力してくれているこの一座に対してお金を渡していました。

時を経たずして純から伍郎に連絡が入りました。純は焦った感じですぐにテレビを見るようにと伍郎に伝えました。

テレビをつけて目に飛び込んできたニュースは、裏金問題で世間を賑わせている国交大臣の厚木義武(岸部一徳)の事件の証人が行方不明になっているというニュースでした。4人が結婚式で詐欺を働いた時に地下駐車場で目撃した拉致現場で拉致されていた男がまさに行方不明となっている証人だったのです。

伍郎は犯行を行っていた人間たちの感じから、プロの人間たちの仕業であると気付き自分たちの身の危険を察知します。案の定伍郎たちの住処は盗聴されていました。

伍郎家の前に停まっているワゴン車に近づき、『頭のところに連れて行ってくれ。話がしたい』と頼みます。伍郎は一人この拉致を働いた集団の事務所へと行き、仕切っている木島高(豊原功補)と話します。伍郎は仲間たちに口外はさせないから見逃して欲しいと頼みます。木島も伍郎が普通の人間ではない事を察知し、口外しない事を条件に手を出さない約束をし、伍郎は木島と別れます。

しかし何も知らない公介がこの伍郎が℡携帯電話で撮影した拉致現場の映像を持ってテレビ局へと駆け込んでしまいます。お金目当てで取った行動でした。

このことがきっかけで純と大北がまず消されてしまい、公介も命を落としてしまいます。

佳子を連れてなんとか逃げた伍郎は警察に行き刑事の梶原悟(萩原聖人)と話をします。梶原が言うには木島達の組織はRCAと呼ばれる組織で影の軍隊のようなものとのことでした。当然隠ぺいのために犯罪に触れる行為もしている組織ですが、梶原は雲の上の人間たちが動いていることだから自分には手が出せないと伍郎に告げます。キャリアを棒に振りたくないという思いを伍郎に吐露しますが、伍郎はくだらねぇと吐き捨て梶原の前から去ります。

伍郎と木島の戦いの行方は・・・

伍郎は悪事を暴くことができるのか・・・

手に汗握る展開の先に待っている結末とは・・・・。

 

映画『カメレオン』感想・評価

松田優作さんが演じていそうな匂いがとってもする映画です。アクションシーンも多く手に汗握る展開で楽しませてくれます。

藤原竜也さんのキャリアの中ではなかなか珍しい役柄なのではないかと思います。とにかくワイルドな役柄です。しかしこういう役も見事に演じきってしまうから、やっぱり藤原竜也さんはすごいのです。普段はマイルドな印象の顔ですらもガラッと変わって野田伍郎の顔になっています。そして空気感からして緊張感を漂わせてくれていますし、緩めるところのメリハリも見事で観ていて飽きることが一切ありません。

豊原功補さんも終始怖くて、何か凄んだりとか大げさな事を一切していないのに怖いんです。こういう怖さってなかなか出せないですよね、すごいなぁと思って観てしまいます。藤原竜也さんと豊原功補さんの2人のシーンなんかかなり見応えあってドキドキしてしまうレベルです。

演出も意図的に昭和の感じを出していて、セリフも一個一個がかなり決めているセリフが多く感じるのですが、絶妙にカッコいいんです。藤原竜也さんはじめ出演者がみんなハマっている事も大きいと思いますし、阪本順治監督らしい演出なので大いに手腕を振るったという感じなのではないでしょうか。

映画としても俳優・藤原竜也としても、いろんな楽しみ方ができる映画です。是非。

 

映画『カメレオン』

変幻自在。

                                  M&O